By Akira / 最後の更新 2022年03月30日

ネットワークでファイル共有の利点

ファイルを共有して、PCのプログラム、画像とビデオ、ドキュメント、または電子書籍などのデジタルメディアへアクセスできます。ファイル共有は、さまざまな方法で実現できます。

長い間、USBドライブなどは、PC間のデータ転送において非常に重要な役割を果たしてきました。ただし、リムーバブルデバイスやポータブルデバイスが不正アクセスの影響を受けやすいです。データの破損を避けるため、ネットワークでファイル共有を実行するユーザーが増えています。

ファイルの共有

ネットワークでファイル共有のいくつかのメリットを以下に示します。

時間を節約する:ユーザーは、電子メールでファイルを送信したり、ファイルをアップロードまたはダウンロードしたりすることを心配する必要がないため、時間を大幅に節約できます。必要なときにデータにすばやくアクセスできます。
ファイルを最新の状態に保つ:すべての共有ファイルは常に最新の状態に保ちます。
コストを削減する:ファイルはインターネットを介して直接共有されるため、企業や個人はファイルを共有するために高価な設備を購入する必要はありません。

Windows 11でネットワーク検出とファイル共有をオンにする方法

ネットワーク上でフォルダを共有する場合は、最初にWindows 11で「ネットワーク検出」と「ファイル共有」を有効にする必要があります。

Windows 11でネットワーク検出をオンにする方法

「ネットワーク検出」設定をオンにすると、同じネットワーク上の他のPCとデバイスを表示します。同時に、同じネットワーク上の他のPCもこのPCを見ることができます。

ネットワーク検出を有効にするには、以下に進みます。

手順 1. Windows+Iを同時に押して、「設定」を開きます。「ネットワークとインターネット」をクリックし、画面の右側のペインで「イーサネット」を選択します。

手順 2. すると、接続しているネットワークの設定画面が表示されます。「ネットワークプロファイル」で、「プライベート」を選択します。

プライベート

ヒント:プライベートプロファイルを使用すると、ネットワーク内のデバイスを検出できます。これは、自宅、職場、および信頼できるネットワークに適しています。パブリックプロファイルを選択した場合、デバイスはネットワーク上で検出されません。

手順 3. 完了したら、ネットワーク検出が有効になっています。

Windows 11でファイル共有をオンにする方法

ファイルとプリンターの共有を有効にすると、他のPCまたはデバイスが、この特定のPCから共有したファイル、フォルダなどにアクセスできます。

ファイル共有を有効にするには、以下に進みます。

手順 1. タスクバーの検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、Enterキーを押します。

手順 2. コントロールパネルで、「ネットワークとインターネット」を選択します。

ネットワークとインターネット

手順 3. 次に、「ネットワークと共有センター」を選択します。

ネットワークと共有センター

手順 4. 次に、「共有の詳細設定の変更」を選択します。

共有の詳細設定の変更

手順 5. 「共有の詳細設定」で、「プライベート」をクリックして、「ファイルとプリンターの共有を有効にする」を選択します。

ファイルとプリンターの共有を有効にする

手順 6. 下にスクロールして、「すべてのネットワーク」を展開します。「共有を有効にして、ネットワークアクセスがある場合はパブリックフォルダ内のファイルを読み書きできるようにする」を選択します。

共有を有効にする

手順 7. 「変更の保存」をクリックして終了します。

Windows 11でネットワーク上のフォルダを共有する方法

Windows 11でネットワーク上のフォルダを共有するには、以下に進みます。

手順 1. 共有するフォルダを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

手順 2. 「共有」タブで「共有」をクリックします。

共有

手順 3. 共有するユーザーを選択します。ここで「Everyone」を選択して、「追加」をクリックします。次に、「共有」をクリックします。

追加

手順 4. これでフォルダが共有され、「完了」をクリックして終了します。

共有権限の変更

これで、フォルダが共有されました。ただし、受信者がフォルダとその中のファイルに対するすべての権限を持っているとは限りません。これを変更するには、以下の手順に従います。

手順 1. この共有フォルダのプロパティを開きます。「詳細な共有」をクリックします。

詳細な共有

手順 2. 「このフォルダーを共有する」オプションをオンにして、「アクセス许可」をクリックします。

アクセス许可

手順 3. 権限を変更し、「OK」をクリックします。

権限の変更

これで、共有ネットワーク上にいるすべてのユーザーがこのフォルダにアクセスできます。

最高の無料のWindows 11ファイル共有の代替ソフト

Windows 11は新しくリリースされたシステムであるため、Windows 10のファイル共有が利用できないなどの問題が発生するかどうかはわかりません。より安全かつ効率的にファイルを共有できるようにするために、最高の無料のファイル共有ソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用することをお勧めします。

同期機能を使用すると、PCからUSBドライブ、SDカード、NASデバイス、クラウドドライブなどにファイルを同期できます。
「スケジュール」の機能を使用して自動同期を実行できます。スケジュールモードには、ディリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー(有料)、およびUSB挿入(有料)の5つがあります。
Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPなどのすべてのWindows PCオペレーティングシステムがサポートされています。

次は、AOMEI Backupper Standardを使用して、Windows 11でネットワーク共有を実行する方法を学習します。まず、この無料ソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupper Standardを起動し、左側のペインで「同期」をクリックして、「ベーシック同期」を選択します。

ベーシック同期

上位エディションにアップグレードすると、他の3つの同期モードも利用できます:
リアルタイム同期は、同期の必要があるソースディレクトリを自動的にリアルタイム監視して、ソースディレクトリ内のファイルまたはフォルダに如何なる変更・更新が発生すると、新しいデータをすぐにソースディレクトリからターゲットディレクトリへ同期します。
ミラー同期は、ソースディレクトリで変更(新しく追加または修正)されたファイルがターゲットディレクトリに同期され、同期先のフォルダは常に同期元のフォルダと同じファイルを保持する機能です。
双方向同期を利用すると、一方でファイルを変更すると、もう一方のディレクトリで同期を取ります。つまり、双方向同期を実行すると、2つのディレクトリで互いに同期を取ります。

手順 2. 「フォルダを追加」をクリックして、共有するフォルダを選択します。さらにフォルダを追加したい場合は、最初のフォルダを追加した後、「+」アイコンをクリックしてください。

フォルダを追加

ヒント:選択したフォルダの右側に、ファンネルシャップに表示される「フィルタオプション」と呼ばれる機能が表示されます。これは、同期する特定のファイルタイプを除外または含めるのに役立ちます。AOMEI Backupper Professionalなどの上位エディションにアップグレードする必要があります。

フィルタオプション

手順 3. 矢印の下のボックスをクリックして、宛先を選択します。ポップアップウィンドウで、「ネットワーク共有またはNASを選択」を選択します。

ネットワーク共有または NASを選択

手順 4. 「共有またはNASデバイスの追加」をクリックし、Windows 11コンピューターのIPアドレスを入力して、「OK」をクリックします。プロンプトが表示されたら、ユーザー名とパスワードを入力します。

共有またはNASデバイスの追加

手順 5. 次に、すべてのネットワーク共有フォルダが一覧表示されます。1つのフォルダを宛先パスとして選択し、「OK」をクリックします。

宛先パス

手順 6. すべての設定を確認し、「開始」をクリックして同期を実行します。

補足:
「オプション」をクリックすると、固有のコメントを作成して電子メール通知を設定できます。削除操作をソースディレクトリからターゲットディレクトリへ同期するか、同期中にターゲットディレクトリのファイルの整合性を確認するかも選択可能です。
「スケジュール」をクリックして、同期モードを設定します。デイリー、ウイークリー、マイスリー、イベントトリガー、USB挿入の5つのモードがあります。イベントトリガーとUSB挿入を利用したい場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。

まとめ

この記事を読んだ後、Windows組み込みツールまたはその代替ツールを使用してWindows11ファイル共有を実行する方法を学ぶことができます。また、Windows 11のネットワーク共有の問題を回避するために、AOMEI Backupper Standardを試してみることができます。

さらに、この信頼性の高いソフトはファイル同期をサポートするだけでなく、PCを保護するためのバックアップおよびクローン機能もサポートします。今すぐダウンロードしてお試しください。