By Machi / 最後の更新 2021年10月28日

ユーザープロファイルとは?

ユーザープロファイル(user profile)とは、ユーザーごとにWindows設定や個人データの集まりです。ユーザーが初めてコンピューターにログオンしたときに、システムはユーザープロファイルを作成します。それ以降、ログイン時には、システムがユーザーの構成ファイルを読み込んで、ユーザー環境を構成していきます。ユーザープロファイルの設定は、各ユーザーに固有のものです。他のユーザーはこの設定にアクセスできません。あるユーザーはプロファイルを変更しても、他のユーザーには影響しません。

なぜユーザープロファイルのバックアップが必要なのか?

Windows11

一部のユーザーは、Windows 11で「User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました」というエラーメッセージが表示されたとフィードバックしました。このエラーメッセージが表示される原因はユーザープロファイルが破損しました。なぜユーザープロファイルが破損しましたか?

原因 1. Windowsの更新に失敗したり、ユーザープロファイルを含む重要なシステムファイル(特にService Packのインストール)を自動更新したりします。
原因 2. 書き込みエラー、停電、ウイルス攻撃などにより、ハードディスクのファイルシステムが破損しています。

ユーザープロファイルには重要なファイルや設定が含まれています。上記のような事態の発生や、ユーザープロファイルの消失を避けるためには、コピーを取る必要があります。

また、新しいコンピューターを購入したり、新しいHDDやSDDにWindowsを新規インストールしたりすると、新しいWindows 11コンピューターを思い通りに設定するのに時間がかかります。もしあらかじめコピーすれば、簡単に復元を実行するだけでいいです。時間と労力が節約できます。

Windows 11で簡単にユーザープロファイルをバックアップする3つの方法

ほとんどのWindowsユーザーにはユーザープロファイルが重要です。じゃあ、どうやってユーザープロファイルをバックアップしますか?ご興味のある方はぜひご覧ください。

方法1:バックアップと復元(Windows 7)を使う

バックアップと復元(Windows 7)でユーザープロファイルをバックアップする 

Windows 11でバックアップと復元(Windows 7)を使って、ユーザープロファイルをコピーすることができます。外付けHDD、ネットワークドライブなどにコピーすることをお勧めします。

手順 1. ユーザープロファイルのバックアップイメージを保存するために、外付けHDDまたはUSBをPCに接続します。

手順 2. 「スタート」→「すべてのアップ」の順にクリックします。

「すべてのアップ」をクリックする

手順 3. 「Windowsツール」をクリックします。

「Windowsツール」をクリック

手順 4. 「コントロール パネル」を選択します。

「コントロールパネル」を選択

手順 5. 「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。

「バックアップと復元(Windows 7)」を選択

手順 6. 表示される画面で「バックアップの設定」をクリックします。

「バックアップの設定」をクリック

手順 7. ユーザープロファイルのバックアップを保存する場所として外付けドライブを選択し、「次へ」をクリックして続けます。

外付けドライブを選択

手順 8. 次の画面では、「自分で選択する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

「自分で選択する」にチェックを入れる

手順 9. バックアップしたい特定のユーザーライブラリまたは作成したすべてのユーザープロファイルを選択します。ユーザープロファイルのみをバックアップしたい場合は、「次のドライブのシステム イメージを含める」のチェックを外して、「次へ」をクリックします。

「次のドライブのシステムイメージを含める」のチェックを外す

手順 10. 次の画面では、今度のバックアップの設定が表示されます。「スケジュールの変更」では、バックアップの頻度を変更することができます。問題がなければ、「設定を保存してバックアップを実行」をクリックしてバックアップを実行します。

「設定を保存してバックアップを実行」をクリック

バックアップと復元(Windows 7)でユーザープロファイルを復元する

手順 1. ユーザープロファイルをバックアップした外付けHDDをコンピュータに接続します。

手順 2. 「コントロール パネル」の「バックアップと復元(Windows 7)」をクリックします。

手順 3. 「ファイルの復元元として別のバックアップを選択します」をクリックして、Windows 11のユーザープロファイルを含むバックアップを選択し、「次へ」をクリックします。

「ファイルの復元元として別のバックアップを選択します」をクッリク」

手順 4. 「フォルダーの参照」をクリックして、「ユーザープロファイル」 フォルダーを選択します。[次へ]をクリックします。

「フォルダーの参照」をクリック

手順 5. 「元の場所」を選択し、「復元」をクリックします。

方法2:システムの詳細設定を使う

Windows 11では、「システムの詳細設定」を使ってユーザープロファイルをコピーすることができます。手順は以下の通りです:

手順 1. 「PC」を右クリックし、「設定」をクリックします。

手順 2. 「システム」→「バージョン情報」→「システムの詳細設定」の順にクリックします。

「システムの詳細設定」をクリック

手順 3. 「詳細設定」タブで「ユーザープロファイル」セクションの「設定」をクリックします。

「設定」をクリック

手順 4. 「既定のプロファイル」を選択し、「コピー先」をクリックします。

「コピー先」をクリック

手順 5. 「参照」をクリックして、ユーザープロファイルを保存されたい外付けHDDなどを選択し、「OK」をクリックします。

「参照」をクリック

方法3:プロのフリーソフト-AOMEI Backupper Standardを使う

この方法は、上記の2つの方法よりも簡単です。安心・安全なバックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Standardを使ってWindows 11のユーザープロファイルをバックアップします。このソフトウェアはたくさんのメリットがあります:

様々なファイル/フォルダ、システムを、内蔵/外付けHDD、クラウドドライブ、ネットワークロケーション、NASデバイスなどのストレージにバックアップすることができます。USBドライブへの自動バックアップを設定することもできます。
増分・差分バックアップを実行することができます。フルバックアップよりも短時間で済み、データを最新の状態に保ちます。差分バックアップはAOMEI Backupper Professionalで利用可能です。
データやシステムを別のドライブに簡単に移行することができます。このフリーソフトを使って、数回クリックするだけで、Windows 11を新しいハードドライブに移行することができます。

これから、AOMEI Backupper StandardでWindows 11のユーザープロファイルをバックアップする方法をご紹介します。

手順 1. このフリーウェアをダウンロードして、インストールします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. AOMEI Backupperを起動し、「バックアップ」をクリックし、「ファイルバックアップ」を選択します。

「ファイルバックアップ」を選択

手順 3. 「フォルダを追加」をクリックして、Windows 11の「ユーザープロファイル」フォルダを選択します。一度に複数のユーザープロファイルフォルダを選択することができます。

「フォルダを追加」を選択

手順 4. 矢印の下のボックスをクリックして、ユーザープロファイルのコピー先を選択します。

コピー先を選択

手順 5. (任意に選択)自動的に実行させたい場合は、「スケジュール」をクリックして、バックアップの頻度を設定します。確認した後、「はい」をクリックします。

「スケジュール」を設定

✭ ヒント:バックアップスキーム:ストレージ容量を節約したい場合は、このオプションを選択し、古いバックアップの自動削除を設定することができます(AB Proで利用可能)。

手順 6. 「開始」をクリックしてバックアップを実行します。

まとめ

以上は、Windows 11でユーザープロファイルをバックアップする3つの方法です。ご覧の通り、AB Standardを使う方法が最も簡単です。このソフトはバックアップだけでなく、クローン、同期、復元などの複数の機能があります。ぜひダウンロードして、使ってみてください。

何か質問があれば、コメント欄に書いてください。