[Windows 11]SSDに換装!再インストールせずにクローンする方法

Windows 11でHDDをSSDに換装したいけど、どうすればいいかわかりません?この記事では、HDDを大容量HDD/SSDに換装するための全ガイドをご紹介します。興味のある方、ぜひ続けてご覧ください。

Machi

By Machi 最後の更新 2024年06月18日

共有: instagram reddit

ユーザー事例:Windows 11でHDDをSSD/大容量HDDに換装したい

PCに搭載されている1TBのHDDを3TBのHDDに交換したいのですが、元のHDDを取り出して直接新しいHDDに交換すればいいのでしょうか?また、交換する前に、3TBのHDDをパソコンに接続して、1TBのHDDにある全てのファイルを3TBのHDDに転送することは可能ですか?

- 掲示板からの質問

HDDを換装

HDDやSSD(Solid-State Drive)は、パソコンの主な記憶装置です。お使いのパソコンが数年以上使用された場合、パソコンのパフォーマンスは低下になりましたか?あるいは、コンピュータに「ディスク領域不足」が表示されることがありますか?

パソコンは動作が遅かったり、故障したりすることほどイライラすることはありません。パフォーマンスが低下すると、コンピューターが作業の完了が難しくなります。

この場合に、最良の解決策は、既存のHDDをより大きいHDDまたはSSDにアップグレードすることです。HDDのアップグレードは、新しいコンピューターを購入するよりも安く済みます。古いHDDをより大きいHDDやSSDにアップグレードすることは以下のようなメリットがあります:

  • スペースが大きくなって、より多くのソフト、ビデオ、写真、およびドキュメントを保存することができます。
  • コンピュータのパフォーマンスを向上させることができます。コンピュータ上のソフトや大きいファイルの読み込みが速くなります。
  • ハードドライブのセキュリティを向上させることができます。ハードドライブは、経年劣化によってセキュリティレベルも低くなります。
  • エネルギーを節約することができます。一般的に、新開発のハードディスクはより省エネルギーです。

換装時の最高のクローンソフト-AOMEI Backupper Professional

システムディスクを新しいハードディスクにクローンした場合、そのハードディスクをコンピュータに接続すると、コンピュータはそのハードディスクから直接起動できるので、OSを最初から再インストールする必要はありません。

しかし、クローンを問題なく作成するために、信頼性の高いクローンソフトが必要です。ここでは、世界中で1億人を超えるユーザーに愛用されているディスククローンソフト-AOMEI Backupper Professionalをお勧めします。

AOMEI Backupperは複数の機能を統合したクローンソフトです。ディスククローン、パーティションクローン、システムクローンの3つのクローンモードをサポートしています。ニーズに応じて選択できます。その「ディスククローン」機能を使うと、ソースディスクにあるOS、アプリ、ファイルなどすべてのデータは、ターゲットディスクに転送されます。

SSDに換装

デフォルトで、使用されているセクターのみクローンする「インテリジェントクローン」モードでクローンを行います。これにより、大容量HDDから小容量SSDにクローンできますし、不良セクターによるクローン失敗も避けられます

ソースディスクの1:1コピーを作成したい場合は、「セクター単位のクローン」モード(不良セクターや空白セクターもクローンされます)を利用することができます。

また、Windows 11でHDDをSSDに換装したい場合は、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れると、SSDのパフォーマンスを向上させることができます。Windows 11/10/8.1/7/Vista/XPなど、すべてのWindows OSに対応しています。ぜひダウンロードし、体験してください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

換装時にHDDを新しいSSD/大容量HDDにクローンする方法

ご存知のように、パソコンのパフォーマンスを向上させたい場合は、HDDをSSDに換装するのが最良の選択です。この部分では、AOMEI Backupperを使って、古いHDDにあるすべてのデータをSSDにコピーする方法を紹介します。

手順 1. お使いのコンピュータにSSDを接続または取り付けます。

接続する場合(一般的にノートパソコン)は、新しいSSDのインターフェースに応じてUSB変換ケーブルやケースを用意する必要があります。それに通じてSSDをパソコンに接続します。

SATA-USB変換ケーブル

取り付ける場合、「HDD・SSDの増設」をご参照ください。

SSDを取り付ける

👀注意:

クローンした後、ターゲットディスとしてのSSDにあるすべてのファイルが削除されるので、事前に重要なファイルをバックアップしてください。

手順 2. AOMEI Backupper Professionalを起動します。「クローン」→「ディスククローン」の順にクリックします。

ディスククローンをクリック

手順 3. クローンしたいディスクをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。ここでは、Windows 11を含むシステムディスクを選択します。

ソースディスクを選択

手順 4. コンピュータに取り付けた/接続したSSDをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

手順 5. 「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れます。すべての設定を確認した後、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始をクリック

パーティションを編集:クローン先のSSDはクローン元のHDDより大きい場合、容量を最大限に活用するには、このオプションで、「パーティションのサイズを手動で変更」または「各パーティションに未使用領域を追加」の2つオプションから、パーティションのサイズを調整できます。クローン完了後、クローン先のディスクに使えない未割り当て領域がないことを確保できます。*「セクター単位のクローン」と同時に使えません。

パーティションを編集

クローンしたSSD/大容量HDDからパソコンを起動する方法

クローンが完了した後、まずクローンしたSSD/大容量HDDからパソコンが起動できるかどうかを確認してください。これを確認するには、BIOSで起動順位を変更する必要があります。次に、その手順をご案内します。

手順 1. コンピュータを再起動します。メーカーのロゴが表示されると、パソコン/マザーボードのメーカーによって特定のキーを押し続けて、BIOSに入ります。

BIOS起動キー

手順 2. (BIOSの種類によって手順が異なることがあります)矢印キーで「Boot」タブに移動、SSD/大容量HDDをリストの最上位に移動させることで、最初に起動するドライブとして設定します。

BIOS

手順 3. 「F10」キーを押して変更を保存し、BIOSを終了します。その後、コンピュータを再起動すると、クローンしたSSD/大容量HDDからWindows 11を起動します。

クローンしたディスクからWindows 11を正常に起動できない場合、「パソコンが間違ったドライブから起動する問題を修正する」をご参照ください。

SSD換装後、よくある質問

SSDの寿命は何年ですか?
 
SSDの寿命は一般的には書き込み回数によって決まります。現代のSSDは通常、1つのセルに1000〜3000回の書き込みが可能であり、多くの場合、この限界まで使用されることはありません。

ただし、SSDの寿命は使用方法によって異なります。たとえば、大量のファイルの読み書きを頻繁に行う場合、または大量のデータを保存する場合は、SSDの寿命が短くなる傾向があります。

一般的に、SSDの寿命は5年から10年程度と考えられています。ただし、この期間は使用状況や負荷によって大幅に変化する可能性があります。
SSDは故障しにくいですか?
 
SSDは、HDDに比べて故障しにくいです。これは、SSDが機械的な部品を持たないため、物理的なダメージを受けにくく、また内部のフラッシュメモリチップが高速にアクセスできることによって、読み書きエラーが少ないためです。

ただし、SSDも完全に故障する可能性があります。たとえば、電源不良によるデータの消失や、内部のフラッシュメモリチップの欠陥によるデータの損失が発生することがあります。また、何らかの原因でデータが書き込めなくなった場合には、SSDの寿命が尽きた可能性があります。

したがって、重要なデータを保存する場合には、定期的なバックアップと、信頼性の高いSSDの選択が重要です。
SSDを使用する場合に、注意すべきのは何でしょうか?
 
SSDを使用する場合に注意すべき点は以下の通りです。
 
  • SSDには書き込み制限があるため、大量のデータを頻繁に書き換えることは避けるべきです。これによって、SSDの寿命が縮まってしまう可能性があります。
  • 定期的なバックアップを行うことをお勧めします。SSDは突然故障することがあり、故障した場合には重要なデータを失う可能性があります。
  • SSDは、高い速度で読み書きが可能である一方で、価格が比較的高いため、容量を大きくするためにはコストがかかる場合があります。そのため、必要な容量を計算して、適切な容量のSSDを選択することが重要です。
  • 温度管理に気を配ることも重要です。SSDは温度が高くなると故障しやすくなるため、十分な空間を確保して、適切な冷却方法を取ることが重要です。
これらの注意点に留意しながら、SSDを使用することで、高速かつ安定したデータアクセスを実現できます。

まとめ

AOMEI Backupper Professionalを使用して換装時に古いHDDをSSD/大容量HDDにクローンすることに役立ちます。この強力なソフトがあれば、データを失うことなく、HDDを手軽に換装し、アップグレードすることができます。また、MBRからMBRへ、GPTからGPTへ、MBRからGPTへ、GPTからMBRへのクローンに対応しています。

また、クローンに加えて、バックアップ&復元、同期、ブータブルメディアの作成、ディスク消去など様々な機能をサポートしています。

このソフトでWindows 11の起動可能なUSBやシステムバックアップを作成した後、Windows 11を他のコンピュータに展開したい場合、ターゲットコンピュータでAB Proの「復元」の「ユニバーサル復元」機能にチェックを入れると、ハードウェア互換性の問題なく、イメージを展開することができます。ためらわず、使ってみましょう!

Machi
Machi· 編集者
Technology会社の編集者としてAOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品のバックアップ&復元、クローン、同期などの機能について詳しいです。IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、映画、音楽、色々なことに趣味があります。