Windows 10/8/7でブートドライブをSSDにクローンする最高の方法

なぜSSDへWindowsブートドライブをクローンしますか

SSDへブートドライブをクローンするのはCドライブをSSD(ソリッドステートドライブ)に移行することを意味します。ブート(起動)ドライブは通常に、ブート、ページファイル、クラッシュダンプとシステム予約済みパーティションを含みます。ほとんどの場合、Windows 7/8/10のブートドライブとシステムドライブは分離します。

ディスクの管理

以下の状況で、多くのユーザーはSSDへブートドライブをクローンする必要があります:

  • このコンピューターの設定を他のコンピューターに正しく配置します。

  • ある日、オペレーティングシステムが失敗することを防ぐために、このオペレーティングシステムの複製を作成します。

  • より大きくて、より良い性能を持つSSDに現在のHDDをアップグレードします。時間が経つに連れて、大量のデータやアプリケーションは最終的にディスクを占領します。それはOSの性能に多かれ少なかれ影響を与えます。

しかし、どのようにSSDへ起動ドライブをクローンしますか。この操作を完成するのにWindowsの内蔵ツール「ディスクの管理」を使用できないのは残念です。それは「ディスクの管理」がクローンの機能を持っていないためです。幸いなことに、総合的なフリーソフトAOMEI Backupper Standardを試すことができます。それはユーザーフレンドリーなインターフェイスがあるので、コンピューターの知識を少なく持っていても、操作のことを心配する必要がありません。このプログラムを使用して、ディスク、システムとパーティション/ボリュームをクローンできます。ほとんどのユーザーにとって、それは十分です。AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、試しましょう。

AOMEI Backupperでブートドライブをクローンします

まず、PCにSSDを接続します。このプログラムをインストールして、起動します。

ステップ1.「クローン」→「システムクローン」を選択します。

システムクローン

ステップ2.ターゲットパーティション(Cドライブとシステム予約済みパーティションはデフォルトで選択されます)を選択します。

ターゲットパーティション

ステップ3.操作概要をチェックしてください。「SSD 4Kアライメント」ボックスをチェックすることを非常に推薦します。この機能はSSDのサービス寿命を延ばすだけでなく、読み込みと書き込みの速度を向上させることができます。

開始

ヒント:「パーティションクローン」を実行する場合、「パーティションのサイズを編集」をクリックして、クローンの宛先パーティションのサイズ、ドライブ文字とパーティションスタイルを編集できます。

簡単かつ迅速に、SSDに起動ドライブをクローンするのはただ四つの手順が必要です。操作が完了した後、SSDから起動したい場合、それを最初の起動ドライブとして設定することを確認し、それをアクティブなプライマリパーティションに作成します。そして、以前のHDDを補助記憶装置として使用できます。システムクローンはシステム予約済みパーティションをクローンするので、他のコンピューターに同じ設定を配置したいなら、それを試してください。バックアップと復元だけでなく、AOMEI Backupperは多くの有用な機能を提供します。例えば、増分と差分バックアップ、システム復元ブータブルメディアの作成です。このソフトウェアはWindows 10/8.1/8/7/XP/Vista、NTFS、FAT32、FAT16、EXT2、EXT3と他のファイルシステムをサポートします。