By AOMEI / 最後の更新 2020年04月29日

RAIDについて

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、レイド)と は、複数のHDDをひとつのドライブのように認識・表示させる技術です。万が一のHDD故障時にもデータ復旧・アクセスを可能にする安全性の向上や、複数HDDへの分散書き込みによるデータ保存の高速化など、RAIDモード毎に特長があり、用途に合わせて様々なストレージ構築が可能です。 特にビジネスシーンなど、高い信頼性を必要とするデータのストレージとして利用されています。

RAIDのメリットは

HDD故障から復旧できる

例えばRAID 6やRAID 5モードでは、HDD故障から復帰できるパリティー(誤り訂正符号)を生成し、各HDDに書き込みます。HDD故障時には、HDD交換を行えば元通りデータを復旧できます。故障・復旧中もデータはアクセス可能なため、冗長性の高いストレージ運用に役立ちます。

分散書き込みで高速保存

例えばRAID 0やRAID 5では、パソコンから転送されてきたデータを自動で分散して、複数台のHDDに一度に書き込みを行います。1台ずつ順番にHDDを書き込みを行うより、保存を高速化できます。RAIDモードによって分散書き込みの台数やパリティー生成の有無に違いがあるため、効果には差異があります。

どうしてRAIDをクローンするの?

RAIDクローンはPCユーザー特にServerユーザーにとってとても重要です。どうしてそう言いますか。一般的に、RAIDディスク上の重要なファイルの安全性を確保するため、RAIDを定期的にクローンする必要があります。例えば、RAIDディスクは領域不足になる場合、RAIDディスクをより大きいHDDやRAIDディスクに交換しなければなりません。そうしないと、データ損失などの事故が発生しがちです。伝統的な方法を利用してRAIDをクローンできますが、欠点は操作がかなり複雑で、時間がたくさんかかることです。

便利なツールと方法をご紹介

適切なドライブクローンソフトを選択すると、多くの時間と手間を節約することができで、楽になります。それで、AOMEI Backupper Standardを推薦します。AOMEI Backupperを介し、ディスククローンや、パーティションクローンなどの作成が簡単にできます。MBRディスクからGPTディスクにクローンすることもサポートします。システムのみクローンする場合は、プロ版にアップグレードして、「システムクローン」機能は利用可能となります。

それだけじゃなく、AOMEI Backupperはバックアップと復元機能も提供しています。必要によって、ファイルバックアップや、フォルダバックアップや、パーティションバックアップなどが選択できます。プロ版には差分バックアップなどの高級機能もサポートされています。

バックアップ&復元フリーソフト | AOMEI Backupper Standard

Windows 10/8.1/8/7/Vista/XPなどすべてのWindows PCオペレーティングシステムをサポートしています。

無料ダウンロード

Win 10/8.1/8/7/XP

ダウンロード数が2千万回を超えた

AOMEI BackupperでRAIDをクローンする

以下の手順に従って、RAIDをクローンしましょう。

手順 1. RAIDをパソコンに接続し、Windowsパソコンを起動します。

手順 2. AOMEI Backupper Standardをインストールして実行します。

手順 3. 「クローン」タブで、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 4. RAIDをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

手順 5. 新しいディスクをターゲットディスクとして選択します。

ターゲットディスク

手順 6. 新しいディスクはSSDの場合、SSDのパフォーマンスを向上するため、「SSD 4Kアライメント」を選択します。そして、「開始」をクリックします。

4Kアライメント

いいツールを持って、初心者にとっても非常に簡単になります。優れた機能、分かりやすいユーザーインタフェースで、だれでも簡単に操作できて、素晴らしい体験を得ることができます。それこそ、AOMEI Backupperは評判される原因かもしれません。もし、お使いのシステムがサーバーの場合、Server版を検討してくだい。では、ダウンロードして、お試しましょうか!