By Machi / 最後の更新 2022年04月06日

なぜディスクイメージの作成が必要ですか?

ご存知のように、Windows 10では、アカウントやブックマーク、環境設定など、ファイルとして保存されないデータがあるため、全てのファイルとフォルダのコピーを作成するだけでは不十分です。ファイル/フォルダだけでなく、システムや設定もバックアップしたい場合、ディスクイメージの作成をお勧めします。ディスクイメージはソースディスクのアカウント、ブックマーク、環境設定などファイルではないものを保存することができます。

ディスク

また、ハードディスクに複数のOSがインストールされている場合は、ディスクバックアップですべてのシステムを1つのイメージファイルに圧縮し、保存するのもよい選択です。

さらに、ディスクイメージファイルが別のドライブに保存されるので、パソコンが問題が発生しても、イメージファイルが安全であることを確保できます。そして、そのイメージを使って、パソコンを高速かつ簡単に以前の状態に復元することができます。

データセキュリティのため、ディスクイメージの作成が非常に重要です。では、ディスクイメージを作成するには、どうすればよいでしょうか?

ディスクイメージバックアップを作成するフリーソフト

Windows 10 には、標準搭載されているイメージファイル作成ツールがありますが、このツールによってディスク全体のイメージファイルを作成できません。したがって、ディスク全体のイメージファイルを作成したい場合、サードパーティー製のバックアップソフトを使用しなければなりません。

数あるバックアップソフトの中でも、安心安全なバックアップフリーソフト-AOMEI Backupper Standardの使用をお勧めします。このソフトを使用すると、隠しパーティションが含まれているハードディスク全体をイメージ化することができます。また、次のようなメリットがあります:

NTFS、FAT32、FAT16、EXT2、EXT3など多くのファイルシステムに対応しています。
内蔵/外付けHDD、SSD、USBドライブ、NAS、クラウドドライブなど様々なストレージデバイスに対応しています。
ディスクバックアップに加えて、ファイル/フォルダー、パーティション、システムバックアップにも対応しています。
Windows 10に加えて、Windows 11/8.1/8/7/Vista/XPにも対応しています。Windows Serverのユーザーであれば、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。

AOMEI BackupperでWindows 10ディスクイメージを作成する方法

次に、AOMEI Backupper Standardを使用して、ディスクイメージを作成する方法をご紹介しましょう。開始する前に、まずAOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. AOMEI Backupper Standardを開きます。「バックアップ」タブで「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

2. 別のタスクと区別するには、タスク名を変更することができます。

タスク名

3. 「ディスクを追加」をクリックし、バックアップしたいディスクを選択し、「追加」をクリックします。

追加

4. そして、矢印の下にあるボックスをクリックし、ディスクイメージの保存先を選択します。

保存先を選択

オプションバックアップ完了後のメール通知を有効にしたり、バックアップイメージファイルの圧縮レベルを選択したり、インテリジェントセクターバックアップ(使用されているセクタのみバックアップ)か完全バックアップを設定したりすることができます。
スケジュール毎日/毎週/毎月/イベントトリガー/USB挿入のモードで自動バックアップを実行することを設定できます(イベントトリガーとUSB挿入はAOMEI Backupper Professionalで利用可能)。
スキームフル/増分/差分バックアップ、古いバージョンのバックアップの自動削除を設定することができます(差分バックアップとバックアップの自動削除はAB Proで利用可能)。ターゲットディスクの容量を節約したい方は、このオプションの設定がオススメです。

5. すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

★ ヒント:
作成されたWindows 10ディスクのイメージを復元したい場合、「復元」をご利用ください。
回復環境の作成システムが起動できない場合に備えて、「ツール」→「回復環境」であらかじめ回復環境を作成するのをお勧めします。回復環境によって、システムがクラッシュした場合でも、バックアップ/復元を実行できます。
ブータブルメディアの作成AOMEI Backupperによって作成された回復環境は、「C: \Aomei Recovery」というパスの下に保持されます。Cドライブが消されたり、破損したりした場合、「ツール」→「ブータブルメディアの作成」でブータブルUSB/CD/DVDを作成して、問題のあるPCをWinPEから起動し、ディスク全体の復元を実行できます。この起動可能なメディアを使えば、復元時に「ユニバーサル復元」(AB Proなどの上位版で利用可能)にチェックを入れると、異なるハードウェアのPCにWindows 10のイメージを復元することも可能です。

まとめ

この記事では、AOMEI Backupperを使って、Windows 10でディスクイメージを作成する方法をご紹介しました。AOMEI Backupperはプロのバックアップソフトであるだけでなく、プロのクローン、復元、同期、ディスク消去ソフトでもあります。

HDDをSSDに換装したい場合、その「ディスククローン」機能を使用して、データを移行すれば、Windows 10の再インストールや復元などの手間と時間を省けます。非常に便利です。さらに、交換された古いHDDには重要なデータがある場合、「ディスク消去」機能を使用して、ディスクを完全消去することができます。そうすると、そのHDDを他人に譲渡しても、データ漏洩の心配が必要ありません。

今すぐダウンロードし、体験しましょう!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速