なぜ、システム復元が必要ですか?

パソコンを一定期間使用した後にオペレーティングシステム(OS)に様々な問題やエラーが出てくるかもしれません。それらのトラブルを解決するために、一般的に「システムの再インストール」と「システムの復元」利用可能な方法が2つあります。

しかし、インストールメディアを使ってWindowsを再インストールする方法は、パソコン初心者にとって複雑で面倒くさいです。しかも、インストールしたプログラムやアプリ、以前のファイルや個人データがすべて失われるかもしれません。こういう時に、システムイメージを使ってシステムを復元する方法は個人データ、アプリ、設定などがすべて保持され、以前のまま使えます。パソコン初心者にとっても操作しやすいです。かかる時間や手間がより少なくなります。

具体的に言うと、システムの復元が必要とされる場合は以下のとおりです。

●サイバー攻撃を受けた場合

●システムがクラッシュした場合

●間違った操作をしてしまった場合

●ウイルスまたはマルウェアに感染した場合

●マザーボードなどのハードウェアが故障した場合

●自然災害(例えば、火災、地震、浸水)または突然の停電などでデータを失った場合

●死のブルースクリーン(BSOD)エラーが発生し、システムが正常に起動できない場合

●パソコンの調子が悪くなった(例えば、パソコンの動作が不安定になったり、重く・遅くなった)場合

......

システム復元を実行する前の準備

上述のいずれかの場合にはシステム復元を行うことができますが、事前にシステムバックアップを作成しなければ、システム復元を実行できません。つまり、システムの復元にシステムイメージが必要です。※「Windows 10でシステムイメージを作成」の記事を参考にしてシステムを丸ごとバックアップすることができます。

また、元の場所にシステムを復元すれば、システムパーティション上のデータがすべて上書きされるため、「デスクトップ」「ドキュメント」「ビデオ」などのフォルダに新しく追加されたデータが消失してしまうかもしれません。復元を行う前にそれらのデータを他の場所にコピー/移行したほうがいいです。復元が完了した後、元の場所に戻すことができます。

AOMEI Backupperでシステム復元を実行する方法

ここでは、人気のあるバックアップ&復元ソフトウェアAOMEI Backupperを強くお勧めします。お使いのパソコンが正常に起動する時にAOMEI Backupperを使用して、システムを簡単かつ迅速にバックアップすることができます。後はAOMEI Backupperで作成したシステムイメージを利用して、再起動モードでシステム復元を楽に完成させることができます。それだけでなく、パソコンが正常に起動しない場合にはAOMEI Backupperで作成したブータブルメディアから起動して、ブータブルメディアに組み込まれたAOMEI Backupperでシステム復元を手動で実行することもできます。詳しい手順については「ブータブルCDでシステム復元を行う方法」の記事を参考にしてください。

▼次は、バックアップからシステムをブートパーティション(元の場所)に復元することでシステムを再インストールする方法についてご紹介します。

ステップ1. AOMEI Backupperが起動した後、2つの方法で復元したいバックアップタスクを選択できます。

方法 1:「ホーム」タブで対象のバックアップタスクを選択して「復元」をクリックします。

Home Restore

方法 2:「復元」タブをクリックしてから「タスクを選択」をクリックします。

System Recovery

ステップ 2. 後は復元したいシステムイメージを指定します。そして「このシステムイメージを復元」するかまたは「システムイメージからパーティションを復元」するかを選択して「次へ」をクリックします。※元の場所に復元するため「システムを他の場所に復元」にチェックを入れないまま進みましよう。

Backup Point

ステップ 3. 「操作概要」ではすべての情報を確認して、問題なければ「開始」をクリックします。

Start Restore

ステップ 4. AOMEI Backupperはコンピュータを再起動して復元操作が再起動モードで完了するように求めます。

システムの復元は、システムを「作成したシステムイメージの状態」に戻して、システム問題を修復することができます。システムの再インストールに似ていますが、はるかに便利になっています。プログラムやアプリの再インストールまたは再設定も必要としません。また、重要なデータを頻繁に変更/編集するかもしれません。システムを最新の状態に復元・更新したり、セキュリティを強化したりするためにスケジュールを設定してシステムバックアップを定期的に自動実行することもできます。