By Machi / 最後の更新 2021年10月25日

ユーザー事例

「新しいハードドライブを買いました。古いハードドライブにはWindows10がインストールされているので、新しいドライブにもWindows10をインストールしたいと思っています。

古いディスクを接続して、BIOSからブートオプションを新しいディスクに変更するだけでいいのでしょうか?まずWindowsのISOファイルを含むUSBを使用してインストールする必要があると思いますが、正しいですか?USBからWindows10を新しいハードディスクにインストールする方法を教えていただけますか?お願いいたします。」

usb

そうです。Windows 10のメディア作成ツール(Media Creation Tool)を使用する場合は、まずWindows 10のISOファイルをUSBにダウンロードし、次にBIOSで起動順序を変更し、最後に新しいハードドライブにインストールします。プロのクローンソフトを使ったら、より簡単です。

Windows10を新しいハードディスクにインストールする方法

メディア作成ツールを使って、Windows ISOファイルを含む起動可能なUSBを作成し、このUSBで新しいハードドライブにWindows 10をインストールすることができます。それ以外、プロのクローンソフトを利用するという選択肢もあります。このソフトでUSBを使わずに古いハードディスクから新しいハードディスクにWindows 10をクローンすることができます。クローン後にシステムやアプリケーションを直接使用したり、必要なデータにいつでもアクセスしたりすることができます。これから、この2つの方法をご紹介します。必要に応じて選択してください。

方法 1. メディア作成ツールでUSBからHDDにWindowsをインストールする

以前は、Windows 10のISOファイルをダウンロードし、サードパーティ製のソフトウェアでDVDに書き込み、そのDVDからWindows 10をインストールしなければなりません。現在、Microsoftはメディア作成ツールを提供しています。ユーザーはこのツールを使って、インストール用のUSBを作成し、USBから新しいハードドライブにWindowsをインストールすることができます。これから、具体的な操作方法をご説明しましょう:

USBでWindows 10インストールメディアを作成する

手順 1. Windows 10メディア作成ツールをダウンロードし、開きます。

手順 2. 「別のPCのインストール メディアを作成する(USBフラッシュ ドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択します。その後、「次へ」をクリックします。

「別のPCのインストール メディアを作成する(USBフラッシュ ドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択

手順 3. 言語、エディション、およびアーキテクチャを設定します。その後、「次へ」をクリックします。

言語、エディション、およびアーキテクチャを設定

手順 4. 「USBフラッシュ ドライブ」を選択し、「次へ」をクリックします。

「USBフラッシュドライブ」を選択

手順 5. リムーバブルドライブのリストから作成したいUSBを選択して、「次へ」をクリックします。すると、Windows 10がUSBドライブにダウンロードされ、起動可能な状態になります。

作成したいUSBを選択

手順 6. ダウンロードプロセスが完了したら、「完了」をクリックして終了します。

USBから新しいハードドライブにWindows 10をインストールする

手順 1. 新しいハードドライブとUSBドライブをコンピュータに挿入します。次に、コンピュータを再起動し、「F2」または「F12」を押してBIOS設定に入ります。次に、USBドライブを最初に起動するドライブとして選択します。最後に、「F10」または「Enter」を押して終了し、コンピュータを再起動します。

BIOS

手順 2. インストールする言語、時刻と通貨の形式、キーボードまたは入力方式、キーボードの種類を設定します。その後、「次へ」をクリックします。

言語や時刻などを設定

手順 3 . 「今すぐインストール」をクリックします。

「今すぐインストール」をクリック

手順 4. プロダクトキーを入力するか、または空欄のままにして、「次へ」をクリックします。

プロダクトキーを入力

手順 5. 「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」を選択します。

カスタムを選択

手順 6. 「ドライブ0の割り当てられない領域」を選択し、「次へ」をクリックすると、新しいハードドライブにWindows 10がインストールされます。

「ドライブ0の割り当てられない領域」を選択

方法 2. USBなしで新しいHDDにWindowsをインストールする

メディア作成ツールを使用する以外に、より簡単な方法を選択することもできます。それは、AOMEI Backupper Standardという無料なクローンソフトを使用することです。Windows 10が入っているハードドライブを、USBを使わずに新しいハードドライブにクローンすることができます。クローンが完了すると、Windowsシステムとインストールされたソフトウェアを直接使用することができます。また、必要なデータにいつでもアクセスすることができます。また、以下のようなメリットがあります:

安全な起動の確保:クローンした後、クローンされたUSBドライブでコンピュータを直接起動することができます。
多様なクローンモード:システムクローン、ディスククローン、パーティションクローンの3つのクローンモードをサポートしています。
インテリジェントクローン:デフォルトで、使用されているセクタのみをクローンするので、必要に応じて、大容量HDDを小容量SSDにクローンすることができます。
複数のストレージパス:ディスクをUSBドライブ、SSD、HDDなどにクローンすることができます。
様々なシステム:Windows 11/10/8/7/XP/Vistaなどに対応しています。

クローンした後、ターゲットドライブのデータが消去されるので、クローンする前に、まずAOMEI Backupperをダウンロードして、重要なファイルやデータをバックアップしてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupper Standardを開きます。「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。

「ディスククローン」を選択

ヒント:AB Standardでは、データディスクとMBRからMBRへのクローンが楽しめます。システムディスクをGPTからGPTに、またはGPTとMBRの間でクローンしたい場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。

手順 2. 古いディスクをソースディスクとして選択します。

ソースディスクを選択

手順 3. 新しいハードディスクをターゲットディスクとして選択します。

ターゲットディスを選択

手順 4. 操作内容を確認して、「開始」をクリックします。

「開始」をクリック

★ 注意:
パーティションの編集この機能で、パーティションのサイズを変更することができます。AB Proで利用できます。
SSD 4Kアライメント:ターゲットディスクがSSDの場合、このオプションをチェックすることができます。この機能は、SSDの読み書きの速度を向上させます。これにより、USBから新しいSSDにWindowsをすばやくインストールすることができます。
セクター単位のクローンセクターが使用されているかどうかに関わらず、また、セクターが空白であったり、悪いセクターであっても、すべてのセクターをクローンします。この機能を利用するには、AB Pro以上のバージョンにアップグレードしなければなりません。

まとめ

USBからWindowsを新しいハードドライブにインストールする場合、メディア作成ツールまたはAOMEI Backupperのようなクローンツールを使用することができます。私はAOMEI Backupperのほうが好きです。なぜなら、クローンした後、クローンしたディスクを安全に起動できるからです。システム、アプリケーションを直接使用でき、コンピュータ内のすべてのデータにアクセスできます。また、大容量ディスクを小容量ディスクにクローンすることもできます。さらに、USBドライブやハードディスクだけでなく、SSDやネットワークなど、複数のストレージパスにディスクをクローンすることができます。

このソフトはHDDをSamsung SSDにクローンしたり、NVMEをNVME SSDにクローンしたりする場合にも適用します。ダウンロードして、もっと多くの機能を探索しましょう。