By ゆき / 最後の更新 2021年09月15日

Windows Server 2016とは?

Microsoft Windows Server 2016(マイクロソフト ウィンドウズ サーバー 2016)とは、マイクロソフトがWindows NTファミリーのひとつとして開発し、2016年10月1日に発売したサーバー向けのオペレーティングシステム (OS) である。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Windows Server 2016でのHDDクローンはなぜ必要?

Windows Server 2016には、多くの新機能が搭載されました。また、以前の各種機能も大幅に改善、強化されました。例えば、Windows Server 2012 R2をベースにクラウド環境/ハイブリッド環境への対応をさらに進化させるとともに、オンプレミス環境で有用な機能(可用性、運用性、セキュリティなど)も着実に強化しました。

データ損失への備え

そのため、ますます多くのユーザーは旧バージョンのWindows ServerからWindows Server 2016へアップグレードしようと思います。でも、どんな優れたシステム(OS)を使用してもデータの安全性・セキュリティは最も重要なことです。そういう点を考えなければなりません。

ハードディスク(HDD)が壊れた場合やWindows Server OSがクラッシュした場合、パソコンに保存されたデータを失う可能性があります。事前にWindows Server 2016でHDDクローンを行えば、紛失したデータやファイルを取り戻して継続的に使用することができます。

ハードディスクのアップグレード

Windows Server 2016が入っているHDDは容量不足になって、そこに新しいアプリをインストールしたり、大容量ファイルを保存したりすることができません。さらに悪いことに、パソコンが重くなり、その処理速度が低下してしまいます。こういう場合には、Windows Server 2016搭載のHDDを大容量HDDに換装して、空き容量を増やしたり、パソコンを高速化することができます。

また、パソコンの性能を上げるために、ハードディスク(HDD)をSSDにアップグレードしたい人も多いでしょう。お使いのHDDを別のHDD/SSDに交換したいですが、システムやアプリケーションなどを再インストール/再設定したくない場合、HDDクローンを作成することも必要です。

Windows Server 2016でHDDクローンを作成する2つの方法

通常、Windows Server 2016のHDDをクローンするには2つの方法があります。一つは、Windows Server 2016でHDDのバックアップを作成してから別のディスクに復元することです。もう一つは、強力なサーバークローンソフトを利用してWindows ServerのHDDを直接クローンすることです。二番目の方法の成功率はより高いし、操作もより簡単だと思うので、パソコン初心者にも強くお勧めします。

Windows Server バックアップでHDDをクローンする方法

MicrosoftはWindows Serverのためにクローン(コピー)方法を提供します - Windows Server バックアップ(WSB)。それを使用して、Windows Serverのイメージバックアップを作成してから別のディスクに復元することができます。

Windows Server バックアップは、Microsoft管理コンソール(MMC)スナップイン、コマンドラインツール、およびWindows PowerShellコマンドレットで構成されています。日常的なバックアップと回復のニーズに適した包括的なソリューションを提供しています。それを使うと、Windows Server 2008/2012(R2)/2016のHDDをクローンできます。
Windows Server バックアップは、サーバー全体(すべてのボリューム)、個別のボリューム、システム状態、または特定のファイルやフォルダをバックアップできるし、ベアメタル回復に使用するバックアップも作成できます。そのほか、イメージバックアップからボリューム、フォルダやファイル、特定のアプリケーション、またはシステム状態を回復できます。
HDD故障・クラッシュのようなトラブルが発生した場合、ベアメタル回復を実行できます。ベアメタル回復を行うには、サーバー全体のバックアップ(或いはOSが含まれているボリュームのバックアップ)およびWindows回復環境が必要です。

手順 1. まずパソコンに「Windows Server バックアップ」ツールを追加します。タスクバーの「サーバーマネージャー」をクリックで開きます。サーバーマネージャーの右上にある「管理」メニューをクリック→「役割と機能の追加」を選択して役割と機能の追加ウィザードを起動します。後はウィザードに従って、「Windows Server バックアップ」ツールの追加を完成させます。

手順 2. そして、「サーバーマネージャー」を開き、「ツール」メニューで「Windows Server バックアップ」⇒「ローカル バックアップ」を選択します。Windows Server バックアップは「単発バックアップ」と「バックアップスケジュール」を提供します。ひとつを選択してください。どちらも「サーバー全体」と「カスタム」2種類のバックアップを提供します。ここでは、HDDクローンを作成するために「カスタム」を選択します。そして「項目の追加」をクリックしてWindows Server 2016のディスク全体をバックアップします。

バックアップ種類

Windows Server バックアップ

★関連記事:Windows Server 2016で自動バックアップを設定する方法

手順 3. 最後は、回復を実行して、HDDのイメージファイルを別のHDD/SSDに復元することでWindows ServerのHDDクローンを完成させます。

しかし、Windows Server バックアップには多くの制限があります。例えば、異なるマザーボードまたは異なるプロセッサを搭載した別PCのHDDにWindows Serverをクローンするのは、失敗するかもしれません。こういう時に、サーバOS向けクローンクソフトAOMEI Backupper Serverを利用して、Windows Server 2016のHDDをクローンすることを非常にお勧めします。

AOMEI Backupper ServerでHDDをクローンする方法

AOMEI Backupper ServerはWindows Server及びWindows PCのOSに対応する素晴らしいHDDクローンソフトウェアです。このソフトを使用すれば、ほんの少しの手順でWindows ServerのHDDクローンを実行できます。

Windows Server 2003/2008(R2)/2011/2012(R2)/2016/2019/SBS 2003/2008/2011、Windows 10/8.1/8/7/XP/Vistaに対応します。NTFS、FAT32またはexFATなどのファイルシステムをサポートします。
Windowsを再インストールせずWindows Server 2016をクローンすることができます。ディスク全体、OSのみ、データパーティション、3つのクローンモードがあります。必要に応じて一つを選んでよいです。
セクター単位のクローン、インテリジェントクローン(デフォルト)、2つのクローン方法を提供しています。インテリジェントクローンは使用済みセクターのみクローンするので、大容量HDDから小容量HDDへのクローン作成が可能です。
コマンドプロンプトでコマンドラインを実行してHDDクローンを作成することもできます。
Windows Server 2016をSSDにクローンする場合、SSDの性能を向上させるためにパーティションアライメントを調整することができます。Windows 10をM.2 SSDに移行する時にもこの機能が役立ちます。
ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えるので、パソコン初心者でも簡単に操作できます。
Serverの無料体験 Windows PCとサーバー
安全かつ高速

ステップ 1. このソフトウェアをダウンロード、インストール、起動します。「クローン」→ 「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

※ヒント:Windows Server 2016でHDDを外付けHDDにクローンしたい場合、前もって外付けHDDをパソコンに接続して 認識できることを確認してください。

ステップ 2. この例でディスク 0をソースディスク(クローン元)として選択します。「次へ」をクリックします。

クローン元

ステップ 3. バックアップを保存する場所(クローン先、ターゲットディスク)を選択します。ここでディスク 2を選択して「次へ」をクリックします。

クローン先

ステップ 4. 操作概要のページに移動して情報を確認します。問題がないなら、「開始」をクリックします。

開始

*ここでは、3つの使用可能なオプションがあります。

パーティションを編集:ターゲットディスク上のパーティションを編集したい場合、これをクリックしてください。

セクター単位のクローン:ソースディスクと同じバイトが欲しい場合、このオプションにチェックを入れてください。しかし、少なくともソースディスクと同じサイズのHDDを準備しなければなりません。

SSD 4Kアライメント:SSDにクローンする場合、チェックを入れてください。そうすると、クローン後にSSDの性能を向上させます。

ステップ 5. 進行状況が100%に達すると、「完了」をクリックします。

※ヒント:
一般的に、GPTディスクからMBRディスクへクローンを作成する時、プライマリパーティションが4つ以下であることを確認する必要があります。そうではない場合、まずはMBRをGPTに変換する必要があります。しかし、このソフトは自動的にプライマリパーティションを論理ドライブに変換するので、手間を節約します。
Windows Server 2016のほか、このソフトを利用してWindows Server 2012、Windows Server 2019、Windows 10をNVMe SSDなどにクローンすることができます。

Windows Serverのディスククローンについてよくある質問

Q:HDDをクローンするかバックアップするかどちらのほうがいいですか?

A:問題が発生する時、パソコンを速やかに復元したり、失われたデータをすぐに取り戻すためにクローン作成を選択した方がいいです。クローンしたディスクから起動してその上のデータを直接使用することが可能です。変更されたデータもすべてディスクに保存したい場合やServerを新しいハードウェアにクローンしたい場合、バックアップイメージを作成した方がいいです。AOMEI Backupperはより多くのバックアップオプションを提供しています。例えば、バックアップスケジュール、ユニバーサル復元、増分と差分バックアップなどです。

Q:Windows Server 2012を新しいハードウェアにクローンできますか?

A:ドライバーにいくつかの非互換性の問題があるため、Windows Server 2012を新しいハードウェアに直接クローンすることができません。この問題を解決するために、バックアップ&復元を利用することができます。復元時に「ユニバーサル復元」にチェックを入れることを確認してください。

Q:ドライブのクローンを作成したら、全てのデータは削除されますか?

A:HDDのクローンは、ターゲットディスク上の全てのデータを削除して、ソースディスク上の全てのデータ(OS、インストール済みプログラム、個人データなど)をそこに移行します。

結論

Windows Server バックアップの代わりに、AOMEI Backupper Serverクローンソフトを使用したら、Windows Server 2016のHDDクローン作成はより簡単、シンプル、柔軟になるでしょう。また、AOMEI BackupperはOSのみを移行することができます。必要ならば、Windows Server バックアップと同じくHDDをバックアップしてから、復元することでHDDをコピーすることもできます。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。