By ゆき / 最後の更新 2020年03月29日

大切なデータを守るためにバックアップが重要であることは分かっていても、毎回やるのは面倒ですし、ついつい忘れてしまいがちですよね。できることなら自動的にバックアップされる方法があれば良いのにとお思いではないでしょうか。

12345645646

Windows Server 2016で自動バックアップを作成する理由

ご存知のように、消えてしまったら取り返しのつかないとても大切なデータは、バックアップを取っておくことは必要です。

Windows Server 2016でシステムバックアップを行っておけば、万が一PCにトラブルが発生して、丸ごとデータが消えてしまった場合、ランサムウェアによってファイルが暗号化されてしまった場合、誤操作によって削除や上書きをしてしまった場合などでも、Windows Server 2016システムを元に戻すことができるので安心です。

Windows Server 2016のバックアップが多くのトラブルを回避できますが、毎日バックアップを実行するのは面倒ですし、時にはそれを忘れるかもしれません。そのため、Windows Server 2016の自動バックアップを取っておくことを非常におすすめします。Windows Server 2016の自動バックアップを作成すれば、以後はWindows Server 2016を意識することなく定期的にバックアップすることができます。

「バックアップをやっておけばよかった…」と後悔することがないように、スケジュールを設定し、自動バックアップを取って、不測の事態にも慌てず対処できるように備えましょう~

Windows Server 2016でバックアップスケジュールを設定する方法

幸いなことに、Windows Server 2016/2012/2008には「Windows Server バックアップ」と呼ばれたバックアップツールが標準搭載(内蔵)されています。それを使用して、Windows Server 2016の自動バックアップを設定することができます。しかし、使用する前に、それをWindows Serverにインストールしたかどうかを確認してください。インストールしていない場合、まずはインストールしてください。

▼Windows Server バックアップを利用してWindows Server 2016の自動バックアップを作成する方法は次のとおりです。

手順 1. スタートメニューから「サーバーマネージャー」を選択し、「ツール」の「Windows Server バックアップ」をクリックして開きます。

サーバーマネージャー

手順 2. Windows Server バックアップが起動したあと、左側の「ローカル バックアップ」をクリックします。ここでは「バックアップスケジュール」と「単発バックアップ」2つのバックアップ種類があります。

バックアップタイプ選択

手順 3. Windows Server 2016の自動バックアップを作成するために、「バックアップスケジュール」を選択して、バックアップスケジュールウィザードを起動します。そして「次へ」をクリックして、ウィザードを始めます。

バックアップスケジュール

手順 4. サーバー全体にチェックを入れて、サーバーデータ、アプリケーション、およびシステム状態をすべてバックアップするか、またはカスタムにチェックを入れて、バックアップするボリュームやファイルだけを選択します。そして「次へ」をクリックします。※ここではサーバー全体を推奨します。

バックアップ構成選択

手順 5. 「バックアップの時間の指定」で好きなようにバックアップ時間を設定できます。ここでは、「1日1回」または「1日複数回」を設定できます。

バックアップ時間指定

手順 6. 作成先の種類を指定します。Windows Server 2016をハードディスクまたはボリューム、共有ネットワークフォルダにバックアップできます。お使いのパソコンは一つ以上のディスクを持っている場合、別のローカルディスクにバックアップすることをお勧めします。そして「次へ」をクリックします。

作成先種類指定

作成先ディスク選択

手順 7. 「確認」ステップに移動します。作成するバックアップスケジュールの情報を確認します。問題がないなら、「完了」をクリックします。

確認

手順 8. 最後に、「要約」でWindows Server 2016の自動バックアップ(スケジュール)をチェックできます。

Windows Server バックアップを利用して自動バックアップを作成することが面倒だと感じてしまう人がいるでしょう。手順が少し複雑ですし、スケジュールの設定にはいくつかの制限があります。例えば、毎日またはもっと頻繁にバックアップを取得しなければなりません。

個人的な理由でそんなに頻繁にバックアップを作成したくない場合、Windows Server バックアップの代わりにAOMEI Backupper Serverのようなサードパーティ製バックアップソフトを試してみることができます。

AOMEI Backupper Serverで自動バックアップを設定する方法

AOMEI Backupper Serverは強力なバックアップ&復元ソフトです。より柔軟な方法でWindows Server 2016の自動バックアップ(スケジュール)を設定することができます。Windows Server 2019/2016/2012(R2)/2008(R2)およびすべてのWindows PC OSに対応します。フル/増分/差分バックアップ、デイリー/ウイークリー/マンスリーバックアップなど、いろいろな種類のバックアップを作成できます。また、複数のコンピューターを同時に起動するためのPXE Boot Tool機能も備えます。もっと見る »

▼Windows Server バックアップと比べて、AOMEI Backupperは沢山の利点があります。次のチュートリアルに従ってWindows Server 2016の自動バックアップを作成しましょう。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして、起動します。簡単なGUI(グラフィカルユーザインタフェース)が表示され、パソコン初心者でも簡単に使えます。「バックアップ」タブで「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

ステップ 2. システムバックアップはデフォルトでソースパーティションをすべて選択します。ここではターゲット(バックアップ先)ドライブだけを選択する必要があります。別のローカルボリュームまたはネットワークドライブ/NASへのバックアップがサポートされています。

バックアップ

※ヒント: Windows Server 2016で自動バックアップを行うために、「開始」をクリックする前に「スケジュール」ボタンをクリックして、設定してください。

ステップ 3. システムイメージを保存する場所を指定した後、「スケジュール」をクリックします。バックアップスケジュールを設定できるポップアップ画面が表示されます。「普通」タブでデイリー、ウイークリー、マンスリーなどの自動バックアップを設定できます。「詳細」タブでニーズに応じてフル、増分または差分のバックアップを設定できます。

スケジュール設定

ステップ 4. 全ての設定が終わったら、「はい」をクリックします。そして「開始」をクリックして、Windows Server Windows Server 2016のシステムバックアップを始めます。

これで完了です。AOMEI Backupper Serverを利用してスケジュールを設定し、Windows Serverの自動バックアップを作成することはかなり簡単でしょう。