By ゆき / 最後の更新 2019年12月23日

ハードディスクを丸ごとクローン・コピーしたいですか?この記事では、Windows Server 2019などのWindows OSでHDDをクローンする方法をご紹介します。

Windows Server 2019でHDDをクローンしたい?

ご存じのとおり、クローンは実際には複製コピーです。一般的に言って、ハードドライブのクローン作成とは、あるコンピュータのハードドライブから別のドライブまたは「イメージ」ファイルにあらゆる情報をコピーするプロセスです。ユーザーは現在、ハードドライブクローンに大きく依存しているため、多くの利点があります。 主な側面は2つあります。

  • Windowsを再インストールせずにHDDをアップグレードします。ディスク容量の不足、コンピュータのパフォーマンスの低下、ハードドライブのクラッシュなど、いつでもこれらの問題に遭遇するため、ディスクのアップグレードを避けることはできません。したがって、古いドライブを新しいドライブに交換する必要があります。

操作手順は時間がかかり複雑であるため、新しいドライブにアプリケーションやシステムを再インストールすることはお勧めできません。 ただし、ディスククローンを使用すると、再インストールせずにハードドライブをアップグレードできます。

  • データセキュリティを保護します。個人データはシステムクラッシュやウイルス攻撃のために紛失しやすいで、クローンドライブはバックアップとして保存できます。多くの人がコピー&ペーストを使用して、あるドライブから別のドライブにデータを転送します。ただし、この方法では一部の特殊ファイルを正しくコピーできないため、データが失われる可能性があります。

Windows Server 2019でHDDをクローン

Windows Serverでディスクのクローンを作成するタスクに関しては、プロのクローン作成ソフトウェア - AOMEI Backupper Serverが非常に役に立ちます。このユーティリティはユーザーフレンドリーなインターフェースを備えており、簡単にServer 2019の中にハードドライブのクローンを作成するのを助けるでしょう。

クローン作成プロセスによって、サーバーで実行中のプログラムが中断されることはありません。さらに、このソフトウェアは、ターゲットドライブが大容量ドライブのすべての使用済みデータに収まる限り、大容量ドライブを小容量ドライブに複製することもできます。ターゲットディスクとしてソリッドステートディスクを使用している場合、この強力なユーティリティを使用すると、SSDの書き込みおよび読み取り速度を速めることができます。

Windows Server 2003、2008、2012、2016(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011、2019、およびWindows PCシステムのようなさまざまなオペレーティングシステムがこのソフトウェアでサポートされるので、Windows Server 2003でのハードドライブのクローン作成もサポート可能です。

詳細な手順を以下に示します。これらの手順は、Server 2008でハードディスクのクローンを作成するためにも使用できることを忘れないでください。

ハードディスクをクローンする手順

クローン作成後、コピー先ディスクは上書きされます。コピー先の場所に関する重要なデータがある場合は、事前にディスクのバックアップを取っておくことをお勧めします。

手順 1. このスーバー版用のクローンソフトをダウンロードしてインストールして起動します。「クローン」タブの「ディスククローン」をクリックします。こちらからダウンロード

ディスククローン

手順 2. 「ソースディスク」を選択して (ここでDisk 0)、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 3. 「ターゲットディスク」を選択して (ここでDisk 1)、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

手順 4. 操作概要を確認してください。「バック」をクリックして変更を加えることができます。すべて正しければ、「開始」をクリックします。

開始

手順 5. クローン作成後は、必ず起動順序を変更するか、または古いハードドライブを交換してクローン作成されたドライブから起動してください。

関連記事

●Windows Server 2011のHDDをクローンする最高のツール

●Windowsを再インストールせずにWindows Server 2016のHDDをクローンします

●Windows Server 2003/2008/2012のハードドライブを再インストールせずに複製する方法