By Comnena / 最後の更新 2022年01月07日

HDDからWD SSDにデータを移行したい

今のHDDが小さすぎるので、全てのデータをHDDからSSDに移行したいです。だから、先日Western Digital Black 1TB SSDを購入しました。そうすると、HDDが2番目のストレージデバイスにしました。この時、SSD移行ソフトウェアを使用する必要があることがわかっています。

実には、その通りにしましたけど、HDDからWD Black SSDドライブにデータを移行しようとしていたときに問題が発生しているようです。どうすればいいですか?助けで。

- YAHOOユーザから

Western Digital SSDについて

Western Digital SSD

Western Digitalは、WDとも略され、アメリカのコンピュータデータストレージ企業であり、1970年4月23日に設立された世界有数の有名なコンピュータハードディスクドライブメーカーです。HDD、SSDなどのハードディスクも世界中で人気があります。Western Digital SSDの代表的な製品には、WD Black2 Dual Drive、WD Blue 1TB内蔵SSDソリッドステートドライブ、WD green SSDなどがあります。

SSDドライブは、従来のハードディスク(HDD)よりも読み書きのスピードが速く、消費が少ないなどの特殊な特性のため、信頼性が高くなっています。一般に、Cドライブで空き容量を増やすためにOSを移行したり、すべてのデータをWestern Digital SSDドライブに転送しSSD移行て優れたパフォーマンスを得ることができます。Windows 7/8/10/11でSSDへ移行する方法は?

Western Digital SSD移行ツールとその制限

一般的に、多くのSSDドライブにはSSDクローンソフトが付属しています。例えば、Samsung Data Migration、Seagate DiscWizard、Intel® Data Migration Software、NTI Echo cloning softwareなどです。実のところ、Western Digital (WD)はクローンソフトを付属しておらず、まずWDのサイトからWD SSD移行ソフトをダウンロードしなければならず、これらのWestern Digital SSD移行ソフトが含まれています。

WD Backup:Windows Vista、7、8.1、および10のプライマリストレージとして、WDドライブにデータをバックアップします。
Acronis True Image WD Edition:Windows 7、8、8.1、10用のデータ損失を防ぐために、データのバックアップとクローンを作成します。コンピュータに少なくとも1台のWDハードディスクをインストールしてからこのプログラムを実行しないと、「Acronis True Image WD Editionをインストールして実行するには、少なくとも1台のWDハードディスクドライブがシステムに設置されている必要があります。」というエラーが表示されます。

しかし、これらのWD SSD移行ツールを使用すると、次の状況が発生する場合があります。

Acronis True Image WD Edition で Western Digital SSD のクローンを実行すると、クローンが機能しない
バックアップ中にWD Backupが動作しないことがある、またはWD Backupが0に留まり、バックアップタスクも失敗する

 上記のWD SSDクローンソフトでHDDをWestern Digital SSDに移行するのはとても悔しいです。一番良いWD移行ツールは何ですか?Windows 7、8、10、11でHDDからWD SSDに簡単にデータを移行する方法は?

ベストなWestern Digital (WD) SSD移行ソフト

最高のWestern Digital SSD移行ツール - AOMEI Backupper Professionalはあなたの最良の選択かもしれません。Windows XP、Vista、7、8、8.1、10、11(すべてのエディション、32ビットと64ビット)と互換性があります。

その包括的な機能、強力な実行力と優れたパフォーマンスにより、世界中の多くのユーザーから高く評価されています。他のWDデータ移行ソフトウェアと比較して、より信頼性が高く、より使いやすいです。このWD SSDクローンソフトウェアを利用して、次のことができます。

Windows 7/8/10/11 OS、インストールされたプログラム、設定などを再インストールすることなく、OSをWD SSDに移行することができます。
HDD全体、または選択したパーティションを転送できます。インテリジェントクローンオプションを利用して、大きいHDDを小さいSSDにクローンすることが可能です。
WD SSDドライブを高速化:SSD 4Kアライメントをチェックし、読み書きの速度を向上させ、SSDの寿命を延ばします。
マルチブランドハードディスク対応:AOMEI BackupperはWD SSD移行ツールだけではなく、WD Green SSD、WD Blue SSDなどのすべてのWD SSD、Sandiskドライブ、Samsungドライブ、東芝ハードディスク、Mushkin SSDなどのクローンを作成することができます。

そして、AOMEI Backupperはユーザーフレンドリーなインターフェースを持っているので、クリックだけで自分でクローン作成プロセスを完了することができます。

次のパートでは、このWDクローンソフトでWestern Digital SSDの移行を実行する2つの方法を紹介します。

システムクローンでOSをWestern Digital SSDに移行
ディスククローンでWD HDDをSSDにクローン

まず、Windows 11/10/8/7/XP/Vista用のWestern Digitalクローンソフト - AOMEI Backupper Professional 30日間無料試用版をダウンロードして、試してみてください。(無料試用版のクローン機能はデモだけで、楽しむためにアップグレードしてください。)

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
 安全かつ高速

方法 1. Western Digital SSDにOSを安全にクローン

Windows OSやインストールしたプログラムを再インストールすることなく、安全にHDDからWestern Digital SSDにWindows 10/11 OSを移行するには、以下の手順で行います。

ステップ 1. Western Digital SSD移行ソフト - AOMEI Backupper Professionalをインストールし、プログラムを実行します。メインウィンドウの左側のインターフェースで「クローン」を選択して、「システムクローン」をクリックします。

システムクローン

ステップ 2. プログラムは自動的にC:システムパーティション、EFIシステムパーティション、リカバリパーティション、システム予約パーティション(存在する場合)を含むシステムパーティションを選択します。OSを保存する先としてWestern Digital SSDを選択します。

保存する先

ヒント:
◆ Western Digital SSDはクローン後に上書きされるため、事前にWD SSDの重要データをバックアップしてください。
◆ WD SSDドライブに複数のパーティションがある場合は、WD SSDの最初のパーティションを保存先として選択してください。それ以外の場合、システムはWestern Digital SSDから起動しません。

ステップ 3. 「SSD 4Kアラインメント」オプションをオンにして、後で「開始」をクリックします。

開始

ヒント:「セクタ単位のクローン」このオプションをチェックすると、システムパーティション内のすべてのセクターをクローンすることになり、より長い時間がかかります。そうでなければ、使用するデータだけをクローンして、早くクローンします。

しばらくすると、無事にOSをWestern Digital SSDに移行することができます。当然ながら、どれくらいの時間がかかるかは、システムパーティションのデータサイズに依存します。

完了したら、BIOSに入り、SSDを最初のブートディスクとして設定します。 Windows 10/11をMBRHDDからGPTSSDに移行する場合は、ブートモードをレガシーからUEFIに変更する方法を知りたい場合があります。

方法 2. HDDをWesternDigital(WD)SSDにクローン

HDDからWestern Digital SSDにすべてを転送したい場合、ここでは、最高のWestern Digital SSDクローンソフトウェア-AOMEI Backupper ProfessionalでWindows 10/11でHDDをWD SSDにクローンする方法を紹介します。次のステップを参照してください。

ステップ 1. メインウィンドウの「クローン」タブにある「ディスククローン」をクリックします。または、パーティションクローンを選択する 個々のパーティションをクローンする場合、「パーティションクローン」を選択する。

ディスククローン

ステップ 2. 現在使用しているWindows 10/11のHDDをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

次へをクリック

ステップ 3. 保存先ディスクとしてWestern Digital (WD)SSDを選択し、「次へ」をクリックします。

Western Digital SSDを選択

ステップ 4. 「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れて、「開始」を押して、Windows 10/11でHDDをWestern Digital SSDにクローンすることが簡単にできます。

開始

★ヒント:
パーティションを編集:HDDをより大きいWD SSDにクローンする場合、クローン処理中にWestern Digital SSDのストレージスペースを完全に使用するように、パーティションサイズを自動的に調整することができます。そうでなければ、クローンした後、未割り当ての領域が発生し、その領域を完全に使用するために、未割り当ての領域を既存のパーティションに結合しなければならない。
セクター単位のクローン:ソースディスクからターゲットディスクにすべてのセクションをクローンします。これには、ターゲットディスクの容量がソースディスク以上である必要があります。このオプションを使用すると、「パーティションを編集」が使用できなくなります。
SSD 4Kアライメント:システムクローンの時と同じように、Western Digital SSDの移行作業中に、自動的にSSDの性能を高速化し、寿命を延ばすことができます。

小さいディスクがソースディスクからのすべてのデータを保持できる限り、大きいディスクを小さいディスクにクローンすることができます。

また、このWD SSD移行ツールはHDDをSamsung SSDにクローンし、HDDをKingston SSDにクローンし、ノートパソコンHDDをSSDに交換することなどに適用されます。 もし十分な予算があれば、起動ドライブをNVMeにクローンすることをお勧めします。なぜなら、市場にあるSSDと比較して、最も速い転送速度を持っているからです。

まとめ

ご覧のように、AOMEI Backupperは強力なWestern Digital SSD移行ツールで、Windowsオペレーティングシステム(OS)をWD SSDに移行し、HDDをWD SSDにクローンすることができます。 そしてそれは、あらゆる種類のHDDやSSDのクローンに適用されます。例えば、HDDをSamsung SSDにクローン、Intel SSDから別のシステムにクローン、NVMeをより大きなNVMeにクローンなど。

さらに、AOMEI Backupperはシステムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップを提供する包括的なバックアップマネージャとしても機能します。システムクラッシュに備えて、定期的に新しいSSDをバックアップすることをお勧めします。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。最後までありがとうございます。