By Akira / 最後の更新 2022年03月03日

WindowsのRobocopyコマンドとは何ですか?

毎回同じディレクトリを手動でコピーしたり、外付けハードドライブなどのトランジットデバイスを介してファイルを転送したりするのにうんざりするかもしれません。これらの古い方法は、時間がかかるだけでなく、ファイルの破損やデータ損失などの問題を引き起こす可能性があります。したがって、ファイルコピープログラムであるRobocopyを使用してファイルを転送することをお勧めします。

Robocopyは「Robust File Copy」の略であり、Windowsのコマンドラインファイル複製ユーティリティです。機能的にはXcopyをより実用的なオプションで置き換えたものです。80以上のスイッチを持ち、3つの主要な機能を備えています。

ネットワーク上のパソコンの間でファイルをコピー/転送することをサポートします。
パソコンがアクセスできる場所ならどこでも、ディレクトリをコピーまたはミラーリングすることをサポートします。
ドライブを別の場所にコピーすることをサポートします。

Windows Vistaで、Robocopyは個別のユーティリティとして機能していました。現在の新しいシステムでは、すべてのWindowsインストールのsystem32ディレクトリの高い台座に配置されます。Robocopyはマルチスレッドモードをサポートしており、つまりマルチスレッドを有効にして複数のファイルを同時にコピーできます。そして何より、ファイルを正しくコピーしながら、元の属性やタイムスタンプを保持することができます。

Windows 10でRobocopyを利用する方法

用途の広いプログラムとして、Rococopyはネットワークを介してファイルを転送するためによく使用されます。そこで、このタスクを実行する方法についてのクイックガイドを示します。タスクは2段階のプロセスです。ユーザーは、最初にソースパソコンでファイル共有を有効にする必要があります。次に、宛先デバイスでRobocopyを使用して、ネットワーク経由でファイルを転送します。具体的な手順は次のとおりです。

パート 1. ソースパソコンでファイル共有を有効にする

ステップ 1. ファイルエクスプローラを開いて、共有したいフォルダを見つけます。フォルダを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ 2. 「共有」と続きの「共有」をクリックします。

共有

ステップ 3. ドロップダウン・メニューからEveryoneを選択します。そして、「追加」をクリックします。

追加

ステップ 4. アクセス許可のレベルを選択します。次に、「共有」をクリックして続行します。

アクセス許可のレベル

*読み取り:ユーザーが共有ファイルを閲覧・オープンすることができます。

*読み取り/書き込み:ユーザーは共有ファイルの閲覧、オープン、修正、削除が可能です。

ステップ 5. 他のユーザーがネットワーク経由で共有ファイルにアクセスするために必要なフォルダのネットワークパスをメモします。次に、「終了」をクリックします。

終了

ステップ 6. 共有の進行が完了するのを待ちます。その後、「閉じる」をクリックします。

ヒント:
送信元のパソコンのIPアドレスを覚えておいてください。IPアドレスが分からない場合は、「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fiまたはイーサネット」で情報を確認することができます。
ファイル共有がうまくいかないことがよくあると報告されています。質問がある場合は、Windows 10のファイル共有が機能しない-解決方法を参照してください。

パート 2. Robocopyを使用してファイルをコピーする

コピー元でファイル共有の設定が完了すると、コピー先でRobocopyを使って共有ファイルをコピーすることができます。ここでは、WindowsでRobocopyを使うために必要な手順を詳しく見ていきましょう。

ステップ 1. Windowsロゴキー+Xを同時に押す。次に、リストから「コマンドプロンプト(管理者)」を選択します。

ステップ 2. 以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

robocopy \\source-device-ip\path to share folder C:\destination-device\path to store folder /S /E /Z /ZB /R:5 /W:5 /TBD /NP /V /MT:16

以下はその例です。

robocopy \\10.1.2.70\Users\xbox1\Downloads\ C:\Users\xbox1\Downloads\copy\ /S /E /Z /ZB /R:5 /W:5 /TBD /NP /V /MT:16

コマンド

/S:サブディレクトリをコピーしますが、空のディレクトリはコピーしません。

/E:空のディレクトリを含むサブディレクトリをコピーします。

/Z:再起動可能モードでファイルをコピーします。

/ZB:再起動可能モードを使用します。アクセスが拒否された場合、バックアップモードを使用します。

/R:5:5回再試行します(必要に応じて回数を変更してください、デフォルト値は100万回です)。

/W:5:再試行する前に5秒間待機します(別の数値を指定できます。デフォルト値は30秒です)。

/TBD:共有名が定義されるのを待ちます(再試行エラー67)。

/NP:コピーの完了率を表示しません。

/V:スキップされたファイルの情報も表示します。

/MT:16:16スレッドでマルチスレッドコピーを作成します(16は1〜128の整数で置き換え可能、デフォルトは8)。

ヒント:
上記の手順は、Windows 7のロボコピーでも有効です。
オープンファイルには対応していません。

このような長くて複雑な手順に耐えられないかもしれません。ロボコピーをコマンドラインで使用する場合は、後戻りできないので注意が必要です。また、Robocopyの操作中にファイルがコピーされないと感じるユーザもいるようです。簡単に効率よくファイルを転送するには、Robocopyの代替ソフトが必要かもしれません。

Windows 10でRobocopyの最高の無料代替ソフト

ここでは、Robocopyの代替となる最高の無料ソフトAOMEI Backupper Standardをお勧めします。このフリーソフトはユーザーフレンドリーなGUIで設計されており、Robocopyより簡単に操作できます。ファイルバックアップとファイル同期の機能を含み、いくつかの簡単なステップでファイルをネットワーク、NASデバイス、内部/外部ハードドライブにイメージまたはコピーすることができます。

また、開いているファイルも無理なくコピーすることができます。複数のファイルを同時にコピーする以外に、タスクを毎日、毎週、毎月のバックアップスケジュールを設定できます。さらに、操作が正常に完了したかどうかを確認するために、電子メールによる通知を有効にすることができます。

その他、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップ、ディスククローンなどの実用的な機能により、柔軟にデータを管理することができます。さあ、このフリーソフトをダウンロードして始めましょう!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダインストールして開きます。外付けHDDを接続します。

ステップ 2. 「バックアップ」タブで「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

ステップ 3. 「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックしてから、バックアップするファイルまたはフォルダを選択します。

フォルダの追加

ステップ 4. 外付けHDDをバックアップ先として選択します。

「オプション」または「スケジュール」を選択して、より多くの設定を取得できます:
オプション:電子メール通知を有効にし、バックアップファイルの圧縮レベルを選択し、必要な分割方法(Professional版でサポート)を選択できます。
スケジュール:ファイルのバックアップを、ディリー/ウィークリー/マンスリーで自動的に実行するように設定できます。イベントトリガーとUSB挿入を設定することができますが、Professional版などの上位エディションにアップグレードする必要があります。

バックアップ先

ステップ 5. すべての準備ができたら、「開始」をクリックしてファイルバックアップを実行します。

開始

ヒント:複数のバックアップイメージの原因でディスク容量が不足することに悩まされたくない場合は、「スキーム」(Professional版でサポート)を使用して古いバックアップを削除できます。

まとめ

本記事では、Windows 10のロボコピーについて詳しくご紹介します。このプログラムは、ネットワーク上でファイルを転送するために使用することができますが、それは複雑で時間のかかるプロセスを伴います。したがって、ここでは最高の無料Robocopyの代替ソフト - AOMEI Backupper Standardをお勧めします。それは強力かつ簡単に使用することができます。

ところで、上級版にアップグレードした後、より便利な機能、例えば、リアルタイム同期を楽しむことができます。Windows Serverユーザーであれば、AOMEI Backupper Serverはあなたのニーズを満たすでしょう。