By Akira / 最後の更新 2022年04月07日

実例:RAID 0を1台のHDDにバックアップできますか?

 

RAID0アレイに2台のドライブを配置し、どちらかのドライブに障害が発生した場合に備えて、1台のドライブ(明らかに2倍のサイズ)にバックアップできますか?どうしたらいいでしょうか?何かご意見があれば、よろしくお願いします。

--あるユーザーからの悩み

RAID 0ドライブのバックアップを行う前に、RAID 0についてご確認ください。

RAID 0とは何ですか?

RAID 0とは、複数のストレージ(外部記憶装置)をまとめて一台の装置のように管理するRAID技術の方式(RAIDレベル)の一つで、複数の装置に均等にデータを振り分け、並行して同時に記録することで読み書きを高速化する方式です。

RAID 0

データを記録する際に均等な大きさのブロック単位に分割し、複数のドライブに分散して同時に書き込むことで、理想的には2台なら2倍、3台なら3倍といった具合に書き込み速度が向上します。読み出し時には、ある特定のデータはそれが記録された1台の装置から読み出すため速度は変わらないが、大量のデータを読み出す場合には複数台から並行して読み出すことができ、速度向上が期待できます。

RAID 0ドライブをバックアップする理由

他のRAIDレベルとは異なりデータの冗長化を行わないため、いずれか1台が破損するとシステム全体の故障となり、破損した装置に記録されていたデータは喪失します(残りの装置に記録されたデータを繋ぎ合わせても意味をなさない場合も多い)。システム全体の信頼性は1台の場合よりも低下し、台数が増えるほど故障率は上がっていきます。

RAID 0は複数のディスクを同期して、ストライピングを使用してデータを書き込んだり、保存したりします。書き込みや読み込み機能が絶対にコンピューターの性能を向上させますが、RAID 0は、データのセキュリティを保護する何のソリューションを提供していません。一旦任意のディスクに障害が発生したら、RAID 0内のすべてのデータが失われる恐れがあります。そのため、プロのバックアップソフトウェアを利用して、事前にRAID 0に載せた貴重なデータをバックアップすることをお勧めします。

RAID 0ドライブ向けのバックアップソフト

RAID 0のデータ冗長性がないことを考慮すると、RAID 0ドライブのバックアップは急務です。したがって、RAID 0ハードディスク上のすべてを保護するために、最高の無料RAIDバックアップソフトウェア - AOMEI Backupper Professionalを試してみることを強くお勧めします。

AOMEI Backupperはバックアップと復元ソフトウェアだけでなく、ディスククローンソフトウェアでもあり、データを失うことなくハードディスクのクローンを作成し、データパーティションを別のパーティションにクローンし、自動的にファイルをターゲットディスクに同期することをサポートします。

さらに、AOMEI BackupperはIDE、NVMe、SATA、SCSI、SSD、USB、ハードウェアRAID、ネットワーク接続ストレージ(NAS)などのストレージデバイスをサポートします。

AOMEI Backupper Professionalは30日間の無料試用と90日間の無条件返金保証を提供します。無料体験版をダウンロードして、ソフトウェアをインストールして、試してみてください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

RAID 0ドライブを安全にバックアップする方法

次は、Windows 11/10/8/7でRAID 0をバックアップする手順を説明します。まずは、RAID 0ドライブをコンピューターに接続して、検査できることを確認します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして、起動します。「バックアップ」、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして、RAID 0ドライブをソースディスクとして選択します。

ディスク追加

ステップ 3. そして、バックアップを保存するターゲットパスを選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. ニーズに応じて、「スケジュール」をクリックして、特定のバックアップ時間とバックアップタイプを設定することができます。

スケジュール

ステップ 5. 「開始」をクリックしてから、バックアップが実行されます。

バックアップを開始する前に、いくつかの設定を行うことができます:
オプション:コメント、圧縮、分割、ディスクバックアップイメージの暗号化、メール通知の有効化などが可能です。
スケジュール:このオプションは、毎日、毎週、毎月、イベントトリガー、USB挿入など、RAID 0を自動的にバックアップする5つのモードを提供します。
スキーム:バックアップ先が容量不足になった場合、古いバックアップイメージを自動的に削除することができます。

開始

RAID 0ドライブのデータはすべて安全にバックアップされます。RAID 0ドライブのいずれかが故障した場合、故障したドライブを新しいドライブに交換し、データを新しいディスクに一度にリストアすることができます。

また、AOMEI Backupperは増分バックアップと差分バックアップの作成をサポートします。最後の(フル)バックアップ以降に変更または修正されたファイルをバックアップすることができます。

さらに、このソフトの「リアルタイム同期」の機能で、RAID 0ドライブ上のデータを同期することもできます。最初の完全な同期の後、それは変更または新しく追加された部分をターゲットバスに同期します。

RAID 0ドライブを復元する方法

RAID 0でハードウェア障害が発生した場合、以下の手順でRAID 0ドライブの復旧を行うことができます。

ステップ 1. 「復元」タブを選択し、「イメージファイルを選択」を選択します。

イメージファイルを選択

ステップ 2. RAID 0ドライブのバックアップイメージファイルを見つけて、ディスク全体を復元するをチェックし、下に表示されているディスク全体を復元するをクリックし、「次へ」をクリックします。

ステップ 3. RAID 0 ドライブを保存先として選択します。

ステップ 4. 「開始」をクリックして、RAID 0ドライブの復元を実行します。

Windowsパソコンが起動しない場合、先に作成した起動ディスクでパソコンを起動する必要があります。起動可能なUSB/CD/DVDなどがない場合は、あらかじめパソコンに回復環境を作成(有料版のみ)しておくとよいでしょう。これで、パソコンが正常に起動し、ソフトウェアのインタフェースに入ることができます。

回復環境

補足:RAIDレベルについて

  必要HDD数 特徴
RAID0(ストライピング) 2台~ 耐障害性は全く無いが、読み書き速度が上がる。
RAID1(ミラーリング) 2台~ 耐障害性に優れているが、ディスク容量が50%以下になる。
RAID2 5台~ 全RAIDレベルの中で最高の耐障害性だが、読み書き効率が悪い。
RAID3 3台~ パリティを利用することでRAID2の様な速度面での性能低下がない。
RAID4 3台~ RAID3のデータ分割をブロック単位で行うことにより高速化。
RAID5 3台~ 耐障害性の向上と高速化、大容量化の全てを実現できるRAIDレベル。

まとめ

RAID 0ドライブのバックアップを作成する方法は以上です。Windows Serverでディスク/システム/パーティション/ファイルのバックアップと復元を作成したい場合は、サーバー専用のAOMEI Backupper Serverをお試しください!

最後までありがとうございます。もしお助けになれけば嬉しいです。良かったら、是非この専門ソフトを試してみてください。