By ゆき / 最後の更新 2022年06月28日

起動ドライブとは?

起動ドライブ(別名:boot drive、ブートドライブ)とは、パソコンを起動してOSを動作させるために必要なデータが記録されているストレージです。

パソコンでは、電源を入れると、通常は、起動ドライブとして指定されているドライブからOSが読み込まれ、システムの処理を開始し、パソコンが使える状態になります。

Windows 11/10/8/7に於いて、特に設定を変更しなければ起動ドライブというのは「Cドライブ」を指します。CドライブにはOSや様々なソフトが保存されています。

※補足:CドライブにOSをインストールしたり、パソコンが正常に起動できなくなったりした場合には、パソコンに付属されているCD-ROM(インストールディスク)を起動ドライブに指定することにより、パソコンを正常に起動させることもできます。

起動ドライブをSSDにクローンするのはなぜ?

上述のように、SSDへ起動ドライブまたはブートドライブをクローンするのは、Cドライブを丸ごとSSDにコピーして移行するという意味です。

ディスクの管理

※補足:上図のとおり、Cドライブもシステムドライブですが、「システムで予約済み」領域が存在する場合には、ブートドライブはシステムドライブとは別のものです。下図のとおりです。

システムで予約済み

以下のような状況で、多くの人々は起動ディスクをSSDにクローンすること選びます。
同じシステムを別のパソコンに構築しようと思っています。
パソコンのOSが起動しない故障に備えて、Cドライブのクローンまたはコピーをバックアップとして作成しようと思っています。
Cドライブの空き容量不足またはHDDの低性能なので、パソコンの動作が遅く・重くなる場合、OSを再インストールせず、SSDに移行しようと思っています。

起動ドライブをSSDにクローンするソフト

しかし、起動ドライブ(Cドライブ)をどのようにSSDへクローン、コピーしますか?ご存知のように、Windowsにはクローンの機能が標準搭載されていません。

幸いなことに、ここではAOMEI Backupper Professionalというサードパーティ製のクローンソフトがあります。このソフトはWindows 11/10/8/7/Vista/XPのOSを簡単にSSDにクローンすることができ、また以下のようなメリットがあります:

安全起動を確保クローン作成した後、再インストールすることなく、クローンしたSSDからシステムを安全に起動することができます。
インテリジェントクローンデフォルトで、AOMEI Backupperは使用されているセクターのみクローンするので、システムを同等サイズまたはより大きな容量のSSDへクローンできるだけでなく、Windows 10をより小さなSSDにクローンすることもできます。
SSD 4Kアライメントこの機能を有効にすると、クローン完了後、SSDの読み取り/書き込み速度を向上させることができます。
バックグラウンドで実行できるクローン作業をバックグラウンドで実行することができるので、ユーザーはクローン作業中にパソコンを通常通り使用することができます。
全種類/全メーカー製のSSDに対応SATA/M.2などの様々なタイプのSSDと、WD、Acronis、Crucialなど全メーカー製のSSDをサポートしています。

次は、AOMEI Backupper Professionalの「システムクローン」機能を試して起動ドライブを含むシステム全体をSSDに丸ごと完全クローンする方法を解説しましょう~❤

AOMEI Backupperで起動ドライブをクローンする方法

まずは、SSDをPCに接続し、認識することを確認し、AOMEI Backupper Professionalというプログラムをダウンロードし、インストールして起動する必要があります。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. 「クローン」タブ→「システムクローン」を選択します。(※C ドライブのみをSSDにコピーする場合、「パーティションクローン」を使ってください。)

システムクローン

ステップ 2. 起動ディスク(C ドライブ)やシステムで予約済みのパーティションが自動でデフォルト選択されるため、ターゲットドライブだけを指定すればいいです。

ターゲットパーティション

ステップ 3. 操作概要を確認してください。問題なければ「開始」をクリックします。

開始

※ヒント:
SSDにクローンする場合には「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れることをお勧めします。この機能はSSDの寿命を延ばすだけでなく、読み書き速度を向上させることもできます。
「パーティションクローン」を実行する場合には「パーティションを編集」をクリックして、クローン先のパーティションのサイズ、ドライブ文字とパーティション種類を変更することができます。

★ご注意:クローン作成が完了したあと、クローンしたSSDからパソコンを起動するために、BIOSでブートドライブの優先順位を変更(即ち、SSDを起動ドライブとして指定)するか、またはHDDを外してSSDだけをパソコンに取り付ける必要があります。SSDの上にシステムで予約済み領域がない場合、その起動ドライブ(Cドライブ)がアクティブとしてマークされるかを確認します。OSをSSDから正常に起動できるあと、古いHDDはデータを保存する「補助記憶装置」として使えます。

bios

おまけ:古いHDD/SSDの再利用/廃棄

古いHDD/SSDの再利用

起動ドライブを新しいSSDに変更した後、一部のユーザーは古いハードディスクをデータディスクとして使用し続けます。この場合、新しいハードディスクのデータを定期的に古いハードディスクにバックアップするのをお勧めします。これで、何か問題が出たら、古いハードディスクに保存しているバックアップを復元すれば、問題を迅速に解決できます。

AOMEI Backupperは、ファイル/パーティション/システム/ディスクバックアップの4つのバックアップモードに対応しています。ユーザーの異なるニーズを満たすことができます。また、自動バックアップと古いバックアップの自動削除をサポートしています。手動バックアップの手間を省きますし、ターゲットディスクに空き容量があるのも確保できます。

ディスクバックアップ

古いHDD/SSDの廃棄/譲渡

古いディスクを廃棄/譲渡する前に、重要なデータをただ「Delet」キーを押したり、ゴミ箱を空にしたりすれば、もう完全に消去すると思っている人がいるでしょう。でも、そうではありません。こうやって削除されたデータは、プロの復元ソフトを使って、簡単に復元できます。したがって、重要なデータを漏洩する可能があります。

AOMEI Backupperは、「ディスク消去」というツールが搭載されています。このツールで、ディスク全体/特定のパーティションを徹底的に消去でき、データ復旧ソフトを使っても、復元できません。また、4つの消去方式に対応しているので、データの重要さによって、消去方式を選択できます。

ディスク消去

あとがき

一般的にWindows 11/10/8/7の場合、Cドライブが起動ドライブに指定されます。AOMEI Backupper Professionalの「システムクローン」または「パーティションクローン」を使用して、3つの手順だけで起動ドライブをSSDにクローンすることができます。かなり便利かつ容易でしょう。

OSをSSDから正常に起動できたら、古いHDDはデータを保存する「補助記憶装置」として使えます。

クローン機能のほか、AOMEI Backupperは増分/差分バックアップ、システム/パーティション復元、ブータブルメディアの作成など、もっと多くの機能を備えます。データやシステムの保護に役立ちます。ぜひ、それをダウンロードして試みてみましょう~