By Akira / 最後の更新 2022年01月18日

実例:WD Backupが機能できない

 

WD My Passport Ultraが約一年間使っています。この間ずっと自動バックアップを実行するように設定されいます。でも、いつ頃に突然バックアップが機能しなくなりました。アイコンをクリックすると、「WD Backupが動作を停止しました」というエラーメッセージが表示されます。解決するため、すべてのソフトウェアをアンインストールし、最新版に再インストールしましたが、なんにも変化がありません。誰が修正方法を知っていますか?ありがとうございました!

- 掲示板からの質問

wd

WD Backupが機能できないことについて

WD Backupは、プライマリストレージとしてWDドライブへのオンプレミスバックアップを使用して、ファイル、ドキュメント、写真を自動的に保護することができるバックアップアプリケーションです。オンプレミスは、災害復旧のための2次ストレージとしてクラウドにバックアップします。しかし、ファイルをバックアップするためにそれを使うとき、WD BackupがWindows 11/10/8/7で機能できないことがあったかもしれません。実際、この問題は主に「ファイルをバックアップできない」、および「WD Backupがドライブを認識しない」という2つの状況で見られます。

Windows 11/10/8/7でWD Backupが機能できない時の対処法

次に、上記に述べた2つの状況について1つずつ修正します。

状況 1. ファイルをバックアップできない

断片化したディスク、感染したコンピュータ、ファイルのアクセス許可、長いファイル名、フォルダパスが長すぎるなど、多くの問題によってバックアップされないことがあります。次は1つずつ説明します。

断片化したディスク:ディスクチェックを実行して断片化したディスクを修復できます。これは、断片化のためにバックアップされていないファイルに関する問題を解決するのに役立ちます。

感染したコンピュータ:ウイルスまたはマルウェアに感染したコンピュータはファイルのバックアップを妨げる可能性があります。コンピュータシステムがウイルスとマルウェアに感染していないことを確認します。

ファイルのアクセス許可:オペレーティングシステムには、フォルダーとファイルにアクセス許可と権利を割り当てるためのメソッドがあります。これらの許可は、ファイルを表示、変更、変更、および削除する機能を制御します。所有者とシステムにファイルへのアクセス許可があることを確認してください。

長いファイル名/フォルダパスが長すぎる:フォルダパスが長すぎる可能性があり、ファイルのバックアップができなくなります。この問題を解決するには、ソースフォルダのパスを短くします。

注:
1. バックアッププロセス中にファイルが使用中の場合、WD Backupはファイルをバックアップしません。そのため、バックアップ中はファイルの使用を中止してください。
2. WD Backupは大きなファイルを含むすべてのファイルをバックアップするわけではありません。

状況 2. WD Backupがドライブを認識しない

WD Backupがドライブを認識しないのには、さまざまな理由が考えられます。ローカルPCセキュリティ、アンチウイルス、マルウェア保護、またはエンドポイント保護ソフトウェアをWDバックアップを許可するように設定する必要があります。WD Backupが開かれると、WD Backup Drive Helperプロセスが実行を開始します。そうでない場合、WD Backupはドライブを認識しません。

この問題を解決するには、次のことを確認してください。

1. WD Backupを開いたときにWD Backup Drive Helperサービスが開始されることを確認します。

2. WD Backupが許可され、ウイルス対策ソフトウェアによってブロックされていないことを確認します。

3. WDドライブがコンピュータに直接接続されていることを確認します。

4. ドライブのファームウェアが最新のものであることを確認します。

5. ドライブがコンピュータによって検出およびアクセスできることを確認します。

6. WD Backupがこのドライブをサポートできることを確認してください。

他の強力なバックアップソフト--AOMEI Backupper

上記の解決策にとって、またWD Backupが機能しない問題を抱えているユーザーは、他のバックアップソフトを使用することを考えてどうでしょうか。市場に販売されているソフトの中には、わたしがずっと使用しているバックアップソフト--AOMEI Backupper Standardを皆さんにお勧めします。

AOMEI Backupper Standard(無料)は頼もしくて強力なバックアップフリーソフトです。システム・ディスク・パーティションのバックアップブロックレベルのバックアップなどの様々なバックアップソリューションを提供します。
または、「スケジュール」機能で自動的に毎日・毎週・毎月・イベントトリガーバックアップを設定することができます。気を配ることなく、楽にバックアップを作成するのは可能です。
大きな割引で無料版をAOMEI Backupper Professional(有料版)にアップグレードすると、差分バックアップ、システムクローン、ユニバーサル復元など、もっと多くの高度な機能を使用できます。また、Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019、2022(R2を含む)のためにAOMEI Backupper Server版(有料)もあります。

ここでは、AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、以下の手順に従ってバックアップを作成しましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupper Standardを開けて、メインインターフェイスで「バックアップ」>「ファイルバックアップ」の順にクリックします。

ファイルバックアップ

手順 2. バックアップしたいファイルまたはフォルダを選択してから、バックアップを保存する別の場所を選択します。

フォルダを追加

手順 3. ファイルを自動的にバックアップするには、「スケジュール」をクリックして設定します。

スケジュール

手順 4. 最後に、「開始」をクリックします。

注:データを継続的に保護したい場合は、AOMEI Backupper Professionalなどの上位エディションにアップグレードして、「リアルタイム同期」機能を使用することができます。

まとめ

AOMEI Backupper StandardはWDバックアップの完璧な代替品で、WDバックアップが動作しない問題を簡単かつ迅速に解決することができます。さらに、それは無料のSSD移行ツールであり、HDDからSSDにデータを移行するために使用することができます。今すぐ試してみて、もっと発見してみましょう~