By Akira / 最後の更新 2022年04月01日

Windows10にはバックアップユーティリティがありますか?

Windows10のバックアップが必要ですから、バックアップソフトウェアが必要です。しかし、Windows10に最適なバックアップユーティリティは何ですか?Windows10にはバックアップユーティリティが組み込まれていますか?この疑いを持っているかもしれません。

明確なアイデアを得るために、検索ボックスにバックアップと入力して「バックアップの設定」を選択すると、すべてのバックアップツールとバックアップオプションが表示されます。つまり、「ファイル履歴を使用してバックアップ」、「以前のバックアップをお探しですか?」、「適切なバックアップオプションを選択してください」。以下、詳しくご紹介します。

バックアップ

PCを保護するための無料のWindows10バックアップソフトウェア

上からわかるように、Windows10にはファイルバックアップソフトだけでなく、システムバックアップソフトウェアもあります。それでは、具体的に見てみましょう。

1. Windows10ファイルバックアップユーティリティ-ファイル履歴は、Windows8で最初に導入され、Windows8.1/10で継承されました。デフォルトでは、デスクトップ、ドキュメント、ダウンロード、音楽、写真、ビデオ、およびフォルダー内の個人データをバックアップするように設計されています。さらに重要なことに、Windows10のファイル履歴はより柔軟であり、特定のフォルダーをバックアップできます。

2. Windows10システムバックアップソフトウェア-バックアップと復元(Windows 7)は、その名前が示すように、元々はWindows7のシステムイメージバックアップツールでしたが、Windows8/10でも引き続き使用できます。インストールファイル、設定、インストールされたアプリ、すべての個人ファイルなど、システムパーティションに保存されているすべてのものをバックアップします。さらに重要なことに、ファイル履歴をWindows10の完全なシステムバックアップにすることはできないという欠点を補い、それによってコンピューターシステムの安全性を確保します。

バックアップと復元

バックアップソフトウェアを除いて、正しいWindows10バックアップオプションを選択する必要があります。これにより、データとシステムのレイヤーが追加される可能性があります。クラウドのバックアップ、外付けHDDまたはネットワークドライブのバックアップ、レガシーバックアップの3つのオプションがあります。また、Windows7での古いバックアップと復元に限らず、クラウドバックアップ、ファイル履歴バックアップなどの最新のバックアップオプションを使用することをお勧めします。

バックアップユーティリティでバックアップと復元を実行する方法

1. Windows10のファイル履歴でバックアップと復元を実行

Windows10のファイルを外付けHDDまたはネットワークの場所に自動バックアップするには、検索ボックスにバックアップと入力して、「ドライブの追加」をクリックします。外付けHDDまたはネットワークドライブをバックアップの場所として選択します。

デフォルトでは、バックアップのスケジュールの間隔は「毎時」です。このような頻繁なバックアップが多くのスペースを占めると思われる場合は、より長い間隔とより短い保持時間に変更できます。また、関連するヘッダーの下にある「フォルダの追加」をクリックして、特定のフォルダを除外またはバックアップすることもできます。

ドライブの追加

Windows10のバックアップからファイルを復元するには、タスクバーの検索ボックスに「ファイルの復元」と入力し、「ファイル履歴でファイルを復元」を選択します。ターゲットファイルを検索し、緑色のボタンをクリックしてファイルを元の場所に復元します。また、コンテキストメニューから「以前のバージョンを復元」を使用することもできます。非常に簡単です。

復元

2. Windows10システムのバックアップを作成してから復元

Windows10システムイメージを作成するには、バックアップの設定に移動し、「バックアップと復元に移動(Windows 7)」をクリックしてから、「バックアップの設定」をクリックします。外付けHDDを選択し、「自分で選択する」にチェックマークを付けます。バックアップの対象を選択します。基本的にすべての項目にチェックマークを付けてください。画面下部の「システムイメージを含める」を確認します。最後に「設定を保存してバックアップを実行する」をクリックします。

設定

★ヒント:
デフォルトで、バックアップのスケジュールは毎週日曜日の午後7時です。最後のウィンドウで「スケジュールの変更」をクリックすると、好みに合わせてバックアップを変更できます。また、後でバックアップと復元(Windows 7)の最初のページで「設定を変更します」をクリックすることもできます。
バックアップスペースを管理するには、「バックアップと復元(Windows 7)」に移動し、「領域を管理します」をクリックしてください。バックアップディスク上のディスク領域を解放するための2つのオプションが表示されます。

実は、Windows10バックアップユーティリティは、個人のファイルとシステムを保護するのに役立ちますが、まだ無視できないいくつかの欠点があります。それでは、それについて話しましょう。

Windows10のファイル履歴

Windows10ファイル履歴の最大の欠点は、完全なシステムバックアップが作成されないことです。
ファイル履歴でバックアップのスケジュールを設定するには、常に外付けドライブを接続する必要があります。「ファイル履歴ドライブを再接続してください」というエラーが発生する場合もあります。
ファイルを別のドライブにバックアップしたいが、「このドライブはファイル履歴で認識されません」などのエラーが表示された場合があります。
このツールはWindows10のファイル履歴バックアップを自動的に削除しません。

バックアップと復元(Windows 7):

最新のシステムバックアップが以前のシステムバックアップを上書きし、別のコンピューターに復元できません。
そのバックアップ速度は非常に遅いです。
バックアップと復元のプロセスは常に失敗し、「Windowsバックアップは正常に完了しませんでした」、「バックアップに失敗しました」、「システムイメージが見つかりません」などのさまざまなエラーメッセージが表示されます。

この時点で、以下のより簡単な方法が必要です。

Windows10バックアップと復元を実行するより簡単な方法

複数のソフトウェアを使用してファイルやシステムをバックアップし、それを復元するのは非常に面倒ですよね。これらの問題を取り除くために、最高の無料のバックアップソフト-AOMEI Backupper Standardに頼ることができます。AOMEI Backupper Standardを利用して、ファイル、システム、ディスク、パーティションをバックアップしてから、それらを復元できます。さらに、システム障害やHDDのクラッシュが発生した場合に備えて、起動可能なメディアを作成することもできます。

また、バックアップタスクを簡単かつ効率的にするための多くの便利な機能があります。それでは、このソフトウェアの特定の機能を詳しく見てみましょう。

バックアップのスケジュール:スケジュールされたディリー/ウィークリー/マンスリーバックアップを提供します。複数のバックアップを保持しておくと、1つのバージョンだけでなく、以前のバックアップバージョンに戻すことができます。
増分/差分バックアップ:毎回完全バックアップを作成すると、時間とディスク容量が無駄になりすぎませんか?変更されたファイルのみをバックアップする増分バックアップまたは差分バックアップを使用できます。差分バックアップは、AOMEI Backupper Professionalなどの上位エディションでのみ使用可能であることに注意してください。
バックアップイメージを圧縮:システムまたはファイルのバックアップを作成するときに十分なスペースがないなどのエラーが表示されますか?この問題を解決するために、通常の圧縮レベルまたは高い圧縮レベルでバックアップを圧縮することを選択できます。
電子メール通知:メールアドレスにタスク結果を送信します。

これらの機能に驚いていますか?これらのニーズがある場合は、このソフトウェアをダウンロードして使用し、コンピューターのWindows10自動バックアップを実行してください!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ご注意:開始する前に、外付けHDDをコンピューターに接続し、それが検出できることを確認する必要があります。

Windows10でシステムイメージのバックアップを作成するには、このソフトウェアを起動し、「システムバックアップ」をクリックして、外付けHDDを宛先パスとして選択し、「開始」をクリックします。

システムバックアップ

ヒント:
このソフトウェアは、Windows10でシステムイメージのバックアップを作成するときに、C:ドライブとブート関連のパーティションを自動的に選択します。
このソフトウェアは、Windows10を外付けHDDにバックアップできるだけでなく、コンピューターをフラッシュドライブ、ネットワークドライブ、Googleドライブなどのクラウドドライブにバックアップすることもできます。
Windows10の増分バックアップを作成するには、バックアップを開始する前に、デフォルトのスケジュール設定を有効にする必要があります。

バックアップからWindows10を復元するには、「復元」と「タスクを選択」をクリックし、システムイメージと宛先パスを選択して、「開始」をクリックします。ターゲットディスクがSSDの場合は、「SSD 4Kアライメント」にチェックマークを付けて、SSDのパフォーマンスを高速化します。

復元

ヒント:
バックアップが認識されない場合は、「タスクの選択」ではなく「イメージファイルの選択」をクリックする必要があります。
異なるハードウェアを使用してOSを別のコンピューターに復元する場合は、「ユニバーサル復元(Professional版でサポート)」を使用することができます。これにより、異なるコンピューターのドライバーの非互換性を解決し、安全な起動を保証できます。

Windowsを起動せずにシステムを復元する場合は、USBまたはCD/DVDを使用して起動可能なメディアを作成するか、回復環境を作成してそこからコンピューターを起動するかを選択できます。最後のものは、現在のコンピューターにブートメニューを追加することができ、ストレージデバイスを必要としません。

回復環境

まとめ

Windows10バックアップユーティリティは、データの損失や深刻なコンピューターの問題(システムクラッシュ、ディスク障害など)を防ぐために不可欠です。しかし、それだけでは十分ではありません。したがって、サードパーティのバックアップと復元ソフトウェアを使用することをお勧めします。

AOMEI Backupperは素晴らしい選択です。ファイルやシステムだけでなく、ディスクやパーティションをバックアップすることもでき、毎日の増分バックアップ、圧縮、分割など、多くの実用的な機能を備えています。また、その上位エディションは、イベントトリガー、USB挿入、毎日の差分バックアップ、スキームなど、より多くの機能をサポートします。詳細については、エディションの比較ページにアクセスしてください。