Windows 7/8/10で破損ファイルを修復する方法

この記事では、Windows 7/8/10で破損したファイルを修復する方法を説明します。また、壊れたファイルを保護するための追加のヒントも提供します。

破損ファイルについて

破損したファイルは、突然動作不能または使用不能になるコンピュータファイルです。

実際、システム上のすべてのファイルは特定の構造と内容を持っています。したがって、適切な情報がファイルの右側にある場合は、正常に動作します。しかし、誤った情報がファイルに書き込まれたり、正しい情報が間違った場所に書き込まれたりすると、データが文字化けしてスクランブルされ、破損したファイルになります。

一般に、破損したファイルは開こうとするとエラーメッセージが表示されたり、表示されません。しかし、元のプログラムには影響しません。つまり、破損したエクセルファイルがあっても、エクセルファイルを開き、エクセルを通常通り使用することができます。

ファイルが破損する原因

何が間違っていても、それには理由があります。 以下を参照して、破損したファイルの理由を確認してください。

  • 1. 保存中にファイルが破損しました。たとえば、ファイルを保存するときにコンピュータの電源が切れたり、クラッシュしたりすると、ファイルが破損する可能性があります。

  • 2. HDDまたはその他のストレージデバイスが不良セクタあります。

  • 3. HDDやその他のストレージデバイス上でウイルスやマルウェアがあります。

  • 4. コンピュータに予期しないシャットダウンまたは不正なアップデートします。

Windows 7/8/10で破損ファイルを修復する方法

方法 1. Windows組み込みツールを使用して不良セクタを修正する

Windows 7ユーザーの場合:

  • 手順 1. HDDのプロパティウィンドウに移動します。コンピュータを開き、不良セクタをチェックするHDDを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

  • 手順 2. 「プロパティ」ウィンドウの「ツール」をクリックします。

  • 手順 3. 「チェックする」セクションをクリックします。

  • 手順 4. 不良セクタをスキャンして回復させ、「開始」を押します。WIn7プロパティ

  • 手順 5. チェックディスクレポートを確認します。

Windows 10ユーザーの場合:

  • 手順 1. HDDのプロパティウィンドウに移動します。「このPC」を開き、システムドライブを右クリックして「プロパティ」を選択します。

  • 手順 2. このウィンドウの「ツール」タブをクリックします。

  • 手順 3. エラーチェックの下にあるチェックオプションをクリックします。

  • 手順 4. スキャン結果を確認し、「スキャンしてドライブを修復」をクリックします。

  • 手順 5. ファイルシステムを修復する時期を選択します。

  • 手順 6. 最終的な結果を待ちます。

方法 2. CMDを使用して破損したシステムファイルを修正する

一部のユーザーは、コマンドプロンプトを使用するように添付されています。今日は、Windows 7/8/10で破損したdllファイルをSFCを使って修正する方法を紹介します。

  • 手順 1. 検索ボックスに「cmd」と入力し、右クリックして「管理者として実行」を選択します。

  • 手順 2. コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

    sfc/scannowSFC

  • 手順 3. 操作を完了するまで少し待ってください。


スキャンした後、次のいずれかのメッセージが表示されます。

●1. Windowsリソース保護は整合性違反を検出しませんでした。このメッセージは、システムファイルが見つからないか破損していないことを示します。
●2. Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした。このメッセージは、セーフモードでSFCコマンドを実行し、PendingDeletesおよびPendingRenamesフォルダが%WinDir%¥\WinSxS¥Tempに存在することを確認する必要があることを示しています。
●3. Windowsリソース保護により、破損したファイルが検出され、正常に修復されました。
●4. Windowsリソース保護は破損したファイルを検出しましたが、一部のファイルを修復できませんでした。このメッセージは、破損したファイルを見つけ、手動で置き換える必要があることを意味します。

詳細を表示するには、CBS.Log %WinDir%¥Logs¥CBS¥CBS.logに移動します。

システムファイルを保護するには

上記の方法は、破損したファイルを修復するのに役立ちます。しかし、一部の破損したファイルを修正することはできません。

確かに、事前にファイルバックアップを作成する必要があります。 安全な場所に保存する限り、いつでもバックアップからファイルを復元できます。

バックアップを作成するには、信頼性の高いファイルバックアップソフトが必要です。AOMEI Backupperを無料でお勧めします。これにより、すべての種類のファイルを労力なくバックアップできます。毎日、毎週、毎月のバックアップモードが提供されます。外付けドライブ、USBドライブ、NAS、ネットワーク共有へのファイル同期も可能です。さらに自動的に特定のファイル拡張子でファイルをバックアップしたり、特定のフォルダをフィルタ処理したり、大きなファイルをバックアップしたりすることもできます。

また、処理中にファイルを指定されたレベルに圧縮できます。特定の時点でスケジュールバックアップを設定できます。また、増分バックアップまたは差分バックアップを使用して、変更されたファイルのみをバックアップすることもできます。ディスクスペースをより効率的に節約するために、そのアドバンストエディションで提供されているバックアップスキームを使用して、ファイルのバックアップを定期的に削除することができます。

こちらからダウンロード

  • 手順 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして起動します。

  • 手順 2.バックアップ」の「ファイルバックアップ」をクリックします。ファイルバックアップ

  • 手順 3. バックアップしたいファイル(フォルダ)を選択します。「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックし、ファイルまたはフォルダのパスを選択することができます。ファイルとフォルダ

  • 手順 4. バックアップの保存先パスを設定し、「開始」をクリックします。パス

これまでWindows 7/8/10で破損したファイルを修復する方法を説明しましたけど、すべての破損したファイルを修復できるとは言えません。

最高なファイル保護方法は、バックアップです。重要なデータがある場合は、必ず油断をしないで、今すぐバックアップしなければなりません。