By Akira / 最後の更新 2022年05月25日

Windows 11でHDDを消去する理由

ユーザーがHDDを消去する理由はいくつかあります。この記事では、次の一般的な理由をまとめます:

データ漏えいの防止:ディスクの交換、譲渡、またはディスクの廃棄が必要な場合は、データ、特に一部の機密データの漏えいを防ぐために、ディスクをワイプする必要があります。
ストレージスペースの解放:新しいファイルとデータ用のストレージスペースを増やしたい場合は、ディスクをワイプしてスペースを解放します。
Windowsシステムのクリーンインストール:システムをクリーンインストールするには、ディスクをワイプしてからシステムをインストールする必要があります。

Windows 11でHDDを消去する前の準備

HDDを消去するプロセスがスムーズに進むことを保証するために、その前にいくつかの準備をする必要があります。

データの損失を防ぐために、HDDを別の場所にバックアップしたことを確認してください。
ラップトップのHDDをワイプする場合は、ワイプ方法によっては時間がかかるため、ラップトップを電源に接続することをお勧めします。
ワイプしようとしているHDDで現在実行されているプログラムまたはファイルをすべて閉じます。

Windows 11をクリーンインストールするためにHDDを消去する方法

上記の準備が完了したら、次に、ディスクを消去する方法を学びましょう。必要に応じて、組み込みツール、インストールメディア、または無料で信頼性の高いサードパーティソフトウェアを使用して、HDDをワイプしてWindows 11をクリーンインストールすることを選択できます。

方法 1. 内蔵ツールを使用してHDDを消去する

最初の方法は、Windowsの組み込みツール「ディスクの管理」を使用してディスクを消去することです。以下のグラフィックチュートリアルに従ってください。

手順 1. 検索ボックスに「diskmgmt.msc」と入力し、Enterキーを押して、Windowsの「ディスクの管理」を開きます。

手順 2. ワイプするボリュームを右クリックし、「フォーマット」をクリックします。

フォーマット

手順 3. 次のポップアップで、ボリュームラベル、ファイルシステムなどの変更オプションが表示されます。

ボリューム名

手順 4. 次に、操作を確認し、「OK」をクリックしてドライブのワイプを開始します。

方法 2. Windowsインストールメディアを使用してHDDを消去する

Windowsインストールメディアでディスクをワイプできます。まず、メディア作成ツールをダウンロードし、Windows 11 ISOファイルをUSBに作成する必要があります。そして、この起動可能なUSBからPCを起動してから、クリーンインストールを実行します。以下のチュートリアルに従ってください。

Windows 11インストールメディアを作成する

手順 1. Windows 11メディア作成ツールをダウンロードして開きます。

手順 2. 「準備ができるまで少しお待ちください」と表示された後に「ライセンス条項」が表示されるので、「同意」をクリックします。「言語とエディションの選択」が表示されたら、「次へ」をクリックします。

言語とエディションの選択

手順 3. 「使用するメディアを選択してください」と表示されたら、作成するメディア「USBメモリ」または「DVDディスク」をパソコンに挿入して、認識されている状態にしておきます。USBフラッシュドライブを選択して、「次へ」をクリックします。

使用するメディアの選択

手順 4. インストールメディアを作成する「USBメモリ」を選択して、「次へ」をクリックします。

USBメモリ

手順 5. ダウンロードプロセスが終了したら、「完了」をクリックして終了します。

PCにWindows 11をインストールする

手順 1. 起動可能なUSBドライブをPCに挿入します。そして、PCを再起動し、F2またはF12を押してBIOSに入ります。次に、USBドライブを最初の起動オプションとして選択します。最後に、F10またはEnterを押して終了し、PCを再起動します。

bios設定

手順 2. Windowsインストーラウィンドウが表示されたら、言語とその他の設定を選択し、「次へ」をクリックします。次に、「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストール

手順 3. Windowsをアクティブ化するように求められます。Windowsを再インストールする場合は、プロダクトキーを入力するか、「プロダクトキーがありません」をクリックしてください。

手順 4. インストールするオペレーティングシステムを選択し、「次へ」をクリックします。

手順 5. ライセンス条項に同意し、「次へ」をクリックします。次に、「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」を選択します。

カスタム

手順 6. Windowsをインストールするドライブを選択し、「次へ」をクリックします。インストールプロセスが完了するのを待ちます。

インストールするドライブ

方法 3. サードパーティソフトウェアを使用してHDDを消去する

上記の2つの方法が少し面倒で操作が難しいと思われる場合は、3番目の方法(無料で信頼性の高いサードパーティのワイプソフトウェア)を選択できます。AOMEI Backupper Standardは、Windows 11をクリーンインストールするためにHDDをワイプすることに適しています。ディスクのワイプだけでなく、パーティションや未割り当て領域もサポートしているため、さまざまなニーズを満たすことができます。

HDDを無料かつ安全に消去するには、以下の手順に従ってください。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「ツール」をクリックして、「ディスク消去」を選択します。

ディスク消去

手順 3. 「ディスクを消去」オプションにチェックマークを付け、「次へ」をクリックします。

ディスクを消去

手順 4. 消去するディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

消去するディスクの選択

注:OSを含むディスクを選択している場合は、ポップアップウィンドウで、起動ディスクの消去が再起動モードで実行されることを確認するメッセージが表示されます。「はい」を押して確認します。

注意事項

手順 5. 消去方法を選択します:全セクタにゼロを書き込む(安全、速い)、全セクタにランダムデータを書き込む(安全、速い)、DoD 52220.22-M(とても安全、遅い)、またはGutmann(35回上書き、とても安全、とても遅い)。そして、「開始」をクリックします。

ヒント:消去方法の最後の3つのオプションは有料機能です。楽しむには、AOMEI Backupper Professionalまたは他のエディションにアップグレードしてください。

消去方式

手順 6. 消去プロセスが開始されると、消去進捗状況のページに入ります。消去プロセスを終了したい場合は、右隅の「キャンセル」をクリックしてください。

補足:
Windows 11を搭載した別のPCでシステムバックアップを作成してから、AOMEI Backupper Professionalのユニバーサル復元機能を使用して、Windows 11のシステムイメージを現在のPCに復元できます。

まとめ

この記事では、HDDをワイプしてWindows 11をクリーンインストールする3つの方法を紹介します。組み込みツール、インストールメディア、信頼性の高いサードパーティソフトウェア-AOMEI Backupper Standardが役立ちます。

最後の方法は、ディスクをワイプするだけでなく、パーティションと未割り当て領域をワイプするのにも役立つため、最も推奨されます。必要に応じて、さまざまな拭き取り方法を選択することもできます。

さらに、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードすると、システムクローンの機能を使用してWindows 11を外付けHDDにクローンすることができます。したがって、ラップトップを常に持ち歩くことなく、いつでもどこでも新しいシステムを使用できます。今すぐダウンロードしてお試しください!