By AOMEI / 最後の更新 2020年04月23日

ディスククローンとシステムクローンとは

コンピューティングで、クローンはデータをある場所から別の場所にコピーし、ソースとターゲットをまったく同じにする方式です。一般的に、二種類のクローンに分けます。それはディスククローンとシステムクローンです。その二つは何か違うか分かります?

クローン

簡単な言葉で言うと、ディスククローンとはハードディスクのすべての内容をイメージファイルとして別のハードディスクに丸ごとコピーすることです。一方、システムクローンはシステムとその関連するデータのみコピーすることです。

つまり、ディスククローンとシステムクローンの相違点はデータ選択の範囲なのです。では、どの場合でどちらのクローンを選択するのか?次に行きましょう。

ディスククローンとシステムクローンの選択

ディスククローンとシステムクローンから選択するには、次のことを考慮に入れます。

1. 転送したい内容次第

元のドライブの全面的なコピーを取得する場合は、「ディスククローン」を選択します。新しいドライブで以前のオペレーティングシステムのみ必要とする場合は、システムクローンを選択します。

2. ターゲットディスクの容量次第

ターゲットディスクはソースディスクに保存されているすべてのデータを保持するのに十分な大きさが必要です。容量制限のせいで、システムクローンしか選択できない場合があります。

クローン種類を選択したら、次の問題に直面します:Windowsには組み込みのクローン作成ユーティリティがありません。解決するため、お勧めのは信頼できるサードパーティ製のクローン作成ソフトウェアを手に入れることです。

専門のクローンソフトウェア:AOMEI Backupper

AOMEI Backupperは、Windows 10 / 8.1 / 8/7 / Vista / XP向けの強力なクローン作成ソフトウェアで、ディスククローンとシステムクローンの両方の機能を提供します。それを介して、任意のストレージにクローンすることができます。また、AOMEI Backupperはバックアップ・復元の機能も提供します。この一つのソフトを得たら、多くのツールが利用できます。

一方、AOMEI Backupperは違うバージョンを提供します。ユーザーは自分のニーズに応じて選択できます。初めて利用する方、まず体験したいと思っている方の場合、Standard版とProfessionalの体験版を勧めます。Standard版はいつまでも使えますが、一部の高級機能(例えシステムクローンなど)がロックされています。その高級機能も楽しめたい場合、Professional版アップグレードすればいいです。一体そのソフトのパフォーマンスがどうかと迷う方は、30日間のProfessionalの体験版を入手すればいかがですか。

ここで、SSDへの二種類クローン作成を実演します。

√個人・ホームPC用
√分かりやすいウィザード形式・初心者の方でも簡単に使える
√ビジネス用のWorkstation版、台数無制限のPC向けTech版もある
もっと見る »

Pro版の無料体験

Win 10/8.1/8/7/XP/Vista

ダウンロード数が2千万回を超えた


AOMEI Backupperでディスククローンを作成する

まず、SSDをコンピューターに接続して、検出できることを確認します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールし、実行します。

ステップ 2. 「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。

システムクローン

ステップ 3. 次の画面で、元のディスクをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

ステップ 4. そして、SSDをターゲットディスクとして選択します。

ターゲットディスク

ステップ 5. 「SSD 4Kアライメント」をオンにして、「開始」をクリックします(「SSD 4Kアライメント」というの機能はSSDのパフォーマンスを向上させるので、ぜひ利用してみてください)。

開始

その後、SSDへのディスククローンは始まります。

AOMEI Backupperでシステムクローンを作成する

まず、SSDをコンピューターに接続して、検出できることを確認します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールし、実行します。

ステップ 2. 「クローン」をクリックして、「システムクローン」を選択します。

システムクローン

ステップ 3. 必要なシステムドライブがデフォルトで選択されています。ここでSSDをターゲットディスクとして選択します。

SSDを選択

ヒント:SSDのすべてのパーティションとデータが上書きされますので、事前に重要なファイルをバックアップしてください。バックアップに関してもっと詳しい情報を知りたいなら、この「ガイド」をクリックしてください。

ステップ 4. 「SSD 4Kアライメント」をオンにして、「開始」をクリックします(「SSD 4Kアライメント」というの機能はSSDのパフォーマンスを向上させるので、ぜひ利用してみてください)。

Windows 10をSSDに移行する

その後、SSDへのシステムクローンは始まります。

いかがですか。数回のクリックだけで、クローンを完了するのは本当に便利だろう。

最後

以上の紹介を読んだら、「え?家庭用のバージョンだけあるの?」とそう思っている方もいらっしゃるかもしれません。実は、経験者やビジネスマンに向けのもっと高級なバージョンもあります。Workstation版Server版のバージョンはその絶好の選択肢です。もし、社内の無制限のPCとサーバーを保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusを選択することをお勧めします。このバージョンはクライアントに無制限の技術サービスを提供する上に、インストールディレクトリをコピーすることでポータブル版を作成することもできます。

あらためて、最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、何か問題があったら気軽にメッセージしてください。