By Akira / 最後の更新 2022年09月16日

RAIDについて

RAID向け最高のクローンフリーソフトウェアを紹介する前に、まずRAIDとは何かを理解しましょう:

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、レイド)とは、複数のHDDをひとつのドライブのように認識・表示させる技術です。万が一のHDD故障時にもデータ復旧・アクセスを可能にする安全性の向上や、複数HDDへの分散書き込みによるデータ保存の高速化など、RAIDモード毎に特長があり、用途に合わせて様々なストレージ構築が可能です。特にビジネスシーンなど、高い信頼性を必要とするデータのストレージとして利用されています。

RAIDのメリットは次の通りです:

HDD故障から復旧できる:例えばRAID 6やRAID 5モードでは、HDD故障から復帰できるパリティー(誤り訂正符号)を生成し、各HDDに書き込みます。HDDに障害が発生した場合は、HDD交換を行えば元通りデータを復旧できます。故障・復旧中もデータはアクセス可能なため、冗長性の高いストレージ運用に役立ちます。
分散書き込みで高速保存:例えばRAID 0やRAID 5では、パソコンから転送されてきたデータを自動で分散して、複数台のHDDに一度に書き込みを行います。1台ずつ順番にHDDを書き込みを行うより、保存を高速化できます。RAIDモードによって分散書き込みの台数やパリティー生成の有無に違いがあるため、効果には差異があります。

なぜRAIDをクローンする?

RAIDクローンはPCユーザー特にServerユーザーにとってとても重要です。一般的に、RAIDディスク上の重要なファイルの安全性を確保するため、RAIDを定期的にクローンする必要があります。

また、小さいディスクから大きいディスクにデータを転送してディスクをアップグレードするには、RAIDクローンを作成する必要があります。たとえば、RAIDディスクは領域不足になる場合、RAIDディスクをより大きいHDDやRAIDディスクに交換しなければなりません。

そうしないと、データ損失などの事故が発生しがちです。伝統的な方法を利用してRAIDをクローンできますが、操作がかなり複雑で、時間がたくさんかかることです。

RAID向け最高のクローンフリーソフトウェア【オススメ】

適切なドライブクローンソフトを選択すると、多くの時間と手間を節約することができ、楽になります。それで、AOMEI Backupper Standardを推薦します。

AOMEI Backupper Standardの特徴とメリット

分かりやすい画面の指示に従えば、誰でも簡単に使えます。
Windows11、10、8.1/8、7、XP、Vistaに完全対応します。
クローンしたディスクから、OSを正常に起動/実行できます。
大容量HDDから小容量SSDへのクローンもサポートします。

また、このソフトを介し、ディスククローンや、パーティションクローンなどの作成が簡単にできます。システムのみクローンする場合は、AOMEI Backupper Professional版にアップグレードして、「システムクローン」機能は利用可能となります。

それだけじゃなく、AOMEI Backupperはバックアップと復元機能も提供しています。必要によって、ファイルバックアップや、フォルダバックアップや、パーティションバックアップなどが選択できます。Professional版には差分バックアップなどの高級機能もサポートされています。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

RAIDをHDD/SSDにクローンする方法

Windows OSの場合、RAIDアレイを構築した後の仮想ドライブは物理ドライブと同じになります。つまり、RAIDドライブを物理ディスクとしてクローンすることができます。

しかし、ハードディスクからRAIDアレイにクローンする場合、あるいはWindows ServerでRAID 0、RAID 1、RAID 5、RAID 10などのRAIDアレイにクローンする場合、クローン前にターゲットRAIDアレイを設定する必要があります。

ここでは、最初のRAIDアレイクローンソフトウェアAOMEI Backupper Standardを例として、RAIDディスクをクローンする方法を説明します。

手順 1. 「ディスクの管理」でクローンしたいRAIDアレイの仮想ドライブを確認します。

注:RAID仮想ドライブはディスク(X)と表示されますが、これは物理的なハードディスクドライブと同じです。BIOSまたはWindowsからRAIDユーティリティを実行して詳細を確認することをお勧めします。ディスク容量などのパラメータから、どのディスクがRAID 0、1、または他のタイプであるかがわかります。

手順 2. AOMEI Backupper Standardをインストールして実行して、「クローン」タブで、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ヒント:無料版はデータディスク間のクローンとMBRタイプの起動ディスクからMBRディスクへのクローンのみをサポートしています。GPTディスクをクローンするか、MBRディスクからGPTディスクにクローンする場合は、AOMEI Backupper Professionalまたは他の有料バージョンへアップグレードする必要があります。
補足:パーティションスタイルを確認するには、「スタート」ボタンを右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。クローン元のディスクとクローン先のディスクを右クリックし、「プロパティ」→「ボリューム」タブをクリックし、「パーティションのスタイル」でディスクのパーティションスタイルを確認します。または、ターゲットディスク/ソースディスクの選択ページにも確認できます。具体的に、「ディスク」の文字の下、ディスク容量の上に表示されます。

パーディションスタイルの確認

手順 3. RAIDをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

手順 4. 新しいディスクをターゲットディスクとして選択します。

ターゲットディスク

手順 5. 新しいディスクはSSDの場合、SSDのパフォーマンスを向上するため、「SSD 4Kアライメント」を選択します。そして、「開始」をクリックします。

4Kアライメント

手順 6. 進捗状況が100%に達すると、「完了」をクリックしてください。

完了

ヒント:
より大きなディスクにクローンを作成する場合は、「パーティションを編集」(有料)の機能を使用して宛先ディスクのパーティションサイズを調整することをお勧めします。
元のディスク上のすべてのセクターのクローンを作成する場合は、「セクター単位のクローン」の機能を使用できます。しかし、少なくともソースディスクと同じサイズのディスクを準備しなければなりません。

パーティーションを編集

まとめ

RAID向け最高のクローンフリーソフトウェアAOMEI Backupper Standardを利用して、初心者てもRAIDを簡単にクローンできます。このソフトは、優れた機能、分かりやすいユーザーインタフェースを備えて、だれでも簡単に操作でき、素晴らしい体験を得ることができます。

もし、お使いのシステムがサーバーの場合、Server版を使用してください。では、ダウンロードして、お試しましょう~