By Akira / 最後の更新 2022年05月18日

Windows Server用バックアップツールの必要性

 

Windows Server用バックアップツールがありますか?

2台のWindows Server用の新しいWindows Serverバックアップソフトを探しています。ローカル(NASに)およびクラウドでオフラインストレージ用にバックアップできることを願っています。何がいい方法がありますか?ありがとうございます。

- Yahooからの質問

windows serverツール

現在、多くの企業がWindows ServerのOSを使用しています。Windows Serverオペレーティングシステムは、さまざまなクライアントとサービスを共有するように設計されています。さらに、管理パネルは、ストレージ、アプリケーション、およびネットワーク制御を処理します。

技術の急速な変化に伴い、それに続く多くの問題があります。これらの問題には、ネットワークへの侵入、ハッカー攻撃、サーバークラッシュ、ファイルの誤った削除などが含まれます。顧客データとその他の重要な情報がWindows Serverに保存されているため、これらの問題は計り知れない損失と問題をもたらします。したがって、Windows Server用バックアップツールは非常に重要です。このページでは、Windows Serverバックアップを作成する3つの方法を紹介します。

WBAdminでWindows Serverをバックアップする方法

WBAadminを使用すると、コマンドプロンプトからオペレーティングシステム、ボリューム、ファイル、フォルダー、およびアプリケーションをバックアップおよび復元できます。Wbadminコマンドは、Windows Server 2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)、Windows Vista、およびWindows 7/8/10/11で使用できます。

1. WBAdminでWindows Serverをバックアップ

手順 1. 「スタート」ボタンをクリックし、検索ボックスに「wbadmin」と入力し、wbadmin.exeを管理者として実行し、コマンドプロンプトを開きます。

手順 2. wbadmin start systemstatebackup -backuptarget: E: -quietと入力し、Enterキーを押してシステムイメージを作成し、ボリュームEに保存します。

wbadmin

手順 3. yと入力し、Enterキーを押して、バックアップ操作を開始することを確認します。

手順 4. 「バックアップ操作が正常に完了しました」と表示されるまで待ちます。exitと入力し、Enterキーを押して、コマンドプロンプトウィンドウを閉じます。

補足:Windows Server 2016で毎日のスケジュールバックアップを作成する場合は、wbadmin enable backupを使用します。以下のコマンドを入力してください。

wbadmin enable backup -addtarget:E: -schedule:01:30 -allcritical -systemstate -vssfull

スケジュールバックアップ

✽-allcritical:すべての重要なボリュームを含むバックアップを作成します。
✽-vssfull:ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)を使用して完全バックアップを実行します。

​Windows Server バックアップでの増分バックアップ(Wbadmin コマンド&GUI)

2. WBAdminでWindows Serverを復元

システム設定の不適切な変更などの原因でWindows Serverが正常に機能しない場合は、システム状態の回復を実行してシステム設定を復元できます。以下のコマンドを入力してください。

Wbadmin start systemstaterecovery -version: versionIdentifier -backupTarget:[backup location] -quiet

ネットワーク共有フォルダー\\192.168.0.221\Public\backupからシステム状態の回復を実行する例を次に示します。次のコマンドを使用します:

Wbadmin start systemstaterecovery -version:11/11/2015-01:09 -backupTarget: \\192.168.0.221\Public\backup -quiet

復元

WSBでWindows Serverをバックアップする方法

Windows Server Backup(WSB)は、Windows Server用の無料のバックアップツールであり、サーバー全体(すべてのボリューム)、選択したボリューム、システム状態、または特定のファイルやフォルダーをバックアップし、ベアメタル回復に使用できるバックアップを作成するために使用されます。同時に、Windows Server Backupを使用して、ローカルコンピューターまたはリモートコンピューターのバックアップを作成および管理できます。これにより、バックアップスケジュールを実行することもできます。

手順 1. 「サーバーマネージャ」より「管理」、「役割と機能の追加」ウィザードから「Windows Server バックアップ」機能を追加します。

Windows Server バックアップ

手順 2. 「サーバーマネージャ」より「ツール」、「Windows Server バックアップ」、「ローカル バックアップ」を押します。

ローカル バックアップ

手順 3. バックアップの構成を選びます。「サーバー全体」を選択して「次へ」を押します。

サーバー全体

手順 4. バックアップの時間の指定をして、「次へ」を押します。

バックアップ時間の指定

手順 5. 作成先の種類の指定では、「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」、「ボリュームにバックアップする」、「共有ネットワークフォルダーにバックアップする」三つの種類が選択できます。今回は推奨の「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」を選択します。

作成先の種類の指定

手順 6. 「作成先のディスクの選択」を押します。「すべての使用可能なディスクを表示」をクリックし、選択可能なディスクを選択します。「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」を使用するには、空っぽのディスクが必要になります。

作成先のディスクの選択

手順 7. ターゲット先のディスクにボリュームがある場合このメッセージが表示されます。「OK」を押します。

ターゲットディスク

手順 8. メッセージを確認して、「はい」を押します。

注意事項

手順 9. バックアップジョブ内容を確認し、「完了」を押します。

完了

優れたWindows Serverバックアップツール—AOMEI Backupper Server

Wbadminは、エンタープライズレベルのバックアップソリューションとして開発されたものではなく、特定のパラメータを知らない人にとっては少し難しいものです。同時に、Windows Serverバックアップを使用して、個々のフォルダーではなくボリューム全体をバックアップすることしかできません。1つのフォルダのみをバックアップしたい場合はどうなりますか?これら2つのツールの欠点を補うことができる他のWindows Serverバックアップツールはありますか?

幸いなことに、強力なWindows ServerバックアップソフトウェアAOMEI Backupper Serverが役に立ちます。

Windows Server 2003、2008、2011、2012、2016、2019、2022(R2を含む)およびWindows PCオペレーティングシステム(Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP)をサポートします。
システムバックアップ、ファイルバックアップ、ディスク/パーティションバックアップなどのバックアップ機能を提供しました。ベーシック同期、双方向同期、ミラー同期、リアルタイム同期などの同期機能もサポートします。
システムクローン、ディスククローン、パーティション/ボリュームクローンなどのクローン機能を提供します。

次に、Windows Server 2012/2016/2019/2022のシステムイメージを作成する最も簡単な方法を示します。

手順 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロード、インストール、起動します。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」>「システムバックアップ」を順番に選択します。

システムバックアップ

手順 3. Windows Serverのバックアップイメージを保存する宛先を選択します。

保存する宛先

手順 4. 必要に応じて「スケジュール」と「スキーム」をクリックします。次に、「開始」を押して、Windows Serverのシステムのバックアップを作成します。

開始

ヒント:
オプション:バックアップタスクへのコメント、サーバーバックアップファイルの暗号化、分割、圧縮、電子メールまたはSMS通知の有効化、VSSの使用などを行うことができます。
スケジュール:バックアップモードは、ディリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入、およびフルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップのバックアップタイプで変更できます。
スキーム:バックアップスキーム(バックアップディスク領域の管理、バックアップ計画などとも呼ばれている)機能は、設定されている値に基づいて、不要になったイメージファイルを自動的に削除して、バックアップに使用するディスク領域を管理したり、節約したりします。

まとめ

この記事で紹介した3つのWindowsサーバーバックアップソフトウェアを使用すると、Windows Server 2003、2008、2011、2012、2016、2019、2022(R2を含む)をバックアップできます。その中で、AOMEI Backupper Serverを使用することをお勧めします。さまざまなバックアップオプションをサポートしているため、Windows Serverのバックアップを簡単に実行することができます。

社内で台数無制限のPCとサーバーを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technician Plusを選択することを強くお勧めします。それを利用して、あなたのクライアントに有償技術サービスを提供することができます。