By Machi / 最後の更新 2022年04月20日

Windows 11のファイル履歴とWindows 10のファイル履歴

ファイル履歴は、「ドキュメント」「ミュージック」「ピクチャ」「ビデオ」「デスクトップ」フォルダ内のファイルや、オフラインで利用可能なOneDriveファイルを定期的にバックアップするWindowsが標準で備える機能です。多くのユーザーが、Windows 11にアップグレードした後にファイル履歴が見つからなくなり、またはバックアップの内容をカスタマイズできないと報告しています。これは、Windows 11のファイル履歴とWindows 10のファイル履歴にいくつかの違いがあるためです。

windows 11

最も明らかな違いは、設定にファイル履歴がなくなることです。Windows 10では、「設定」と「コントロール パネル」の両方で、ファイル履歴を開くすることができます。

また、ファイル履歴はコントロールパネルにある場所も変わりました。Windows 10のファイル履歴は、「コントロール パネル」→「システムとセキュリティ」→「ファイル履歴」にあります。Windows 11では、「コントロール パネル」→「すべてのコントロール パネル項目」→「ファイル履歴」にあります。

さらに、Windows 10の「ファイル履歴」では、「フォルダの追加」オプションを使用して、Cドライブ以外のファイルをバックアップすることができますが、Windows 11にはこのオプションがありません。そのため、特定のフォルダー以外のファイルをバックアップしたい場合は、特定のフォルダーに入れなければなりません。

Windows 11でファイル履歴を有効・無効にする方法

方法 1. 「コントロール パネル」でファイル履歴を有効・無効にする

これから、「コントロール パネル」でファイル履歴を有効・無効にする方法をご紹介します。興味のある方はぜひご覧ください:

手順 1. タスクバーで検索アイコンをクリックして、「コントロール パネル」と入力し、検索結果で「コントロール パネル」をクリックします。

手順 2. 「コントロール パネル」で右上の「表示方法」の選択項目をクリックし、「大きいアイコン」または「小さいアイコン」を選択して、「すべてのコントロール パネル項目」に進みます。そして、「ファイル履歴」をクリックします。

「ファイル履歴」をクリック

手順 3. 左側のメニューにある「ドライブの選択」オプションをクリックします。次に、「オンにする」をクリックして、Windows 11のファイル履歴を有効にします。すると、システムは自動的にファイルを選択したドライブにバックアップします。

「オンにする」をクリック

★ ヒント:
ドライブを選択する際には、セキュリティを確保するために、USBドライブまたはNASを選択することをお勧めします。
「除外するフォルダー」でバックアップしたくないフォルダを除外することができます。
「詳細設定」では、バックアップの頻度や保存されたバージョンを保持する期間を設定することができます。

詳細設定

注意:ファイル履歴を無効にしたい場合は、前の手順を繰り返してこのページに移動し、「オフにする」をクリックします。

「オフにする」をクリック

方法 2. 「グループ ポリシーの編集」でファイル履歴を有効・無効にする

2つ目の方法は、「グループ ポリシーの編集」を使用して、ファイル履歴を有効または無効にする方法です。以下の手順に従ってください:

手順 1. 検索アイコンをクリックし、「grou」を入力して、検索結果で「グループポリシーの編集」を選択します。

「グループポリシーの編集」を選択

手順 2. ローカルグループポリシーエディタウィンドウで、「コンピューターの構成\管理用テンプレート\Windowsコンポーネント\ファイル履歴(Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\File History)」に移動します。

「ファイル履歴」に移動します

手順 3. 「ファイル履歴を無効にする」をダブルクリックして、設定を開きます。ファイル履歴を有効にするには、「無効」ボックスにチェックを入れ、「適用」をクリックします。

「無効」にチェックを入れる

注意:ファイル履歴を無効にしたい場合は、「有効」ボックスにチェックを入れ、「適用」をクリックします。

方法 3. 「レジストリ エディター」でファイル履歴を有効・無効にする

上記の2つの方法に加えて、「レジストリ エディター」でファイル履歴をオン・オフにすることもできます。詳細は以下の通りです:

手順 1. 「Win」キー +「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力して「レジストリ エディター」を開きます。

手順 2. 「レジストリ エディター」で、「Computer/HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows」に移動します。

手順 3. 「Windows」フォルダを右クリックし、「新規」→「キー」を選択します。新しいキーの名前を「FileHistory」とします。

「キー」を選択

手順 4. レジストリの右ペインで右クリックし、「新規」→「DWORD(32 ビット)値」を選択し、DWORDのタイトルに「Disabled」と入力します。

「Disabled」と入力

手順 5. 新しく作成した「Disabled」DWORDをダブルクリックすると、下のようなウィンドウが表示されます。ボックスに「0」を入力して「OK」をクリックすると、「ファイル履歴」が有効になります。

「0」を入力

注意:無効にしたい場合は、「1」を入力して「OK」をクリックすると、ファイル履歴が無効になります。

Windows 11向けの最高のファイル履歴の代替フリーソフト

ご覧のように、Windows 11ではファイル履歴を引き続き使用することができますが、Windows 10と比較すると、不便な点がたくさんあります。また、このバックアップツールには、Cドライブ上のファイルしかバックアップできなかったり、バックアップを圧縮できないため大容量のコピー先が必要だったりするような欠点があります。

したがって、ファイル履歴を使用してファイルをバックアップする以外に、より安心安全な代替ソフトを選択することもできます。AOMEI Backupper Standardは、操作がより簡単で、機能がより強力なプロのバックアップソフトです。このソフトは以下の利点があります:

ファイルバックアップ、パーティションバックアップ、システムバックアップ、ディスクバックアップ、4つのバックアップモードに対応しています。
毎日/毎週/毎月の間隔でファイルを自動バックアップすることができ、バックアップの実行方法もフルバックアップまたは増分バックアップ(変更された部分のみバックアップ)を選択することができます。
ターゲットディスクの容量を節約するには、圧縮レベル(なし/普通/高レベル)を設定することができます。
バックアップ方法はニーズに応じて、使用されているセクターのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」または、すべてのセクターをバックアップする「完全バックアップ」を選択することができます。
バックアップにコメントを書き込んだり、メール通知を設定したりすることができます。
内蔵/外付けハードディスク、USB、クラウドストレージ、NASなど、ほとんどのストレージデバイスに対応しています。
Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPなど、全Windows PCに対応しています。

そして、以下の手順に従って、最高のファイル履歴の代替ソフト-AOMEI Backupper Standardで簡単にファイルをバックアップしましょう:

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。そして、「バックアップ」→「ファイルバックアップ」をクリックします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

「ファイルバックアップ」をクリック

手順 2. 「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックして、バックアップしたいファイルまたはフォルダを選択します。

「フォルダを追加」をクリック

手順 3. バックアップの保存先を選択します。

保存先を選択

手順 4. 問題ないことを確認した後、「開始」をクリックします。

★ 注意:
オプション:メール通知の有効化、バックアップファイルの圧縮レベルなどを設定することができます。
スケジュール:毎日、毎週、毎月などの間隔で自動バックアップを設定することができます。USB挿入/イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)の2つより柔軟的な自動バックアップモードを利用したい場合、AOMEI Backupper Professionalへのアップグレードをご検討ください。
スキーム:フル/増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動削除を設定できます。ターゲットディスクの容量を節約したい方には、このオプションの設定がおススメです(差分バックアップとバックアップの自動削除はAOMEI Backupper Professionalで利用可能)。

まとめ

この記事では、Windows 11でファイル履歴を開く方法と、有効または無効にする3つの方法をご紹介します。Windows 11のファイル履歴は、Windows 10に比べてバックアップ機能が削減されて、Cドライブ以外にあるファイルをバックアップすることはできません。また、バックアップファイルの圧縮に対応していないため、大容量のターゲットディスクが必要になります。

もっと便利な機能を求める場合に、AOMEI Backupper Standardをお勧めします。このフリーソフトは、Cドライブにあるかどうかにかかわらず、すべてのファイルのバックアップに対応しています。バックアップファイルの圧縮もできます。また、複数のバックアップモードとスキームを提供し、ニーズに合わせて選択することができます。

Windows Serverのユーザーである場合、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。AOMEI Backupper Serverには、「PXEブートツール」という機能が搭載されています。この機能によって、ネットワーク経由でLAN内の複数台のクライアントパソコンを起動させることができます。企業ユーザーには非常に便利です。今すぐダウンロードし、体験しましょう!

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速