By Comnena / 最後の更新 2021年08月30日

OS移行の理由

コンピュータユーザーにとってはOS移行は珍しいことではありません。

OS移行

一つの理由:システムの(再)インストールに結構時間がかかるので、人々は常にOSを一つのコンピューターから別のコンピューターへ移行しようとします。例えば、企業の場合にはシステムを一つのコンピューターにインストールした後、他の複数台のPCでインストールは一つずつ実行される代わりに、OSを他のPCへ移行するのは時間と手間を節約できて、もっと便利、楽でしょう~o(^▽^)o
もう一つの理由:お使いのパソコンが古くなるにつれ、その動作が重くなったり、処理速度も遅くなります。ほとんどのユーザーはそれを新しいパソコンに買い替えることを考えます。しかし、前のOSとかアプリとかを続けて利用したいです。こういう時、2つのパソコンのマザーボードは同じである限り、古いPCから新しいPCへOSをクローンすることで古いパソコンのOSやデータを直接引越し(移行、移動)すればOKです。好きなアプリやプログラムを新しいPCにもう一度インストールする必要がありません。

ご存知のように、SSDはHDDよりも優れた性能(例えば、データの読み書きが高速・静音性が高い・耐衝撃性が高い)を持っています。パソコンの性能を向上させるために、HDDからSSDへOSを移行することは大歓迎です。

使いやすいOS移行ソフト

どんな理由があっても、OS移行を実行するのに素晴らしいクローンソフトが必要とされます。

ここでは、パソコン知識0の方でも簡単に使えるAOMEI Backupper Professionalを強くお勧めします。このWindows 10/8/7向けの強力なOS移行ツールは、システムクローン機能を提供し、Windowsとアプリを再インストールせずOSをHDD/SSDからHDD/SSDへクローンできます。同時に、クローン先からシステムが起動することを保証できます。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
 安全かつ高速
ノート:サーバーでOS移行を実行したい場合、Windows Server 2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/2003向けのAOMEI Backupper Server版を使用してください。複数台のPCでOS移行を実行したい場合、企業やサービスプロバイダー向けのAOMEI Backupper Technician版を選択してください。

OS移行の方法

さて、次はAOMEI Backupper ProfessionalでOSを移行する方法についてご紹介しましょう~

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールし、起動します。準備したクローン先のHDD(またはSSD)をPCに接続し、Windows 10/8/7で認識できることを確認します。

ステップ 2. 「クローン」タブ→「システムクローン」を選択します。

システムクローン

ステップ 3. システムクローンなので、クローン元がデフォルトで選択されます。ここでは、事前に準備した別のHDDまたはSSDの領域(クローン先)を選択し、「次へ」をクリックします。

クローン先を選択

注意:選択したクローン先は上書きされるため、その上に重要なデータがあれば、バックアップしておいてください。問題なければ「はい」をクリックしてください。

注意

ステップ 4. 最後は、OS移行の操作をもう一度確認し、問題なければ「開始」をクリックし、OS移行を実行します。進捗状況は100%に達すると、「完了」をクリックします。

開始

補足:
【セクター単位のクローン】このチェックボックスにチェックを入れたら、未使用領域や使用済みの領域を含めて、すべてのセクターをクローンします。より多くの空き容量と時間が必要となるので、推薦しません。
【SSD 4Kアライメント】このオプションは、OSをSSDへ移行・クローンするためにデザインされます。チェックを入れると、SSDの性能を最適化し、向上させることができます。SSDへのクローンなら、非常に推薦します。

最後に

上述のとおり、AOMEI Backupper Professionalは優れたWindows 10/8.1/8/7/Vista/XP向けOS移行ソフトですが、クローン機能だけでなく、その他の高度な機能を備えています。例えば、システム/パーティション/ディスク/ファイルやフォルダのバックアップ&復元、ブータブルメディアの作成、コマンドラインでのバックアップまでもできます。試してみる価値があります。(●'◡'●)

各バージョンの機能比較