By Akira / 最後の更新 2022年03月04日

東芝外付けHDDについて

東芝外付けハードドライブは、世界中で絶大な人気を誇っています。ポータブルHDDでもデスクトップHDDでも、東芝は幅広い外付けハードドライブを提供しています。以下のいくつかのメリットがあります。

SuperSpeed USB 3.2 Gen 1でファイルをすばやく転送し、最大4TBのデータを保存します。スタイリッシュなケーシングで高性能ストレージを提供します。さらに、データを安全に保つためのバックアップソフトウェアパッケージと設定が簡単なセキュリティソフトウェアが含まれています。
軽量アルミニウムデザインで際立っています。これは、ハイエンドPCデバイスに最適なコンパニオンです。
Mac、Windows PC、タブレットなど、ほとんどの主要なデバイスプラットフォームおよびオペレーティングシステムと互換的に動作します。

東芝の外付けハードドライブをバックアップデバイスとして使用している場合は、以下の2つの無料ツールを使用してパソコンのデータをToshiba外付けHDDにバックアップする方法を学習してください。

東芝外付けHDD

パソコンのデータを東芝の外付けHDDに簡単にバックアップする方法

ここでは、2種類の東芝バックアップソフトウェアを紹介します。

1. Toshiba Storage Backup Softwareによるバックアップ

東芝では、CANVIOシリーズ用のストレージバックアップソフトウェアを提供しています。Windows 11/10/8.1/7に対応しております。このソフトウェアを使用して、ストレージデバイスごとに1つのバックアッププランを設定し、必要なときにバックアップデータを復元することができます。東芝ストレージバックアップソフトウェアを使用してバックアップを作成するには、以下の手順に従ってください。

バックアップする前の準備:
東芝外付けHDDをパソコンに正しく接続します。
東芝ストレージ・バックアップ・ソフトウェアがNTFSドライブへのバックアップのみをサポートしているため、ハードディスクがNTFSとしてフォーマットされているかどうかを確認します。

ステップ 1. 公式ホームページからToshiba Storage Backup Softwareをダウンロードし、インストールします。東芝外付けHDDにバックアップソフトが付属している場合は、それをインストールするだけです。

ステップ 2. ストレージバックアップソフトを起動し、左のリストからバックアッププランを設定するストレージを選択し、「Next」(次へ)をクリックします。

ステップ 3. ストレージデバイスに複数のパーティションがある場合、「partition selection」(パーティション選択)ダイアログが表示されます。フォルダをバックアップするパーティションを選択し、「Next」(次へ)をクリックします。

パーディション選択

ステップ 4. バックアップするフォルダを選択し、「Next」(次へ)をクリックします。デフォルトで「Library」フォルダが選択されています。必要に応じてチェックを外すことができます。

バックアップフォルダの選択

ステップ 5. バックアップのスケジュールを「Frequency」(頻度)、「What day」(日付)、「Time」(時間)のプルダウンメニューから設定します。その後、「Next」(次へ)をクリックします。

スケジュール

ステップ 6. バックアップスケジュールを確認し、「Save」(保存)をクリックします。

保存

2. AOMEI Backupperによるバックアップ【オススメ】

上記のように、Toshiba Storage Backup SoftwareはNTFSドライブ用のバックアッププランの作成のみをサポートし、各ストレージデバイスは1つのバックアッププランにしか使用できません。さらに、Toshiba Storage Backup Softwareは、東芝外付けハードドライブ自体をバックアップすることはできません。

幸いにも、最高の無料バックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Standardは不足を補います。

◈ NTFS、FAT32、FAT16、exFATなど様々な形式のストレージデバイスをサポートします。
◈ 1つのハードディスクで複数のバックアップタスクを作成することができます。
◈ 東芝外付けHDDにコンピュータデータをバックアップするだけでなく、ドライブ上のファイルを別の場所にバックアップすることもできます。

Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPのようなすべてのWindows PCオペレーティングシステムをサポートしています。AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、今すぐ試してください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. 東芝ディスクをPCに接続し、検出されることを確認します。AOMEI Backupper Standardをインストールし、起動します。

ステップ 2. 左のタブページで「バックアップ」を選択し、「ファイルバックアップ」を選択して、特定のファイル/フォルダをバックアップします。もしWindowsを外付けハードディスクにバックアップしたいなら、「システムバックアップ」を選択してください。

ファイルバックアップ

ステップ 3. 「タスク名」ボックスでバックアップに区別しやすい名前を付けます。それから、「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックして、バックアップするファイル/フォルダを選択します。

ファイルを追加

ステップ 4. 先ほど接続した東芝製外付けハードディスクを保存先パスとして選択します。

保存バスの選択

ステップ 5. 左下の「スケジュール」をクリックして、自動バックアップを設定します。ディリー、ウィークリー、マンスリーは無償で提供されます。イベントトリガーとUSB挿入を使用するには、Professional版にアップグレードする必要があります。

スケジュール

ステップ 6. 設定を確認し、「開始」をクリックしてバックアッププロセスを開始します。

ヒント:
オプション:このオプションをクリックして、このタスクへのコメント、電子メール通知の有効化、VSSテクノロジーの使用などのカスタマイズされた構成を設定できます。
このソフトウェアを使用してコンピューター上にシステムイメージを作成すると、ユニバーサル復元(Professional版でサポート)機能を使用して、他のコンピューターを復元するために使用できます。

東芝外付けHDDをバックアップ方法は?

バックアップタブでディスクバックアップを選択するだけです。次に、バックアップソースとして東芝外付けハードディスクを選択し、バックアップイメージを保存する別の場所(ローカルディスク、USBドライブ、NASデバイスなど)を選択します。最後に、「開始」をクリックして、東芝ディスク上のすべてのデータのバックアップを開始します。

ディスクバックアップ

補足:東芝外付けドライブにポータブルバックアップソフトを作成する方法

バックアップが必要なパソコンが複数台ある場合はどうしたらよいでしょうか。それぞれのパソコンにバックアップソフトをダウンロードし、インストールするのは面倒です。このような場合、ポータブルバックアップソフトウェアはとても役に立ちます。

東芝外付けハードディスクにポータブルバックアップソフトウェアを作成するには、AOMEI Backupper TechnicianまたはAOMEI Backupper Technician Plusを選択することができます。「ツール」タブで「ポータブル版を作成」を選択します。そして、ウィザードに従って、ポータブル版の作成を完了します。

ポータブル版を作成

AOMEI Backupperのポータブルで、東芝ドライブをPCに接続することにより、任意のパソコンのバックアップを作成することができます。

まとめ

このページで提供する東芝外付けハードディスクのバックアップソフトは、Toshiba Storage Backup SoftwareとAOMEI Backupperの2種類です。しかし、Toshiba Storage Backup SoftwareはNTFSドライブへのバックアップのみをサポートし、東芝外付けハードディスク自体をバックアップすることはできません。もし、優れたバックアップツールが欲しいなら、AOMEI Backupperを選択してください。

バックアップと復元機能以外、AOMEI Backupperは起動可能なUSBの作成をサポートして、クラッシュしたパソコンを起動するために使用することができます。何か興味がありますか?今すぐダウンロードしてお試しみましょう~