By Akira / 最後の更新 2022年04月06日

Windows 11を外付けHDDにバックアップする原因

 

Windows 11をバックアップする最も簡単で最速の方法は何ですか?

Windows 11を使用しています。ハードウェアまたはソフトウェアに深刻な問題がある場合に備えて、外付けHDDの完全バックアップを検討してください。システムを安全かつ簡単にバックアップする方法がありますか?

--ユーザーからの悩み

上述のように、Windows 11オペレーティングシステムのファイル、アプリケーション、データなどの正確なコピーを作成するために、ほとんどのユーザーはWindows 11を外付けHDDにバックアップしようとするかもしれません。

Windows 11のバックアップ

これにより、ユーザーは、システムクラッシュ、HDDの障害、ウイルス、人為的エラーなどが発生した場合に、以前のシステム状態に復元することができます。また、Windows 11を外付けHDDにバックアップすると、バックアップイメージが破損するリスクが軽減されるため、内蔵ディスクよりも安全です。

次に、Windows 11を外付けHDDにバックアップするための2つの簡単、迅速、安全な方法を紹介します。

Windows 11を外付けHDDにバックアップする方法

1. 組み込みツールを使用してWindows 11を外付けHDDにバックアップ

Windows 11には、組み込みツール「バックアップと復元(Windows 7)」があります。このソフトウェアは、システムイメージを作成することにより、Windows 11 OSを外付けHDDにバックアップできます。システムに問題がある場合は、システムバックアップを復元して、何もインストールせずに再度使用できます。以下は具体的な手順です。

手順 1. 外付けHDDをWindows 11に接続し、それが検出されていることを確認します。設定>更新&セキュリティ>バックアップ>「バックアップと復元(Windows 7)」に移動に進みます。「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成

手順 2. 「バックアップをどこに保存しますか?」という画面が表示されます。ここでは「ハードディスク上」をクリックして外付けHDDを保存先として選択します。そして「次へ」をクリックします。

ハードディスク上

手順 3. この画面でバックアップの場所とシステムイメージのサイズをチェックします。問題なければ「バックアップの開始」をクリックします。バックアップが完了する時、Windows 11のシステムイメージは既に外付けHDDに格納されています。

バックアップの開始

その後、システムはシステム修復ディスクを作成するように促します。ストレージデバイスとしてCD/DVDが必要です。CD/DVDがない場合は、サードパーティのソフトウェアを使用して起動可能なUSBを作成することができます。Windowsオペレーティングシステムで起動する時、問題が発生した場合は、コンピューターの起動に役立ちます。

また、この方法を利用する場合は、次の点に注意する必要があります。

  • 差分バックアップはサポートされていません。

  • 大きなディスクにシステムイメージを作成した場合、小さなSSDに復元することはできません。

  • システム全体の復元のみをサポートしているため、システムイメージから単一のファイルを復元することはできません。

したがって、システムをバックアップおよび復元するためのより安全で信頼性の高いソフトウェアを探している場合は、AOMEI Backupper Standardを選択できます。

2. AOMEI Backupperを使用してWindows 11を外付けHDDにバックアップ

AOMEI Backupper Standardは、強力なシステムバックアップ機能に加えて、パーティションバックアップ、ファイルバックアップ、およびディスクバックアップの機能を備えています。また、それはいくつかの追加機能を提供します。

▶バックアップにコメントを書き込んだり、電子メール通知を設定したりできます。
▶さまざまなバックアップモード(インテリジェントセクターバックアップまたは正確なバックアップ)とさまざまな圧縮レベル(高/通常/低)を提供します。
▶一定の間隔(ディリー/ウィークリー/マンスリー)でファイルをバックアップし、スケジュールされたバックアップを実行することができます。完全バックアップと増分バックアップも利用可能です。差分バックアップを利用したい場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。
▶USB、HDD、SSDなどのさまざまなストレージデバイスにバックアップすることができます。
▶オペレーティングシステム(Windows 7、8、8.1、10、11、XP、Vistaなど)との互換性があります。

Windows 11を例として取り上げると、次のグラフィックチュートリアルを簡単にたどることができます。

手順 1. 外付けHDDをWindows 11に接続し、それが検出されていることを確認します。AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてインストールし、開きます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」をクリックして、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 3. 外付けHDDをバックアップ先のドライブとして選択します。

保存する場所

手順 4. ニーズに応じて、「オプション」、「スケジュール」、「スキーム」を使用して、より多くの機能を楽しむことができます。

オプション:システムイメージへのコメントの追加、圧縮、暗号化(Professionalバージョンでサポート)、イメージファイルの分割などのさまざまな機能をサポートします。

オプション

スケジュール:これを使用して、ディリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー、またはUSB挿入を設定してWindows11を自動的にバックアップできます(イベントトリガーまたはUSB挿入を利用したい場合は、Professional版にアップグレードしてください)。

スケジュール

スキーム:この機能(Professional版で利用可能)は、バックアップディスクスペースを節約するために古いバックアップイメージを自動的に削除することができます。

スキーム

手順 5. すべての設定後「開始」をクリックします。

開始

バックアップタスクが完了すると、システムバックアップが作成されます。コンピューターに障害が発生した場合は、システムのバックアップイメージを利用して、コンピューターを復元して、起動できます。

さらに、万が一パソコンが故障した場合に備えて、起動可能なUSBを作成することができます。USBやCD/DVDをお持ちでない場合は、現在お使いのパソコンに回復環境を作成することも可能です。そうすれば、次にシステムを起動したときに、デバイスなしで直接回復環境でこのソフトウェアにアクセスすることができます。

回復環境

まとめ

システムバックアップは、データを保護するための効果的な方法です。Windows 11を外付けHDDにバックアップする必要がある場合は、上記の方法のいずれかを選択できます。

組み込みツールよりも安定性と安全性が高いため、AOMEI Backupperを選択することをお勧めします。Windowsをバックアップし、システムパーティションのイメージを作成できます。コメントの書き込み、通知の設定、バックアップのスケジュール設定など、より詳細な設定を行うこともできます。

さらに、このソフトウェアを使用して、ファイルバックアップ、パーティションバックアップ、およびディスクバックアップを実行することもできます。これらの機能について詳しく知りたい場合は、ダウンロードして使用してください。