By Machi / 最後の更新 2022年09月26日

ファイルやフォルダを自動的にバックアップすることが必要?

情報に支配された今日において、データのバックアップは非常に重要になっています。多くの人にとって、コンピュータの中にある多くのファイルは非常に重要なものです。一度失われると、その損失は計り知れません。

しかし、いつHDDが起動しなくなるかわからないし、ウイルス感染ブルースグリーン停電自然災害などの偶発的な出来事がコンピュータに起こることもあります。このような状況でパソコン内のファイルやフォルダが破損する可能性があるので、定期的にバックアップすることが非常に重要です。

それにしても、パソコンの中のファイルやフォルダはいつでも変更しています。フォルダを変更したり、新しいドキュメントを追加したりしたら、もう一度バックアップする必要があります。バックアップする習慣が持っていない人には、面倒だと思うかもしれません。このような場合には、自動バックアップを実行することが最善の選択です。時間を節約するだけでなく、便利性も向上します。

Windows 10でファイルやフォルダをUSBメモリに自動バックアップする方法

ファイルやフォルダをUSBメモリに自動バックアップする設定には、さまざまなメリットがあります。例えば、USBドライブがある限り、ユーザーはいつでも、どのデバイスでもドキュメントを復元することができます。USBメモリへの自動バックアップのフリーソフトをご存知でしょうか?この記事ではそのソフトを2つ紹介します。ニーズに合わせてお選びください。

方法1:「ファイル履歴」でフォルダなどをUSBに自動バックアップ

ファイル履歴は、Windows 標準バックアップツールです。ドキュメント、音楽、写真、動画、デスクトップフォルダにあるファイルと、PC上でオフラインで利用できるOneDriveのファイルのみをバックアップします。別の場所にバックアップしたいファイルやフォルダーがある場合は、これらのフォルダーのいずれかに追加する必要があります。では、どうやって「ファイル履歴」でフォルダをUSBドライブに自動バックアップするのか、これからご説明させていただきます。

手順 1. まず、USBメモリをパソコンに接続します。

手順 2. 次に、スタートメニューから「設定」を開き、「更新とセキュリティ」>「バックアップ」と進みます。(「検索」をタップして「バックアップ」と入力し、検索結果での「バックアップの設定」をクリックすることもできます。)

手順 3. そして、「ドライブの追加」の横にある「+」をクリックまたはタップして、バックアップ先としてのUSBドライブを追加します。

ドライブの追加

手順 4. 「その他のオプション」をクリックすると、バックアップの頻度や保存されたバージョンの保存期限が設定できます。さらに、そこではバックアップするフォルダも選択できます。

その他のオプション

デフォルトでは、Windows10の「ファイル履歴」は1時間ごとにフォルダの自動バックアップを実行しますが、10分ごろ・15分ごろ・20分ごろ・30分ごろ・3時間ごろ・6時間ごろ・12時間ごろまたは1日ごろなどに変更することができます。

フォイルのバックアップを実行

そして、保存されたバックアップはデフォルトで永久に保存されますが、他のオプションでもあります。例えば、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・9ヶ月・1年・2年、または領域が足らなくなるまでです。

バックアップを保持

方法2:AOMEI BackupperでフォルダなどをUSBに自動バックアップ

標準ツールのファイル履歴に加えて、AOMEI Backupper StandardというフリーソフトもWindows10のフォルダをUSBライブにバックアップすることができます。ファイル履歴と比べると、AOMEI Backupperは次のようなメリットがあります:

ファイル/フォルダだけでなく、ディスク、システム、パーティションもバックアップできます。そして、データ損失が発生した場合に、作成したバックアップを復元することで、紛失したデータを簡単に取り戻せます。また、増分バックアップに従って、自動バックアップを実行し、バックアップ先の容量を節約することができます。

では、このフリーソフトで、WindowsフォルダをUSBドライブに自動バックアップするにはどうすればいいのでしょうか?手順は次のとおりです。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2.「バックアップ」タブ >「ファイルバックアップ」をクリックします。

フォイルバックアップ

手順 3.「フォルダを追加」をクリックして、バックアップしたいフォルダを選びます。

フォルダを追加

手順 4. 2番目のバーをクリックして、保存先のパスを選択します。ポップアップウィンドウで、Windowsで認識可能なUSBドライブを選択します。

フォイルを開く

手順 5.「スケジュール」をクリックして、自動バックアップする頻度を設定します。

デイリーを選択する場合、他にもいくつかのオプションがあります。1日のうちに特定の時間を設定して、USBドライブが接続されたときにフォルダをUSBドライブにバックアップすることができます。
ウィークリーを選択する場合、月曜から日曜までの日を選択し、USBドライブへの自動バックアップを実行する時間を設定します。
マンスリーを選択する場合、1ヶ月のうち特定の時間に1回だけバックアップを実行します。

スケジュールオプション

手順 6. すべての設定が完了したら、「開始」をクリックします。

バックアップ開始

注:指定された時間にUSBドライブを接続しないと、この自動操作は正常に行われませんのでご注意ください。
ヒント:
「オプション」をクリックして、バックアップイメージの圧縮レベル、バックアップ完了後のメール通知、使用されているセクターのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」/すべてのセクターをバックアップすする「完全なバックアップ」などを設定できます。そして、バックアップの暗号化を有効にしたい場合、AOMEI Backupper Professionalはお客様の要求を満たすことができます。
「スキーム」をクリックして、フル/増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動クリーンアップを設定できます。バックアップ先に十分な空き容量があることを確保したいなら、バックアップの自動クリーンアップの有効化をお勧めします(差分バックアップとバックアップの自動クリーンアップがProfessional版で利用可能)。
USBドライブがコンピュータに接続されたときにファイルを自動的にバックアップしたい場合は、「スケジュール」の「USB挿入(Professional版で利用可能)」オプションを選んでください。
AOMEI Backupperはクラウドストレージ-AOMEI Cloudを提供しています。「クラウドバックアップ」機能で、ファイル/フォルダをAOMEI Cloudにバックアップできます。クラウドストレージは実体がないので、災害や火事などによるデータ損失を回避できます。また、インタネットがあれば、AOMEIアカウントにログインして、どこでもバックアップを復元できます。復元するにはログインが必要なので、不正アクセスを防ぎます。データの安全性を確保できます。AOMEI Cloud(1TB)は、15日間無料試用可能で、ぜひ使ってみてください。

クラウドバックアップ

まとめ

一言で言えば、データのバックアップはもう私たちの日常生活に欠かせないものになりました。大切なファイルやフォルダーが予期しない状況で破損したり紛失したりするのを防ぐためにも、少なくともWindows 10でフォルダーをUSBドライブに自動バックアップする方法を1つ習得しておきたいものです。

上記のように、2つの無料の方法はどちらも望ましい結果を得ることができます。しかし、一部の人々は、Windows10のファイル履歴が実行しないなど、データのバックアップが完了できない問題を経験する可能性があります。ご覧のように、AOMEI Backupper Standardはそのシンプルな操作と柔軟性のために推薦られたり試されたりする価値があります。また、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップなどの他の機能を楽しむこともできます。ぜひ試してみてください。