無料|Windows 11をUSBメモリにバックアップする方法3つ

Windows PC上のデータを守りたいですか?この記事では、Windows 11でシステムまたはファイルをUSBメモリにバックアップする方法を3つご紹介します。ぜひご覧ください。

Machi

By Machi 最後の更新 2024年05月27日

共有: instagram reddit

USBメモリは、USBポートを使用してコンピュータに接続し、フラッシュメモリを介してデータを格納する小型のポータブルストレージデバイスです。

USBメモリは小型で携帯性に優れ、安価であり、可動部品がないため耐久性にも優れています。一般的に、データの保存、コンピュータファイルの転送に使用されています。教師、学生、オフィスワーカーなど、文書ベースの情報を多く保存する人に適しています。

Windows 11をUSBメモリにバックアップ

Windows 11をUSBメモリにバックアップする必要性

Windows 11 PCでは、ハードウェア障害、マルウェア攻撃などの原因で、Windowsを起動できない可能性があります。したがって、その場合に備えて、重要なファイルまたはシステム全体をUSBメモリにバックアップすることができます。こうすれば、パソコンに問題があった場合や、ファイルが紛失した場合に、PCを速やかに以前の状態に戻したり、ファイルを取り戻したりすることができます。

Windows 11には、さまざまな方法でファイルをUSBメモリにバックアップできます。次のパートでは、Windows標準機能とサードパーティー製のバックアップフリーソフトを使用して、Windows 11をUSBにバックアップする方法をご紹介します。Windows PCにあるデータを守りたい方は、ぜひ読み進めてください。

Windows 11をUSBメモリにバックアップする方法

次に、Windows標準バックアップツール-回復ドライブの作成、ファイル履歴、サードパーティー製のバックアップフリーソフト-AOMEI Backupper StandardでWindows 11をUSBメモリにバックアップする方法を3つ紹介します。ニーズに応じていずれかの方法を選択することができます。

ツール 対応状況
AOMEI Backupper

Windows 11システムをUSBメモリにバックアップします。システムに問題が出た場合に、システムを問題が発生する前の状態に戻せます。また、ファイルが失われた場合、そのファイルも復元できます。

👉もっと詳しく

回復ドライブ

Windows 11 OSのデータをUSBメモリに保存します。これを使用して、Windows 11を再インストールするか、工場出荷時の状態まで戻すことができます。

👉もっと詳しく

ファイル履歴

Windows 11のライブラリー、アドレス帳、お気に入り、デスクトップおよびOneDriveのオフラインフォルダに保存されているファイルをUSBメモリにバックアップします。これらのフォルダからファイルが失われた場合、復元できます。

👉もっと詳しく

方法1:サードパーティー製のバックアップソフトでWindows 11をバックアップ

Windows 11を簡単にバックアップしたい場合または、多くのデータ損失状況/システム問題に対応できるシステムバックアップを作成したい場合、サードパーティーのバックアップ&復元フリーソフト-AOMEI Backupper Standardをお勧めします。

その「システムバックアップ」でWindows 11をUSBメモリにバックアップした後、必要な時にUSBメモリから簡単に復元できます。また、このフリーソフトは次のようなメリットがあります:

  • 4つのバックアップモード:システムバックアップに加えて、ディスク/パーティション/ファイルバックアップもサポートしています。

  • 3つのバックアップ方法:フルバックアップだけでなく、増分バックアップと差分バックアップも可能です(差分バックアップはAOMEI Backupper Professionalなどの上位版で利用可能)。

  • 様々なバックアップ先に対応:USBメモリに加えて、内蔵/外付けHDD/SSD、共有フォルダ、NASなど、ほとんどのストレージデバイスに対応しています。

  • 自動バックアップ:毎日/毎週/毎月などの頻度から自動バックアップの実行を設定できます。

  • ブータブルUSBメモリの作成:Windowsを起動できない場合に、バックアップを正常に復元するためのブータブルメディア(USBメモリ/CD/DVD)を作成できます。

これから、AOMEI BackupperでWindows 11をUSBメモリにバックアップする方法をご紹介します。

その前に、まずAOMEI Backupper StandardをPCにダウンロードし、インストールします。そして、USBメモリをWindows 11のPCに接続し、PCに検出されることを確認します。

🌟注意:

このUSBメモリをブータブルメディアにしながら、システムバックアップもそこに保存したい場合、まずUSBメモリをブータブルメディアに作成してから、システムバックアップを取ってください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. AOMEI Backupper Standardを開いて、「バックアップ」→「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

2. Windows 11の起動に必要なドライブがすでに選択されます。バックアップの保存先だけを選択すればよいです。

バックアップの保存先を選択

3. 「開始」をクリックして、Windows 11をバックアップします。

開始

  • オプション:他のバックアップと区別するためのコメントを書き込んだり、システムバックアップの圧縮レベルを選択したり、バックアップ完了後の電子メール通知を設定したりすることができます。
  • スケジュール:この機能では、毎日、毎週、毎月、イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)、USB挿入の5つのモードから、自動バックアップを設定することができます。
  • バックアップスキーム:フルバックアップ、変更された部分のみバックアップする増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動クリーンアップを設定することができます。差分バックアップとバックアップの自動クリーンアップはProfessional版で利用可能です。

方法2:回復ドライブを作成することでWindows 11をUSBメモリにバックアップ

回復ドライブは、パソコンのトラブル時にシステムを元の状態に復元するためのUSBメモリです。Windowsの回復オプションやシステムファイルを含み、起動しない場合でもパソコンを修復できます。

回復ドライブを作成するには、16GB以上の容量が必要です。また、回復ドライブを作成している時、その中のデータはすべて削除されるので、あらかじめバックアップしておいてください。

1. 検索アイコンをクリックし、「回復ドライブの作成」を入力し、検索結果から「回復ドライブの作成」を選択します。

回復ドライブの作成

2. ポップアップウィンドウで、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」がチェックされていることを確認し、「次へ」をクリックします。

システムファイルを回復ドライブにバックアップします

3. USBメモリをPCに接続し、それを選択し、「次へ」を選択します。

USBメモリを選択

4. 「作成」をクリックして、回復USBメモリの作成を開始します。Windows 11を回復ドライブにバックアップするのに時間がかかる場合があるので、プロセスが完了するまでしばらくお待ちください。

作成

👀注意事項:
  • Windows 11の回復ドライブが動作しない問題が発生することがありますが、これは間違った起動モードやファイルシステムが原因である可能性があります。
  • 古いPCのほとんどはレガシーBIOSを使用していますが、Windows 10/11のような最新のPCはUEFIブートモードを使用しています。
  • BIOSブートモードはNTFSファイルシステムを必要とし、UEFI(CSM無効)はFAT32を必要とします。

この方法で対応できない場合は、次の方法を試してみてください。

方法3:ファイル履歴でWindows 11のファイルをUSBメモリにバックアップ

ファイル履歴は、Windows標準バックアップツールで、すぐに見つけて簡単に使用できるという利点があります。このツールで、ライブラリー、アドレス帳、お気に入り、およびデスクトップに保存されているファイルを外付けHDDやUSBメモリなどのリムーバブルメディアにバックアップすることができます。

以下のステップに従って、ファイルをUSBメモリにバックアップしましょう。

1. USBメモリをパソコンに接続し、パソコンに検出できることを確認します。「Windows」+「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「control」を入力し、「Enter」キーを押します。「ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存」をクリックし、「ファイル履歴」を開きます。

ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存

2. コピー先が接続されているUSBメモリかどうかを確認し、そうでない場合は、「ドライブの選択」をクリックし、USBメモリをコピー先として選択します。

3. 「オンにする」をクリックして、バックアップを開始します。

オンにする

🌟ヒント:

「詳細設定」や「除外するフォルダー」をクリックし、ニーズに応じてバックアップをカスタマイズできます。

ただし、ファイル履歴は限られた機能しか備えていません。まず、システムバックアップをサポートしていません。 また、フルバックアップのみをサポートしており、増分バックアップや差分バックアップを実行できません。

より高度なバックアップ機能を楽しむには、最初に紹介したサードパーティー製のバックアップツールをご利用ください。

Windows 11のバックアップに関するよくある質問

バックアップに使用するUSBメモリの最適な容量はどれくらいですか?
 
Windows 11のバックアップに使用するUSBメモリの最適な容量は、一般的にシステムのサイズやファイルの量によって異なります。通常は、少なくともシステムの完全なイメージを保持できる大きさが必要です。一般的には、64GB以上のUSBメモリが推奨されますが、システムのサイズやバックアップ頻度に応じて適切な容量を選択してください。
バックアップしたWindows 11を別のコンピュータに復元することは可能ですか?
 
はい、バックアップしたWindows 11を別のコンピュータに復元することは可能ですが、注意が必要です。異なるハードウェア構成のコンピュータに復元する場合、ドライバーや設定の互換性の問題が発生する可能性があります。

互換性の問題を避けたい場合、AOMEI Backupper Standardの「ユニバーサル復元」を利用して、Windows 11を復元してください。
バックアップを定期的に行うことの重要性は何ですか?
 
バックアップを定期的に行うことは非常に重要です。コンピュータのデータが失われたり、システムがクラッシュしたりする可能性があるため、定期的なバックアップはデータの安全性を保つための基本的な手段です。万が一の際に大切なデータを失わないよう、定期的なバックアップスケジュールを設定することが推奨されます。

まとめ

以上、Windows標準ツールとサードパーティー製のバックアップフリーソフト-AOMEI Backupper Standardを使用して、Windows 11でシステムまたはファイルをUSBメモリにバックアップする方法について説明しました。ニーズに応じていずれかの方法を選択することができます。

もし、最も簡単な方法を使いたいなら、AOMEI Backupper Standardの使用をお勧めします。なぜなら、このソフトを使用して、システム/ファイルをバックアップできるだけでなく、回復ドライブ(ブータブルメディア)も作成できるからです。非常に便利でしょう。

また、Windows 11のPC上のデータをコピー&ペーストのようにUSBメモリに高速に転送したいなら、その「同期」機能を使用することができます。この機能によってコピーされたデータは、復元せずに、いつでもアクセス・編集できます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

Machi
Machi· 編集者
Technology会社の編集者としてAOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品のバックアップ&復元、クローン、同期などの機能について詳しいです。IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、映画、音楽、色々なことに趣味があります。