By Akira / 最後の更新 2022年11月08日

Windows 11の新機能について

Microsoftは2021年6月28日、Windows Insider Preview向けに「Windows 11(ビルド22000.51)」の提供を開始しました。いくつかの機能はまだ実装されていないが、新しいUIなどのWindows 11の世界を体験することができます。では、変更された機能は何ですか?

Windows 11

  • 1. インターフェースのデザインとユーザー操作が完全に変更されました。スタートボタン、タスクバー、フォント、またはアイコンは完全に最適化および調整されており、見やすくなっています。

  • 2. 新しい連絡先情報です。ユーザーは、iOS、Android、またはWindowsプラットフォームとデバイスで、さまざまな通信方法を介して連絡先と通信できます。

  • 3. DirectX 12 Ultimateは、新しいフレームレートで異なるゲーム体験を提供できます。また、DirectStorageを使用すると、ゲームをより速くスムーズに実行できます。

  • 4. Microsoft Storeは包括的に改善されており、ユーザーはさまざまなプログラム、ゲーム、映画、およびTVを直接適用できます。同時に、Androidはシステムに直接適用できます。

Windows 11をSSDにインストールする理由

Windowsシステムのアップデートにより、多くのユーザーがWindows 11をインストールします。HDDにインストールする場合と比較して、SSDにWindows 11をインストールすることをお勧めします。主な理由は次のとおりです

>>これにより、システムの起動速度が大幅に向上し、時間が数分から10秒に短縮されます。
>>実行時にWindowsのシステム全体を高速化することもできます。

次に、Windows 11のシステムを別のHDDにインストールする2つの方法を紹介します。

Windows 11をSSDにインストールする方法

ここでは、Windows 11をSSDにインストールする2つの方法が提供されています。SSDにWindows 11をクリーンインストールする場合は、方法1を参照できます。Windows 11でHDDをSSDにクローンする場合は、方法2を選択できます。

1. WindowsインストールメディアでWindows 11をSSDにインストール

OSのクリーンインストールを実行すると、すべての個人データ、ファイル、およびアプリケーションを含め、以前にインストールしたすべてのソフトウェアバージョンが削除されます。したがって、事前にすべてのデータをバックアップしておくことをお勧めします。

Windows 11をSSDにクリーンインストールするには、次の手順に従います:

手順 1. Windows 11インストールメディアを開くか、ダウンロードしたWindows 11 ISOファイルからコンピューターを起動できます。

手順 2. 言語やその他の設定を選択し、「次へ」をクリックします。次に、「今すぐインストール」をクリックします。

言語

手順 3. Windowsをアクティブ化するように求められます。Windowsを再インストールする場合は、プロダクトキーを入力するか、「プロダクトキーがありません」をクリックしてください。

手順 4. 次に、インストールするOSのいずれかを選択し、「次へ」をクリックします。

オペレーティングシステム

手順 5. ライセンス条項に同意し、「次へ」をクリックします。次に、「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」を選択します。

カスタム

手順 6. SSDを選択し、「次へ」をクリックします。インストールプロセスが完了するのを待ちます。

ターゲットディスク

手順 7. 国/地域、キーボードレイアウト、およびその他の情報を選択してから、アカウントを追加してプライバシー設定を選択します。その後、SSDでWindows11を実行できます。

2. AOMEI Backupper ProfessionalでWindows11をSSDに移行

Windows 11を新規インストールすることでコンピューター上のすべてのデータが削除された場合は、Windows 11をSSDにインストールするためのより安全な方法を試すことができます。信頼できるサードパーティソフトウェア--AOMEI Backupper Professionalをお勧めします。これは、さまざまなユーザーのニーズを満たすための「ディスククローン」、「システムクローン」、「パーティションクローン」を含む、Windows 7/8/10/11用のクローン作成ソフトウェアです。

♥システムクローンの機能を使用すると、C:ドライブのみをSSDに簡単にクローンできます。これは、Windows 11をSSDにインストールする場合に特に便利です。
♥ディスククローンの機能を使用すると、HDD全体をSSDにクローンできます。コンピューターのパフォーマンスを向上させるために、古いHDDから新しいSSDにすべてのデータを移行すると、非常に便利です。

Windows 11をSSDにインストールするには、以下の手順に従います:

まず、SSDをコンピューターに接続する必要があります。

デスクトップパソコンである場合、ドライブベイに余裕がある(一般的に2つ以上のドライブベイはある)ため、ハードディスク複数台搭載可能です。電源ケーブルとSATAケーブルでクローン先のSSDをパソコンに取り付けて、OSから新しいSSDへ直接クローンすることができます。システムクローン後に、クローンしたSSDからWindows 11/10/8/7が正常に起動できます。

取り付ける

ノートパソコンである場合、一般的に1つのドライブベイだけがあるため、外部からUSB-SATA変換アダプターでSSDをパソコンに接続する必要があります。システムクローンが完了した後、クローン先のSSDからWindows 11/10/8/7を正常起動できます。もちろん、お使いのノートパソコンにもう1つのドライブベイがあるなら、2台目のHDDやSSDを直接に取り付けることもできます。

接続

※ヒント:クローン先のSSDを取り付けるために、ネジ回しなどのドライバーも必要です。

手順 1. AOMEI Backupper Professionalをダウンロードしてインストールし、開きます。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「クローン」をクリックして、「システムクローン」を選択します。ディスク全体のクローンを作成する場合は、代わりに「ディスククローン」をクリックします。

システムクローン

手順 3. このソフトウェアは、システムパーティションをソースパーティションとして自動的に選択します。したがって、SSDをターゲットパーティションとして選択し、「次へ」をクリックして続行します。

ターゲットパーティション

手順 4. ソースパーティションとターゲットパーティションを確認したら、「SSD 4Kアライメント」にチェックマークを付けてSSDのパフォーマンスを最適化し、「開始」をクリックしてシステムクローンの進行を開始します。

ヒント:
セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、システムパーティション上のすべてのセクターのクローンが作成されます。これには時間がかかります。
パーティションを編集:ディスクのクローン作成を実行する場合は、これを使用して、パーティションサイズの変更、未割り当て領域の割り当て、ドライブ文字の割り当てなどを行うことができます。

開始

手順 5. クローンが正常に作成されたら、コンピューターをシャットダウンし、コンピューターからソースドライブを取り外し、SSDを取り付けてから、コンピューターを再起動します。BIOS/UEFI設定を入り、新しく交換したSSDが最初の起動可能なデバイスであることを確認します。

ブートデバイス

まとめ

この記事では、Windows11をSSDにインストールする2つの方法を提供します。AOMEI Backupper Professionalを使用すると、システムとすべてのデータをSSDに移行することができます。ソフトウェアを再インストールしたり、データをコピーしたりする必要はありません。

また、AOMEI Backupperは、クローンソフトウェアであるだけでなく、強力なバックアップおよび復元ソフトウェアでもあります。これは、ユーザーがWindows 11を外付けHDDにバックアップしたり、イベントによってトリガーされるスケジュールバックアップを作成したり、異なるハードウェアへのユニバーサル復元を実行したりするのに役立ちます。ぜひダウンロードしてお試してみましょう~