By Machi / 最後の更新 2022年05月09日

HP Secure Eraseとは?

HP Secure EraseHPセキュア消去)は、HPシステムセキュリティの重要な部分であり、HPユーザーの機密データを保護するために使用されます。2011年、HPはBIOSにSecure Eraseを追加しました。2009年以降に販売されたシステムは、BIOSをアップグレードしたら、Secure Erase機能を使用することができます。

HP Secure Eraseは、ディスク内のデータをDoD 5220.22-M方式で3回上書きを行います。このようにして、消去するディスク内のデータは完全に削除され、一般的に復元することはできません。

HP

なぜディスクを消去する必要があるのか?

HDDとSSDは、私たちの日常生活で最もよく使われるストレージデバイスです。古いディスクを売却・廃棄・譲渡する場合は、ディスクを安全に消去する必要があります。

ユーザーの中には、単にディスクをフォーマットする人がたくさんいるでしょう。実際には、フォーマットしてもデータの断片は残るので、プロのデータ復元ソフトでそれらのデータを簡単に復元することができます。機密データや大量のデータを保存している人にとって、ドライブをフォーマットしても、情報セキュリティを効果的に守れません。そこで、徹底的で安全な消去方式が必要です。

安全に消去されたディスクは、将来、他の人に持っても、あなたの情報が安全であることが保証できます。それに、ディスクの保存寿命を延長することができます。

HP secure eraseでディスクを消去する方法

☛ 2011年以降に販売されたHPパソコンの場合は、直接以下の手順に従ってHP Secure Eraseでディスクを消去できます。

☛ 2009年または2010年に販売されたHPパソコンの場合、HP Secure Eraseを含むBIOSにアップグレードする必要があります。

☛ 2009年以前に販売されたHPパソコンは、このツールをサポートしていません。

手順 1. HPパソコンの電源を入れるか再起動します。画面にHPロゴが表示されたら、F10を繰り返し押して、「BIOS設定」画面に入ります。

手順 2. 次に、「Security(セキュリティ)」タブを選択します。

手順 3. 「Hard Drive Utilities(ハードドライブユーティリティ)」または「Hard Drive Tools(ハードドライブツール)」を選択します。

「Hard Drive Utilities」を選択

手順 4. そして、「Secure Erase(セキュア消去)」を選択します。

「Secure Erase」を選択

手順 5. リストされたデバイスからドライブを選択します。

ドライブを選択

手順 6. この操作により、ディスク内のすべてのデータが消去されることを警告し、操作を確認して「YES(次へ)」をクリックします。

HP secure eraseの代替ツールでディスクを消去する方法

HP Secure Eraseは、ディスク消去の問題を解決するのに役立ちますが、一部のユーザーは、このツールを使用するとディスクがロックされてしまうと報告しています。ロックを解除するにはBIOSのパスワードを入力しなければなりません。もしパスワードを忘れてしまったら、HP secure eraseでディスクを消去することができません。

この時、安全・安心な代替ツール-AOMEI Backupper Professionalの使用を強くお勧めします。これを使って、ディスクだけでなく、パーティションや未割り当て領域も消去できます。HP Secure Eraseで使用されているDoD 5220.22-M方式を含む複数の消去方式に対応しています。

さらに、HP Secure Eraseのように3回上書きでドライブを消去できるだけでなく、消去回数を3~7の範囲で設定することができます。最も徹底的な消去方式を求める場合、計35回上書きのグートマン方式を選択することができます。

そのため、ドライブがロックされている場合には、この代替ツールを使ってディスクを簡単に消去することができます。詳細については、読み続けてください。

注意:ディスク消去を実行すると、ディスク内のすべてのデータが消去され、復元することが困難であるので、消去する前に、重要なファイルをバックアップしておいてください。

手順 1. AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールして、起動します。そして、「ツール」→「ディスク消去」をクリックします。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

「ディスク消去」を選択

手順 2. 「ディスクを消去」を選択し、「次へ」をクリックします。

「ディスクを消去」を選択

手順 3. 消去したいディスクを選択して、「次へ」をクリックします。

消去したいディスクを選択

手順 4. 「DoD 52220.22-M」を選択し、必要に応じて書き直しの回数を設定します。その後、「開始」をクリックします。

「DoD 52220.22-M」を選択

まとめ

この記事では、HP Secure Eraseでディスクを消去する方法を紹介しました。使用する際には、ドライブがロックされている場合があるのでご注意ください。ロックを解除するには、BIOSのパスワードを入力する必要があります。パスワードを忘れてしまった場合は、信頼できる代替ツール-AOMEI Backupper Professionalを使ってディスクを消去することができます。

このツールで消去方式を「DoD 52220.22-M」に選択したら、消去回数を3~7の範囲で設定することができます。3回を設定すれば、HP Secure Eraseと同じ結果を得ます。最も徹底した消去方式を求めるなら、35回上書きを行うグートマン方式をお勧めします。

さらに、このソフトはクローンソフトとしても優れています。OSだけをクローンしたり、GPTディスクをMBRディスクにクローンしたりすることができます。今すぐダウンロードして、より多くの機能を探索しましょう。

Windows Serverユーザーの方は、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。