By Machi / 最後の更新 2022年03月08日

なぜクローンソフトが必要なのか?

 

操作が最も簡単なWindows 11対応のクローンフリーソフトは何ですか?

東芝のSATAのハードディスクを、新しいWDのSATAにクローンしたいと思っています。無料版のMacrium Reflectを使ってみましたが、クローンが7~8%に進んだ時、失敗したと表示されました。ソースドライブの読み込みが許可されていませんでした。SATA用の操作が最も簡単なクローンフリーソフトを教えてもらえませんか?

- 掲示板からの質問

Windows11がリリースされて以来、多くのユーザーが無料のクローンソフトを探しています。その中には、HDDを新しいコンピュータに移動して、コンピュータ上のディスクをバックアップしようとする人もいます。また、古いHDDをSSDに交換したり、ストレージ容量を増やすためにHDDをアップグレードしたりすることなど、さまざまな理由で元のHDDを別のHDDにデータを転送したい人もいます。

クローン

さらに重要なことは、ハードディスク上のすべてのファイルとデータをクローンしたら、より効果的に保存できます。クローンには、OS、システムファイル、パスワードなどあらゆる種類のデータが含まれます。すべてのファイルを手動でコピーすることでも、ファイルをバックアップすることができますが、この方式でシステムの環境設定や構成などをコピーするには不十分です。そのため、プロのクローンソフトを使用してデータを守ることが強く推奨します。

Windows 11でハードディスクをクローンする最高のフリーソフト

市販のクローンソフトはたくさんあります。ここで、信頼できるクローンフリーソフト-AOMEI Backupper Standardをお勧めします。このソフトを使って、パソコンにあるすべてのもの(OS、アプリ、ファイルなど)をコピーすることができます。OSを再インストールする手間を省き、システムを元の設定に手動で再設定する必要もなく、時間と労力を節約することができます。では、なぜAOMEI Backupperは多くのソフトの中で際立っているのでしょうか?

HDD、SATA SSD、NVMe M.2 SSD、USB、SDカードなど、様々なストレージデバイスをサポートします。
Windows 11/10/8.1/8/7/XP/VistaなどのOSに対応しています。
全メーカーと全種類のSSDをクローンすることができます。WD SSDやKingston SSDなどへのデータ転送に使用することができます。
異なる容量のハードドライブ間のクローンが作成することができます(大容量から小容量、またはその逆)。「インテリジェントクローン」機能で、使用されているセクターだけをクローンします。容量を節約することができます。
「SSD 4Kアライメント」機能はターゲットSSDの性能を向上させ、寿命を延ばすことができます。

AOMEI Backupper StandardはWindows PCユーザーに無料で提供されて、バンドルされているアドウェアがありません。それに、より速いクローンの速度も楽しめます。今すぐダウンロードして、その強力な機能を体験しましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

次の部分から、Windows 11でハードドライブをクローンする方法をご案内します。

AOMEI BackupperでWindows 11をSSDにクローンする方法

この部分では、AOMEI Backupper Standardを使用してWindows 11をSSDにクローンする方法をご説明します。クローンを開始する前に、いくつかの準備作業を行う必要があります。

クローンする前の準備作業

デスクトップパソコンを使用する場合:

手順 1. コンピュータをシャットダウンし、電源を切ります。コンピュータのタワーケースの側面を開き、内部のハードウェアと配線を露出させます。

タワーケースの側面を開く

手順 2. SSDに電源ケーブルとSATA ケーブルを挿します。その後、コンピュータのケースを閉じて再起動します。

SSDに電源ケーブルとSATAケーブルを挿す

ノートパソコンを使用する場合:

ノートパソコンでは、SATA-USB変換ケーブルのようなものを購入する必要があります。これを使えば、USB経由でハードディスクをノートパソコンに接続することができます。

注意:ターゲットディスクとしてのSSDには、重要なデータがある場合、あらかじめファイルをバックアップしてください。なぜなら、クローンした後、コピー先のデータは全て削除されるからです。SSDが新品の場合は、「ディスクの管理」でSSDを初期化してください。

Windows 11をSSDにクローンする

手順 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして起動します。左パネルの「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローンを選択

ヒント:
システムだけをクローンしたいなら、「システムクローン」機能をご利用ください(AOMEI Backupper Professionalで利用可能)。
AB Stdはデータディスク間でのクローン、MBRからMBRへのシステムディスクのクローンをサポートしますが、システムディスクをMBRからGPTへ、GPTからMBRへ、またはGPTからGPTへクローンしたい場合、AB Proにアップグレードしてください。

手順 2. Windows 11が含まれているハードディスクをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

手順 3. SSDをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択

手順 4. 「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れ、SSDの書き込み/読み取り速度を向上させます。問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始をクリック

セクター単位のクローン:デフォルトでは、AOMEI Backupperは使用済みのセクターだけをクローンします。このオプションをチェックを入れると、使用されているかどうかに関わらず、ソースディスクのすべてのセクターがクローンされます。

クローンしたSSDから安全に起動する

手順 1. クローンしたハードディスクをコンピュータに取り付けます。

手順 2. メーカーによって、特定のキー(通常はF2、F8、F12、Del)を押して「BIOSセットアップ」に入り、「Boot(ブート)」タブでクローンされたSSDを最初に起動するドライブとして設定し、「F10」を押して、変更を保存し、「Boot」を終了します。

BIOS

注意:MBRとGPTの間でシステムをクローンした場合、ブートモードを変更する必要があります。MBRはレガシーBIOSで動作し、GPTはUEFIで動作します。ブートモードを変更するには、起動時にBIOSに入り、ブートモード(通常「Boot」タブで)を「Legacy(レガシー)」または「UEFI」に変更する必要があります。

ブートモード

まとめ

これは今回ご紹介した無料のWindows 11クローンソフト-AOMEI Backupper Standardです。ご覧のように、そのUIデサントがシンプルでわかりやすく、操作もやすくて、初心者でも手軽に使用できます。

このソフトはクローンだけではなく、バックアップ、復元、同期など様々な機能が備えます。例えば、バックアップ機能を使ってユーザープロファイルをバックアップして、新しいコンピュータやシステムに復元します。長い時間をかけて新しいWindows 11を再カスタマイズするとこが必要ありません。また、WinPEブータブルUSBを作成して、他のPCにWindows 11イメージを展開することができます。コンピュータが起動しない場合または、起動しても問題が発生する場合、その起動可能なメディアからコンピュータを起動して問題を修復することもできます。

Windows Serverユーザーの方は、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。今すぐダウンロードして使ってみましょう。

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速