By Akira / 最後の更新 2022年04月24日

ケース:Windows 11を別のSSDに移行できますか?

使用中のSSDの容量が不足しているため、Windows 11とプログラムをより大きなSSDに移行したいと思っていますが、移行方法がわかりません。どうすればいいですか?どのソフトウェアが必要ですか?

- 実例

windows 11

Windows 11をあるSSDから別のSSDに移行する原因

SSDは、読み取りと書き込みの速度が優れており、セキュリティが高く、消費電力が少ないため、一般にHDDよりも優れたブートドライブと見なされています。そのため、新しいOSが登場したとき、多くのユーザーがWindows 11をSSDにインストールすることを選択しました。

ただし、時間が経つにつれて、容量の不足、動作の遅延、さらにはディスクのクラッシュなどの問題に直面する可能性もあります。そのとき、Windows 11をあるSSDから別のSSDに転送したい場合があります。Windowsライセンスは同じハードウェアで転送可能であるため、実際にこれを試すことができます。

では、それを正確に行う方法はなんですか?以下を読み続けてください。

Windows 11を別のドライブに移動する方法

一般的に、ハードドライブを交換する場合は、新しいHDDまたはSSDにWindows 11をインストールすることができますが、以前の設定、インストールされたアプリケーション、および保存された個人ファイルが削除されることを意味します。

したがって、多くのユーザーは、Windows 11をあるSSDから別のSSDに直接移動することを選択します。このための組み込みの方法の1つは、Windows 11のシステムイメージを作成し、それを新しいSSDに復元することです。ただし、このプロセスは非常に面倒です。システムのバックアップと回復ドライブを作成してから、ターゲットSSDで復元を実行する必要があります。

また、このプロセスはエラーが発生しやすくなります。したがって、システムクローンを使用してWindows 11を別のSSDに移行することをお勧めします。バックアップしてから復元する必要はありません。ターゲットドライブを接続し、ソースディスクとターゲットディスクを指定してから、移行を開始するだけです。次の記事では、この方法を詳しく紹介します。

システムクローンでWindows 11を移行する方法

Windows 11移行前の準備

1. 効果的なクローン作成ソフトウェアをダウンロードする

Windowsにはクローン作成機能がないため、クローン作成ソフトウェアの助けが必要です。ここでは、すべてのGPT/MBRシステムとデータディスクのクローン作成ソフトAOMEI Backupper Professionalをお勧めします。ハードドライブ全体またはOSのみの転送をサポートします。

また、インテリジェントクローン機能により、Windows11をより小さなSSDにクローンすることもできます。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

2. ターゲットSSDを接続する

PCに複数のスロットがある場合は、古いSSDの隣に新しいSSDをインストールするだけです。それ以外の場合は、USB-SATAアダプターまたはケースを使用して外付けドライブを接続します。

ターゲットSSDの接続

3. ターゲットSSDを準備する

新しいSSDの場合は、初回使用時に初期設定が必要です。このとき、パーティションスタイルをGPT(Windows 11対応)として選択できます。

古いSSDの場合は、クローン作成中ですべてのデータが上書きされるため、最初に重要なデータをバックアップしてください。MBRディスクの場合、GPTディスクに変換する必要があります。

データを失うことなくMBRディスクからGPTディスクに変換

GPTディスクへの変換、

4. ソースディスクをクリーンアップする

ソースディスクまたはシステムドライブに不要なファイルがたくさんある場合は、ファイルを削除したり、アプリケーションをアンインストールしたりすることができます。

あるSSDから別のSSDにWindows11を転送する手順

上記の準備が完了したら、Windows11を新しいSSDにクローンすることを実行できます。

手順 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして実行します。「クローン」をクリックして、「システムクローン」を選択します。

ヒント:Windows 11システムディスク全体を転送する場合は、「ディスククローン」を選択してください。

システムクローン

手順 2. システムパーティションは自動選択されるため、宛先ディスクを指定するだけでます。接続したSSDを選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

手順 3. 「操作概要」ウィンドウで、「SSD 4Kアライメント」にチェックマークを付けて、ターゲットSSDを高速化し、その寿命を延ばすことができます。次に、「開始」をクリックしてシステムクローンの進行を開始します。

操作概要

そのほか:
セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、システムパーティション上のすべてのセクターのクローンが作成されます。これには時間がかかります。
パーティションを編集:ディスクのクローン作成を実行する場合は、これを使用して、パーティションサイズの変更、未割り当て領域の割り当て、ドライブ文字の割り当てなどを行うことができます。

クローンされたSSDからWindows 11を起動する方法

1. システムの移行が完了したら、コンピューターをシャットダウンしてSSDをクローンされたSSDに置き換え、再起動します。

SSDの置き換え

2. 起動時に、特定のキー(F2、F10、Esc、Del…メーカーによって異なります)を押してBIOSに入り、クローンされたSSDを最初のオプションとして選択します。

起動順序の変換

3. その後、新しいSSDでWindows 11を起動できるようになります。

補足:ストレージスペースを追加する場合は、古いSSDを元に戻し、AOMEI Backuuperの「ディスク消去」の機能を使用してデータを消去できます。

ディスク消去

結論

コンピューターの容量やパフォーマンスが低い場合は、Windows 11をあるSSDから別のSSDに転送することをお勧めします。システムのクローン作成(またはディスクのクローン作成)が最も簡単な方法かもしれません。

専門的なクローン作成ソフトウェアとして、AOMEI Backupperは、Windows 11の移行を実行するのに役立つ直感的なインターフェイスを提供します。クローン作成後、これを使用して、継続的データ保護のための自動バックアップを実行することもできます。今すぐダウンロードして、もっと多くの機能を体験しましょう~