By Akira / 最後の更新 2022年04月24日

Windows 11が正常に動作していない問題について

Windows 10がリリースされてから6年後、ついにWindowsオペレーティングシステムの新しいバージョンWindows11が登場しました。

windows 11

ただし、Windows 11を使用した後、一部のユーザーはWindows 11エラーに遭遇しました。一般的な問題には、アプリケーションのクラッシュ、表示の失敗、突然の黒い画面などがあります。さらに悪いことは、一部のユーザーのWindows 11が起動できません。では、Windows 11を修復する方法は?以下は、コマンドプロンプトを利用して、Windows 11を修復する四つの方法を提供します。

Windows 11でコマンドプロンプトを開く方法

Windows 11を起動できるかどうかに応じて、さまざまな方法でコマンドプロンプトを起動できます。

▶状況1:Windows 11は正常に起動できる

この場合、検索ボックスに「cmd」と入力し、リストから「コマンドプロンプト」を選択します。管理者特権のコマンドプロンプトを開くには、コマンドプロンプトを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

cmd

▶状況2:Windows 11が起動できない

この場合、コマンドプロンプトを入力するには、Windowsインストールメディアが必要です。

1. Windowsインストールメディアからコンピューターを起動します。

2. Windowsセットアップウィザードが表示されたら、次のいずれかの方法を選択してコマンドプロンプトを開きます。

方法1:Shift+F10キーを押して、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。

方法2:Windowsセットアップウィザードで、「コンピューターの修復」>「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「コマンドプロンプト」を順番に選択します。

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトを使用してWindows 11を修正する方法

次は、Windows 11の修復に役立つ、SFC、DISM、bootrec.exe、およびrstrui.exeの4つの異なるコマンドが提供されています。状況に応じて1つの方法を選択してください。

方法 1. SFCコマンドを使用してWindows 11を修復する

SFC(システムファイルチェッカー)は、保護されたシステムファイルの整合性をチェックできます。それらの一部が破損または欠落している場合、SFCはそれらをC:\ Windowsにある正しいバージョンに置き換えます。以下の手順に従って、SFCコマンドを実行します。

1. 上記の方法を使用して、コマンドプロンプトを開きます。

2. 「コマンドプロンプト」ウィンドウで、sfc / scannowと入力し、Enterキーを押します。

3. スキャンが100%完了すると、結果は下記のようなメッセージのいずれと表示されます。

Windowsリソース保護は、整合性違反を検出しませんでした(もちろん一番いい結果です)。
Windowsリソース保護により、破損したファイルが見つかり、それらは正常に修復されました(破損したファイルを正常に修復したことです)。
Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした(こういう場合はPCを再起動してセーフモードに切り替えて再度にsfcコマンドを実行します)。
Windowsリソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした(破損したファイルの一部が正常に修復されませんでした。C:\Windows\Logs\CBS\CBS.logにて詳しい情報を確認して手動で破損したファイルを正しいファイルと置き換えることができます)。

4. 「exit」を入力し、Enterを押してコマンドプロンプトを閉じます。

sfc

方法 2. DISMコマンドを使用してWindows 11を修復する

DISMはコマンドラインツールです。これを使用して、.wimファイルまたはVHD内のWindows関数、ドライバーなどをインストール、アンインストール、構成、および更新できます。次のように、Windows11でDISMコマンドを実行する方法を学習します。

1. 上記の方法を使用して、コマンドプロンプトを開きます。

2. 次のいずれかのコマンドを使用して、Windows11のシステムイメージに問題があるかどうかを確認します。

DISM /Online /Cleanup-Image /CheckHealth

DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth (より高度なスキャン)

3. 問題が検出された場合は、DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealthを実行して、Windows11を修復します。

dismコマンド

方法 3. bootrec.exeを使用してWindows 11を修正する

Windows 11で起動の問題が発生している場合は、ほとんどの場合、bootrec.exeツールを使用すると問題を解決できます。以下の手順に従ってください。

1. 上記の方法を使用して、コマンドプロンプトを開きます。

2. 次のコマンドを順番に入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

bootrec.exe

bootrec /FixMbr(MBRの修復)

bootrec /FixBoot(ブートセクタの修復)

bootrec /RebuildBcd(BCDストアの再構築)

bootrec.exe

3. プロセスが終了したら、回復画面を終了して、Windowsを再起動してみてください。

方法 4. rstrui.exeを実行してWindows11を復元する

深刻なシステムエラーが発生している場合は、rstrui.exeを使用してWindows 11を以前の動作状態に復元できます。以下の詳細な手順をご覧ください。

注:この方法は、以前に復元ポイントを作成したことがある場合にのみ適用できます。

1. 上記の方法を使用して、コマンドプロンプトを開きます。

2. rstrui.exeと入力し、Enterキーを押して、システムの復元ウィザードを開きます。

rstrui.exe

3. 画面の指示に従って、システムの復元プロセスを完了します。

システムエラーが発生した場合に備えて、Windows11をバックアップする方法

Windows11で発生する問題を予測できません。したがって、事前にWindows11をバックアップすることをお勧めします。効果的なシステムイメージのバックアップは、必要に応じてWindows11を修復するのに役立ちます。

Windows 11のバックアップを作成する最も簡単な方法は何ですか?最高の無料のWindows11バックアップソフトウェア – AOMEI Backupper Standardが役に立ちます。

システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップを提供し、さまざまな種類のバックアップの作成をサポートします。
バックアップイメージを外付けHDD、USBドライブ、ネットワーク共有など、さまざまな場所に保存できます。
スケジュールされたディリー/ウィークリー/マンスリーバックアップを提供します。
すべてのWindowsPC OS(Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP、32ビットおよび64ビット)と互換性があります。

今すぐAOMEI Backupper Standardをダウンロードしてお試しください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. このシステムバックアップツールをダウンロードし、インストールし、起動します。「バックアップ」タブで「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

2. 別のタスクから区別できるように「タスク名」を変更することができます。この例では、ドライブCはデフォルトでバックアップ元として選択されます。システムイメージを保存する場所を選択し、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:個人PC向けProfessional版またはビジネスPC向けWorkstation版にアップグレードすると、差分バックアップを設定してバックアップ用のディスク容量を節約したり、バックアップスキームを有効にして古いバックアップを自動削除したり、ユニバーサル復元を利用して異なるハードウェアまで復元したりすることができます。

3. システムバックアップの作成が完了した後、「完了」をクリックしてプログラムを終了します。

完了

結論

コマンドプロンプトを利用して、Windows 11を修復する4つの方法を学びました。必要に応じて、SFC、DISM、bootrec.exe、またはrstrui.exeを選択できます。

また、システムエラーに備えるために、AOMEI Backupperを使用してWindows 11のバックアップの作成をお勧めします。バックアップイメージから、破損したシステムと失われたファイルを簡単に復元することができます。

さらに、このソフトは、SSDをより大きなSSDにクローンするなど、他の機能もサポートします。今すぐダウンロードして、もっと多くの機能を体験しましょう~