By Machi / 最後の更新 2022年04月07日

Windows Server 2012のシステムイメージバックアップについて

Windows server

Windows Server 2012のシステムイメージバックアップは、Windowsの起動に必要なドライブの正確なコピーです。一般的に、オペレーティングシステム、システム予約済みパーティションまたはEFIパーティション、回復パーティション、ブートセクタ、カスタム設定、すべてのインストール済みプログラムおよび保存したデータなどが含まれています。

システムイメージがあれば、システムクラッシュ、ハードディスク故障、サイバー攻撃、ブルースクリーンなどの状況に遭った場合、システムを高速かつ簡単に前の正常の状態に復元することができます。

Windows Server 2012のシステムイメージバックアップを作成する方法

方法1. Windows Server標準ツールでシステムイメージバックアップを作成

Windows Server バックアップは、Windows Server 2012、2012(R2)、2016、2019、2022などに搭載されているバックアップツールですが、デフォルトではインストールされていないため、手動でインストールする必要があります。

まず「サーバーマネージャー」を開き、そして、「管理」→「役割と機能の追加」→「機能」→「Windows Server バックアップ」と進み、画面の指示でインストールします。

Windows Server バックアップ

「Windows Server バックアップ」をインストールした後、以下のステップに従って、Windows Server 2012のシステムイメージバックアップを作成します。

★ 注意:
「Backup Operators」グループまたは「Administrators(管理者)」グループのメンバーであるか、または適切なアクセス許可が委任されている必要があります。
「Windows Server バックアップ」はNTFSファイルシステムでフォーマットされたボリュームのみバックアップできます。

ステップ 1. 「サーバーマネージャー」→「ツール」→「Window Server バックアップ」に移動し、「単発バックアップ」をクリックします。

単発バックアップ

ステップ 2. すると、「単発バックアップ ウィザード」が表示され、「次へ」をクリックします。

次へ

ステップ 3. 「カスタム」を選択し、「次へ」をクリックします。

カスタム

ステップ 4. 「項目の追加」をクリックして、バックアップしたい項目を選択します。「OK」→「次へ」をクリックします。

項目の追加

項目の選択

ステップ 5. 「ローカル ドライブ」を選択し、「次へ」をクリックし、バックアップ先を選択します。Windows Server 2012をUSBメモリにバックアップしたい場合は、事前にUSBメモリをサーバーに接続しておいてください。

ローカルドライブ

ステップ 6. すべての設定を確認し、問題がなければ、「バックアップ」をクリックすると、Windows Server 2012のシステムイメージのバックアップが開始されます。

バックアップ

バックアップが完了するまでには、長い時間がかかります。その後、もう1つのバックアップを作成したいなら、別の場所を保存先として選択する必要があります。さもなければ、前回のバックアップファイルが上書きされます。ご注意ください。「バックアップスケジュール」で作成されたバックアップもそうです。

また、システムの復元はWbadminでしか行えないため、多くのユーザーにはちょっと複雑です。そして、「Windows Server バックアップ」による作成されたシステムイメージは、システムファイルとレジストリだけを復元できます。「oparating system not found(OSが見つかりません)」のようなエラーでコンピュータを起動できない場合、このバックアップは無駄になります。

そんな場合に備えて、Windows Server向けの強力なバックアップソフトウェアを使用して、より深刻な問題を解決できるシステムイメージバックアップを作成する必要があります。

方法2. プロのバックアップソフトでシステムイメージを簡単に作成

数あるバックアップソフトの中でも、Windows Server向けのプロのバックアップ&復元ソフト-AOMEI Backupper Serverをお勧めします。このソフトを使用して、いくつかのクリックだけで、より深刻な問題を解決できるWindows Server 2012のシステムイメージバックアップを作成することができます。また、次のようなメリットがあります:

自動バックアップ毎日/毎週/毎月/イベントトリガー(サインイン/サインアウト、システム起動/シャットダウン)/USB挿入の5つの自動バックアップモードでバックアップの自動実行を設定することができます。また、前に作成されたバックアップファイルが上書きされないので、必要があるとき、複数のバックアップから復元したいの1つを復元することができます。
完全なシステム復元:このソフトによって作成されたシステムイメージは、システムファイルとレジストリだけでなく、システム全体を復元することができます。したがって、より深刻な問題を解決することができます。
異なるバックアップ方法フル/増分/差分バックアップに対応し、変更されたファイルのみをバックアップすることができます。バックアップにかかる時間を節約します。
省容量機能バックアップファイルの圧縮、古いバージョンのバックアップの自動削除などの省容量機能を備えています。ターゲットディスクに十分な空き容量があるのを確保することができます。
全ServerとWindows PCに対応Windows Server 2012(R2)に加えて、Windows Server 2003/2008(R2)/2016/2019/2022、Windows 11/10/8.1/8/7/XP/Vista にも対応しています。

これから、AOMEI Backupper ServerでWindows Server 2012のシステムイメージバックアップを作成する方法をご紹介します。開始する前に、まず30日間無料試用版をダウンロードし、インストールしましょう。

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverを起動し、「バックアップ」タブ→「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

ステップ 2.  デフォルトで、Windows Server 2012の起動に必要なドライブが既に選択されるので、矢印の下のボックスをクリックし、保存先だけを選択すればよいです。内蔵/外付けHDD、SSD、ネットワーク共有フォルダ、NAS、クラウドストレージなど様々なストレージデバイスに対応しています。

保存先を選択

ステップ 3. 「開始」をクリックし、Windows Server 2012のシステムイメージのバックアップが開始されます。

開始

ヒント:
オプションバックアップイメージの圧縮/暗号化/分割、バックアップ完了後のメール通知などを設定します。
スケジュール自動バックアップを設定します。
バックアップスキームフル/増分/差分バックアップ、古いバージョンのバックアップの自動削除を設定します。

これで、Windows Server 2012のシステムイメージバックアップが作成されました。PCに問題が発生し、作成されたバックアップを復元したい場合、「復元」機能をご利用ください。「ユニバーサル復元」機能を使用し、システムイメージを異なるハードウェアのPCに復元することもできます。

また、パソコンが起動できない場合に備えて、「ツール」→「回復環境」であらかじめ回復環境を作成するのがお勧めです。作成した後、「AOMEI Backupper回復環境」というオプションはブートメニューに追加されます。これで、システムがクラッシュした場合でも、回復環境から起動することができるようになります。回復環境に入ると、通常通りバックアップ/復元を実行できます。

回復環境

◎ Windows Server 2012のシステムイメージバックアップを作成するより簡単な方法

AOMEI Backupper Server以外に、強力なワンキー復元ソフトウェア-AOMEI OneKey Recoveryを使用して、Windows Server 2012のシステムイメージバックアップを作成することもできます。このソフトで、イメージファイルを隠しパーティションまたはUSBドライブのような外部デバイスに格納することができます。前者は誤削除やデータ損失のリスクを避けることができます。

okr

また、システムイメージの作成後、ホットキー(F11まはたA)を設定し、ワンキーで高速リカバリを実行することができます。これにより、Windowsを起動することなく、簡単にシステムを復元することができます。非常に便利です。

まとめ

この記事では、Windows Server バックアップまたはAOMEI Backupper Serverを使用して、Windows Server 2012のシステムイメージバックアップを作成する方法をご説明しました。

しかし、Windows Server バックアップによって作成されたバックアップは、システムファイルとレジストリだけを復元できるので、AOMEI Backupper Serverを使用して、完全なシステムイメージを作成するのがおすすめです。

また、このソフトはバックアップ&復元に加えて、クローン、ディスク消去、同期など様々な機能が搭載されています。様々な面からデータを守ることができます。さらに、AOMEI Backupper Serverには「PXEブートツール」という機能を備えます。この機能を使用して、ネットワーク経由でLAN内の複数台のクライアントパソコンを起動させることができます。今すぐダウンロードし、体験しましょう!

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速