Windows Server 2016で自動バックアップのスケジュールを設定する方法

Windows Server 2016バックアップ

Windows Server 2016のユーザーは、Windows Server 2016のバックアップが多くの災害を回避できることを知っています。例えば、全体コンピューターに大きなダメージをもたらせるシステムクラッシュです。そのため、次の事故を防止するために、Windowsを適時にバックアップするのは必要です。しかし、毎日バックアップを実行するのは面倒ですし、時にはそれを忘れるかもしれません。バックアップを忘れている間に悪い事が発生するならどうすればいいですか。重要なデータが紛失するかもしれません。それで、Windows Server 2016を自動的にバックアップする方法がありますか。

Windows Server 2016バックアップのスケジュールを作成します

幸いなことに、Windows Server 2016のスケジュールバックアップを作成できます。Windows ServerはWindows Serverバックアップと呼ばれた内蔵のバックアップツールがあります。それを使用する前に、それをインストールしたかどうかを確認してください。インストールしない場合、事前にそれをインストールする必要があります。

Windows Serverバックアップをインストールした後、スタートメニューをクリックして、それを開くことができます。「サーバーマネージャ」を選択して、「ツール」の下部で「Windows Serverバックアップ」をクリックします。そして、左側で「ローカルバックアップ」を見られます。ここでは2つのバックアップタイプがあります。「バックアップスケジュール」と「バックアップ1回限り」です。

バックアップタイプ選択

Windows Server 2016の自動スケジュールバックアップを作成するために、「バックアップスケジュール」を選択して、バックアップスケジュールウィザードを起動します。「次へ」をクリックして、ウィザードを始めます。そして、サーバー全体を通して、サーバーデータ、アプリケーションおよびシステム状態をすべてバックアップすることを選択できます。あるいは、カスタムを通して、バックアップするボリュームやファイルだけを選択します。ここではサーバー全体を推奨します。「次へ」をクリックします。

バックアップ構成選択

そして、「バックアップの時間の指定」で好きなようにバックアップ時間を設定できます。ここでは、「1日1回」または「1日複数回」を設定できます。

バックアップ時間指定

そして、作成先を選択する必要があります。Windows Server 2016をハードディスクまたはボリューム、ネットワークまでに(スケジュール)バックアップできます。もしコンピューターに一つ以上のディスクを持っているなら、他のローカルディスクにバックアップすることを選択できます。「次へ」をクリックします。

作成先種類指定
作成先ディスク選択

「確認」ステップに移動します。バックアップジョブ内容を見て、確認することができます。問題がないなら、「完了」をクリックして、提出します。

確認

最後に、「要約」でWindows Server 2016の自動スケジュールバックアップをチェックできます。Windows Serverバックアップを使用するのに多いステップがあると感じるかもしれません。それは複雑で、またそのスケジュールバックアップは沢山の制限があることが気づくかもしれません。例えば、デイリーバックアップあるいはもっと頻繁なバックアップだけを実行できます。個人的な理由でそんなに頻繁ではないスケジュールバックアップを作成したい場合、Windows Serverバックアップは無用です。Windows Server 2016自動バックアップのスケジュールを設定するより柔軟な方法を得るために、AOMEI Backupper Serverのようなソフトウェアを試すことができます。

AOMEI Backupper ServerでWindows Server 2016自動スケジュールバックアップを作成します

AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2016/2012 (R2)/2008 (R2)を含むWindowsのOSのためにデザインされたバックアップと復元のソフトウェアです。それは強力です。シンプルなバックアップだけでなく、フル、増分/差分バックアップのデイリー、ウイークリー、マンスリースケジュールもサポートします。でも、どのようにAOMEI Backupperを使用して、Windows Server 2016の自動スケジュールバックアップを作成しますか。

Windows Serverバックアップと比較して、AOMEI Backupperは沢山の利点があります、特に操作の手順に。次のチュートリアルのようにそれは少ないステップでバックアップを作成できます。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして、起動します。それはシンプルなGUIを表します。「バックアップ」タブで「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

ステップ 2. システムバックアップはデフォルトでソースパーティションをすべて選択します。そのため、ここではターゲット(バックアップ先)ドライブを選択する必要があります。他のローカルボリュームにバックアップできます。または、ネットワークドライブ/NASへのバックアップもできます。使用しているディスクまたはボリュームはNTFSでフォーマットされることを確保してください。

バックアップ

ヒント: Windows Server 2016自動スケジュールバックアップを作成するために、「開始」をクリックする前にこのページの下部で「スケジュール」をクリックして、設定できます。

ステップ 3. システムイメージを保存する場所を選択した後、「スケジュール」をクリックします。スケジュールバックアップを設定できるポップアップが出ます。ここでは2つのタブがあります。「普通」タブはデイリー、ウイークリー、マンスリーの自動スケジュールを設定できます。0時間を選択して開始することもできます。「詳細」タブは自分のニーズによりフル、増分または差分のバックアップタイプを設定できます。

スケジュール設定

全ての設定が終わったら、「はい」をクリックします。そして「開始」をクリックして、このプログレスが始まります。

Windows Serverバックアップと比べて、AOMEI Backupperで自動的にWindows Serverをバックアップするのはよりシンプルかつ簡単です。自分の要求によって、そんなに頻繁ではないバックアップを実行できます。また、データの安全性を心配するのが必要ではありません。更に、このソフトウェアは複数のコンピューターを同時に起動するのをサポートするPXE Boot Toolなどの他の機能を沢山持っています。