By Akira / 最後の更新 2022年03月22日

なぜWindows Server 2019でHDDのクローンを作成する?

一般的に、HDDのクローン作成は、あるコンピューターのHDDから別のドライブにコピーするプロセスです。ユーザーは、次の原因でHDDのクローンを作成する可能性があります。

hddクローン

1. Windowsを再インストールせずにHDDをアップグレードする:

多くのユーザーは、ディスク容量の不足、コンピューターのパフォーマンスの低下、HDDのクラッシュなどの問題に遭遇する可能性があるため、古いドライブを新しいドライブと交換する必要があります。ただし、アプリケーションとシステムを新しいドライブに再インストールするには、時間がかかり、複雑です。したがって、ディスククローンは、再インストールせずにHDDをアップグレードするのに役立ちます。

2. データセキュリティを保護する:

システムクラッシュやウイルス攻撃により、個人データは簡単に失われます。クローンされたドライブはバックアップとして保持できます。多くの人は、コピーと貼り付けを使用して、あるドライブから別のドライブにデータを転送します。ただし、この方法では、一部の特別なファイルを正しくコピーできないため、データが失われる可能性があります。

Windows Server バックアップでHDDをクローンする方法

MicrosoftはWindows Serverのためにクローン(コピー)方法を提供します - Windows Server バックアップ(WSB)。それを使用して、Windows Serverのイメージバックアップを作成してから別のディスクに復元することができます。

Windows Server バックアップは、Microsoft管理コンソール(MMC)スナップイン、コマンドラインツール、およびWindows PowerShellコマンドレットで構成されています。日常的なバックアップと回復のニーズに適した包括的なソリューションを提供しています。それを使うと、Windows Server 2008/2012(R2)/2016/2019/2022のHDDをクローンできます。
Windows Server バックアップは、サーバー全体(すべてのボリューム)、個別のボリューム、システム状態、または特定のファイルやフォルダをバックアップできるし、ベアメタル回復に使用するバックアップも作成できます。そのほか、イメージバックアップからボリューム、フォルダやファイル、特定のアプリケーション、またはシステム状態を回復できます。
HDD故障・クラッシュのようなトラブルが発生した場合、ベアメタル回復を実行できます。ベアメタル回復を行うには、サーバー全体のバックアップ(或いはOSが含まれているボリュームのバックアップ)およびWindows回復環境が必要です。

1. まずパソコンに「Windows Server バックアップ」ツールを追加します。タスクバーの「サーバーマネージャー」をクリックで開きます。サーバーマネージャーの右上にある「管理」メニューをクリック→「役割と機能の追加」を選択して役割と機能の追加ウィザードを起動します。後はウィザードに従って、「Windows Server バックアップ」ツールの追加を完成させます。

2. そして、「サーバーマネージャー」を開き、「ツール」メニューで「Windows Server バックアップ」⇒「ローカル バックアップ」を選択します。Windows Server バックアップは「単発バックアップ」と「バックアップスケジュール」を提供します。ひとつを選択してください。どちらも「サーバー全体」と「カスタム」2種類のバックアップを提供します。ここでは、HDDクローンを作成するために「カスタム」を選択します。そして「項目の追加」をクリックしてWindows Server 2016のディスク全体をバックアップします。

バックアップ種類

Windows Server バックアップ

3. 最後は、回復を実行して、HDDのイメージファイルを別のHDD/SSDに復元することでWindows ServerのHDDクローンを完成させます。

Windows Server 2019のクローンを作成するためのソフト

上述のWindows Server バックアップを使用する場合は、多くの制限があります。例えば、異なるマザーボードまたは異なるプロセッサを搭載した別PCのHDDにWindows Serverをクローンするのは、失敗するかもしれません。こういう時に、サーバOS向けクローンクソフトAOMEI Backupper Serverを利用して、Windows Server 2019のHDDをクローンすることを非常にお勧めします。

★ディスククローン、システムクローン、パーティションクローンを提供します。必要に応じて機能を選択できます。
★セクター単位のクローン、インテリジェントクローン(デフォルト)、2つのクローン方法を提供しています。インテリジェントクローンは使用済みセクターのみクローンするので、大容量HDDから小容量HDDへのクローン作成が可能です。
★コマンドプロンプトでコマンドラインを実行してHDDクローンを作成することもできます。
★SSDをターゲットディスクとして使用する場合、「SSD 4Kアライメント」を利用して、SSDの読み取りおよび書き込み速度を高速化することができます。
★ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えるので、パソコン初心者でも簡単に操作できます。

そのほか、このツールは、Windows Server 2019の他に、Windows Server 2003、2008、2011、2012、2016、2022(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011、およびWindowsPCシステムもサポートしています。

ここで、このソフトをダウンロードして、Windows Server 2019でHDDのクローンを作成する方法を学びましょう。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

AOMEI BackupperでWindows Server 2019のHDDをクローンする方法

クローン作成のプロセスは、サーバーで実行されているプログラムを中断しません。HDDのクローンを作成した後、ターゲットディスクのデータはすべて上書きされます。重要なデータがある場合は、事前にディスクバックアップを作成することをお勧めします。

手順 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロード、インストール、起動します。「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。

ヒント:Windows Server 2019でHDDを外付けHDDにクローンしたい場合、前もって外付けHDDをPC接続して、認識できるかどうかを確認してください。

ディスククローン

手順 2. この例でディスク0をソースディスク(クローン元)として選択します。「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 3. バックアップを保存する場所を選択します。ここでディスク2を選択して「次へ」をクリックします。

保存する場所

手順 4. 操作概要のページに移動して情報を確認します。問題がないなら、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:
パーティションを編集」は、パーティションのサイズを変更することに役立ちます。クリックすると、「パーティションサイズを変更せずにコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」、「パーティションのサイズを手動で変更」という3つのオプションを利用できます。
セクター単位のクローン」をクリックして、使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターのクローンを作成することができます。
「SSD 4K アライメント」をクリックして、SSDのパフォーマンスを最適化します。宛先ディスクがSSDの場合は、このオプションを選択することを強くお勧めします。

新しいSSD/HDDから起動する方法

Windows Serverを新しいハードディスクに移行後、2つのハードディスクがコンピューターに接続しているので、その新たな1つをブートドライブとして設定しないといけないです。

手順 1. コンピューターの電源を入れ、最初の画面が表示されたら、キーボードでファンクションキー(F2、F3、F5、ESCの任意1つ)を押して、「BIOSセットアップ」に入ります。

手順 2. 「ブート」と「ブート順序」を選択し、クローンされた新しいハードディスクを優先起動に設定します。

詳細手順:
システムの電源を入れます。最初のロゴが表示されたら、F2 キーF2、F3、F5、ESCの任意1つ)を押して BIOS環境に入ります。
右矢印キーを押して、「ブート」を選択します。
下向矢印キーを押して「ブート順序」を選択します。
F5またはF6キーを使用して、順序を変更します。
F10キーを押して、「OK」を選択後、Enterキーを押して変更内容を保存してシステムを再起動します。

起動ディスク

ヒント:BIOSセットアップを起動する用のファンクションキーはコンピューターによって異なります。通常、ファンクションキーは、コンピューターの起動時に最初の画面の下部に表示されます。または、コンピューターブランドをグーグルで検索します。

手順 3. Enterキーを押すか、ウィンドウの右側の指示に従って操作を保存します。コンピューターを再起動すると、SSDから正常に起動するようになります。

Windows Serverのディスククローンについてよくある質問

Q:HDDをクローンするかバックアップするかどちらのほうがいいですか?

A:問題が発生する時、パソコンを速やかに復元したり、失われたデータをすぐに取り戻すためにクローン作成を選択した方がいいです。クローンしたディスクから起動してその上のデータを直接使用することが可能です。変更されたデータもすべてディスクに保存したい場合やServerを新しいハードウェアにクローンしたい場合、バックアップイメージを作成した方がいいです。AOMEI Backupperはより多くのバックアップオプションを提供しています。例えば、バックアップスケジュール、ユニバーサル復元、増分と差分バックアップなどです。

Q:Windows Server 2022を新しいハードウェアにクローンできますか?

A:ドライバーにいくつかの非互換性の問題があるため、Windows Server 2022を新しいハードウェアに直接クローンすることができません。この問題を解決するために、バックアップ&復元を利用することができます。復元時に「ユニバーサル復元」にチェックを入れることを確認してください。

Q:ドライブのクローンを作成したら、全てのデータは削除されますか?

A:HDDのクローンは、ターゲットディスク上の全てのデータを削除して、ソースディスク上の全てのデータ(OS、インストール済みプログラム、個人データなど)をそこに移行します。

まとめ

上記のように、AOMEI Backupper Serverを使用すると、短時間でWindows Server 2019のHDDのクローンを作成できます。ディスククローンの作成に加えて、このソフトはシステムクローンを作成することもできます。これは、Server 2022/2019/2016/2012などでCドライブのクローンを作成するのに役立ちます。

また、社内の台数無制限サーバーでデータとOSを継続的に保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。