Windows 10/11で大容量SSDへSSDをクローンする方法

Windows 10/11で大容量SSDへSSDをクローンしたいですか?この記事では、容量の小さいSSDから大きいSSDへ換装する方法をご紹介します。

Comnena

By Comnena 最後の更新 2023年05月29日

共有: instagram reddit

実例:大容量SSDへSSDをクローンしたい

SSD(PNY)をより大きなサムスンSSD 850にクローンしたいと思って、そしてSamsung Magicianソフトをインストールしましたが、SSDをサポートしていません。今自分のSSD(447 MB)にリカバリパーティションがあるけど、それがどうやって来たのか全然覚えていません。

問題を起こすことなくこのパーティションをクローンすることができますか?クローンのためのもう一つの良いプログラムがありますか

-あるユーザーからの質問

SSD

大容量SSDへSSDをクローンする理由

SSDの普及に伴い、HDDをSSDに置き換える人が増えています。SSDの空き容量が不足している時に、どうすればいいですか?そういう時に、小さなSSDをより大きなSSDにアップグレードする必要があるでしょう。

一方、より大きなSSDにSSDをクローンすることは、データを格納するためのスペースを増やすだけでなく、コンピューターでの作業をスピードアップするのにも役立ちます。小容量SSDから大容量SSDへファイルをコピー&ペーストすることでファイルを転送するのに比べて、クローン作成は多くの労力と時間を節約します。さらに、オペレーティングシステムと小さなSSD上のすべてのアプリケーションが複製されるので、大きなSSDにそれらを再インストールする必要はありません。

より大容量SSDへのSSDの換装が勿論人気な選択肢です。さて、SSDを大容量SSDにクローンする方法はなんですか?

Windows 10/11でSSDクローン作成に人気なソフト

人気なディスククローンAOMEI Backupper Professionalは、Windows 10/11でSSDを大容量SSDに簡単にクローン・換装するのに役立ちます。Windows 11/10/8/7/Vista/XPなどのすべてのWindows PCオペレーティングシステムをサポートしています。

★AOMEI Backupperの主な機能:
ハードドライブ全体のクローンを作成するためのディスククローンを提供します。使用済みのセクターのみをクローンできるため、小さいドライブを大きいドライブにクローンできるだけでなく、大きいドライブを小さいドライブにクローンすることもできます。
特定のパーティションのクローンを作成するためのパーティションクローンを提供します。NTFSパーティション、FAT32パーティション、exFATパーティションなどをクローンできます。
クローンしたSSDの読み取りおよび書き込み速度を最適化するためにパーティションを整列できる「SSD 4Kアライメント」と呼ばれるオプションを提供します。
Samsung/PNY/WD SSD、SATA/M.2 NVMe SSDを含む、ほぼすべての一般的なSSDブランドまたはモデルをサポートしているため、異なる種類のSSD間のクローン作成について心配する必要はありません。

試してみませんか?次のパートでは、AOMEI Backupperを使用して、Windows10/11で小容量SSDを大容量SSDにクローンする詳細な手順を学びます。

Windows 10/11で大容量SSDへSSDをクローンする方法

コピー先のSSDはクローン作成中に上書きされるので、重要なデータがある場合はクローン作成前にディスクバックアップを実行してください。そして、以下の手順に従ってください:

手順 1. ターゲットSSDをコンピューターに接続し、検出されていることを確認します。 AOMEI Backupperをダウンロード、インストール、実行してください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 左ペインの「クローン」をクリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 3. クローン元の小容量SSDをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

手順 4. コンピューターに接続した大容量SSDをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

タイゲットディスクを選択

手順 5. (オプション)「操作概要」ページで、「パーティションを編集」をクリックし、「パーティションのサイズを手動で変更」または「各パーティションに未使用領域を追加」の2つオプションから、パーティションのサイズを調整します。こうすれば、クローン完了後、大容量SSDに使えない未割り当て領域がないことを確保できます。

パーティションを編集

手順 6. 「SSD 4Kアライメント」を選択して、「開始」をクリックします。

開始

手順 7. クローンプロセスが終了するまで待ちます。コンピューターを再起動したら、SSDを大容量SSDにクローンすることは終了しました。

注意:手順6で「セクタ単位のクローン」にチェックを入れると、AOMEI Backupperは使用されているかどうかにかかわらず、クローン元のSSDのすべてのセクタをクローンし、「パーティションを編集」が使用できなくなります。OSをSSDにのみクローンする場合は、システムクローン機能を使用してください。

大容量SSDへSSDのクローンを作成した後、起動順序を変更(大容量SSDを1番目のオプションとして設定)、または物理的に古いSSDを新しい大容量SSDと交換し、大容量SSDから起動するようにしてください。

bios

終わりに

AOMEI Backupperは、Windows 10/11で大容量SSDにSSDをクローンするための人気なソフトです。SSDクローンに加えて、AOMEI Backupperを使用すると、リアルタイムでファイルおよびフォルダを同期し、Windows 11を外付けHDDにバックアップすることもできます。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。

Comnena
Comnena· 編集者
Comnenaは、AOMEI Technology会社の編集者として長年AOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品のバックアップ&復元、クローン、同期などの機能について詳しいです。 IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、アニメ、音楽、色々なことに趣味があります。