By Comnena / 最後の更新 2021年04月02日

新しいSSDにWindows 10 OSをインストールするにはどうすればよいですか?

新しいSSDにWindows 10 OSのクリーンインストールを実行し、SSDをブートドライブにします。古いWD 1T HDDをストレージドライブとして保持したいと思います。

古いHDDからWindows 10 OSを抽出するための最良/最も簡単な手順は何ですか?OSファイルを正しく識別する方法がわからない。

--実例

ssd os インストール

Windows 10をSSDにインストールする利点

現在、多くのユーザーは、SSD上のWindows 10をアップグレードするか、Windowsがインストールされた古いHDDをアップグレードしてWindows 10をSSDに再インストールしたいと考えています。これは、SSDが、起動速度の高速化、読み取りと書き込みの速度などのパフォーマンスの向上で高い評価を得ているためです。

新しいSSDにオペレーティングシステムをインストールした後、コンピュータの起動が速くなり、インストールされた複数のプログラムが同時にスムーズに実行されるように感じることができます。より速い転送速度が必要ですか?躊躇しないで、そして行ってもいいです。

Windows 10をSSDにインストールする方法

SSDにWindows10をインストールする方法は?これは多くのユーザーにとって疑問かもしれません。したがって、ここでは、準備に必要なすべてのことを説明し、新しいSSDにOSをインストールするためのすべての詳細な手順を説明します。

一般的に、SSDにWindows 10をインストールするには2つの方法があります。SSDにWindows 10をクリーンインストールしたい場合は、方法1を参照して詳細を確認できます。または、Windows 10でHDDをSSDにクローンする場合は、方法2が最適です。

方法1:インストールディスクを使用してSSDにWindows10を再インストールします

クリーンインストールでは、最初に起動したコンピューターと同じように、まったく新しいオペレーティングシステムが提供されます。これには、製造元によってすべてのブロートウェアがインストールされているだけです。また、このプロセスにより、インストール中に現在のWindowsオペレーティングシステムとユーザーファイルが削除されます。

また、システムのハードディスク上のすべての個人データが消去されます。事前にWindows 10を外付けHDDまたはUSBドライブにバックアップできます。この方法では、コンピューターを起動するためにCDまたはUSBドライブが必要です。CDまたはUSBなしでSSDにWindows10をインストールする場合、またはデータとプログラムをそのまま保持する場合は、方法2を参照してWindows10をHDDからSSDに移動できます。

Windows 10をSSDにクリーンインストールするには、以下の手順に従います。

ステップ 1. まず、Windows 10メディア作成のツールをダウンロードする必要があります。これは、USBドライブまたはCDのいずれかにWindows 10用の新規で正しいインストールパッケージを作成するのに役立ちます。起動し、「他のPC用にインストールメディアを作る」オプションを選択し、ウィザードに従ってインストールメディアを作成します。

インストールメディアを作成する

ステップ 2. Windows 10のインストールメディアを作成したら、インストールディスクをコンピュータに接続します。コンピュータをシャットダウンし、ケースを開き、HDDを取り出して、SSDをドライブベイに挿入します。

ステップ 3. 指定されたキー(通常はF2やF12)を押し、コンピュータは、インストールディスクからブートするようにBIOSで起動し、起動順序を変更するために起動します。

ステップ 4. 読み込まれたら、言語とその他の設定を選択し、今すぐインストールをクリックします。

ステップ 5. プロダクトキーを入力するように求められたら、それを入力します。または、Windowsのインストールが完了した後に、それをスキップしてアクティブ化してください。

ステップ 6. Windows 10のインストールタイプを選択するように求められたら、「カスタム:Windowsのみをインストールする」をクリックします。

クリーンインストール

ステップ 7. SSDでパーティションを選択してWindowsをインストールし、「次へ」をクリックします。プロセスが終了するまで待ち、必要に応じてプリファレンスを設定します。

Windows 10をSSDにインストールする

※ノート:Windows 7/8からWindows 10にアップグレードする場合も、新しいSSDにクリーンインストールを行う場合も、Windowsをアクティブ化するためにプロダクトキーを購入する必要があります。SSDに既にWindows 10がインストールされている場合は、次のステップにスキップして、Windows 10を新規インストール後にアクティブにします。

方法2:データを失うことなくHDDからSSDにWindows10をインストールします

クリーンインストールWindows10は、コンピューター上のすべてのデータを消去します。その上、それは時間と手間がかかります。CDまたはUSBドライブなしで新しいSSDをWindows10に追加する簡単な方法が必要な場合は、信頼性の高いサードパーティクローンソフトウェアであるAOMEI Backupper Professionalを使用できます。

AOMEI Backupper Professionalはオールインワンの個人用Windowsクローンソフトウェアです。バックアップ、復元、およびクローン機能を組み合わせています。システムクローン機能により、古いHDDから新しいSSDにOSだけを移行することができます。それは大きいHDDからより小さなSSDにクローンを作ることを可能にします。また、MBRディスクからGPTディスクへのクローニングも可能です。

Windows 10でOSをSSDに移行するための準備:
✦ SSDをドライブベイに挿入し、検出できることを確認します。ラップトップ内にディスクを追加するための余分なスペースがない場合は、SATA-USB変換ケーブルを介してSSDをインストールする必要がある場合があります。2番目のドライブベイもSATA-USB変換ケーブルもない場合は、「システムバックアップ」機能を使用してシステムイメージを作成し、それをSSDに復元できます。
✦ AOMEI Backupper Professionalをインストールして起動します。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

CD/DVDなしでSSDにWindows10をインストールするには、次の手順を使用します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Proのメインインターフェイスで、「クローン」→「システムクローン」を選択しクリックしてください。

システムクローン

ステップ 2. プログラムは自動的にソースパーティションを選択するように設計されています。ここでは、クローニングシステムの新しい場所としてSSDを選択し、「次へ」をクリックして続行するだけです。

クローン先

ステップ 3. 操作を確認し、「SSD 4Kアライメント」にチェックマークを付けてSSDのパフォーマンスを高速化し、「開始」をクリックします。

開始

※ヒント:
✦ 「セクター単位のクローン」には、ソースディスクと同じかそれ以上のサイズのターゲットディスクが必要です。
✦ システムのクローンが完了したら、コンピュータをシャットダウンします。次に、ソースディスクを切断し、コピー先ディスクをソースディスクのソケットに接続します。ソースディスクは、セカンダリストレージデバイスとして別のソケットに差し込むことができます。
✦ データパーティションと共にシステムドライブをSSDまたは別のハードディスクにクローンしたい場合は、ディスククローン機能を使用できます。

新しいSSDから起動します

システムクローンが終了したら、コンピューターをシャットダウンします。次に、ソースディスクを切断し、ターゲットディスクをソースディスクのソケットに接続します。ソースディスクは、セカンダリストレージデバイスとして別のソケットに差し込むことができます。

次に、コンピュータを再起動し、初期画面で特定のキー(例:DelF2ESC)を押してBIOSに入り、「Boot」タブに移動して最初のブートオプションを新しいSSDに変更し、最後に「F10」を押して変更を保存してコンピュータを起動します。

新しいSSDから起動

SSDにWindows10をインストールできません

「このディスクにWindowsをインストールできません。選択されたディスクはGPTのパーティションスの形式ではありません」、「このディスクにWindowsをインストールできません。このコンピュータのハードウェアでは、このディスクの起動がサポートされていない可能性があります」などのエラーメッセージが表示されることがあります。インストールメディアを使用して、ラップトップまたはデスクトップのWindows10にSSDを再インストールします。SSDにWindows10をインストールできないのはなぜですか?それを解決する方法は?

このディスクにWindowsをインストールできません

最初のエラーは、間違ったブートモードが原因である可能性があります。お使いのコンピューターは、レガシーBIOSとUEFIブートの両方ではなく、レガシーBIOSのみをサポートし、従来のBIOSはMBRディスクからのみ起動できるため、MBRを備えた2台目のHDDにのみWindows10をインストールできます。これを解決するには、最初にMBRをGPTに変換するか、パーティションスタイルを変換せずにMBRディスクからGPTへのクローン作成をサポートするディスククローン作成ソフトウェアを使用することを検討してください。

2番目のエラーについては、2つの理由が考えられます。まず、コンピュータでハードディスク保護が有効になっています。次に、SATAコントローラーモードが正しく設定されていませんでした。この問題を解決するには、仕様を読み、問題の原因がハードディスク保護であるかどうかを確認する必要があります。もしそうなら、それを削除してください。そうでない場合は、BIOSでコントローラーモードを変更してください。BIOSにAHCIが表示されている場合は、IDEに変更するだけです。

結論

まとめると、WindowsをSSDにインストールするには、クリーンストールとシステムクローンの2つの方法があります。AOMEI Backupperを使用してシステムをSSDにクローンすると、多くの時間と労力を節約できます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。