By Machi / 最後の更新 2022年05月20日

ユーザー事例

 

システムドライブとして使用する新しいSSDを購入し、そこにwindows10をインストールしました。そして、以前使っていた2TBのHDDもパソコンに接続して、データドライブとして使用しています。
BIOSでは、SSDが最初に起動するドライブとして設定されましたが、パソコンの電源を入れると、SSDではなくHDDから起動します。手動でSSDから起動させることができますが、そうしないと、SSDから起動できません。どうすればこの問題を解決できますか?お教え願います!

 

パソコンが間違ったドライブから起動する問題BCDエラー起動モードのエラーSATAケーブル接続不良以前にパソコンの設定を変更したことや、起動順位を変更しなかったことなど、様々な原因で発生します。次のパートは、5つの解決策をご紹介します。必要に応じていずれかの方法を選択することができます。同じ問題に遭遇した方は、是非をご覧ください。

windows10

パソコンが間違ったドライブから起動する問題を修正する方法

このパートは、Windows 10のパソコンが間違ったドライブから起動する問題を修正する方法をご紹介します。ご自分の状況に応じて、対応する方法を選択することができます。

方法1. UEFIを無効にする

UEFIを無効にすることで、パソコンが間違ったドライブからが起動する問題を解決できることがあります。詳しい手順は下記をご覧ください。

手順 1. スタートボタンをクリックし、スタートメニューの歯車アイコンをクリックし、「Windowsの設定」を開きます。

設定

手順 2. 「更新とセキュリティ」を選択し、「回復」→「今すぐ再起動」をクリックします。パソコンが再起動し、Windowsの回復環境に進みます。他の方法で、回復環境を起動したい方は、このリンクを参照してください。

今すぐ再起動

手順 3. 「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「UEFIファームウェアの設定」の順にクリックし、そして、「再起動」をクリックします。システムが再起動し、BIOSセットアップに進みます。

UEFIファームウェアの設定

手順 4. 矢印キーでトップメニューの「Authentication(認証)」タブに移動し、そして、「Secure Boot(セキュアブート)」オプションに移動し、「+」キーまたは「-」キーを押して、「Disable(無効にする)」に変更します。

セキュアブート

注意:マザーボードのファームウェアによっては、「Secure Boot」オプションは「Authentication」、「Security(セキュリティ)」、または「Boot」タブにあることがあります。

方法2. Bootrec.exeを実行する

BCDエラーによりパソコンが間違ったドライブから起動する場合、「Bootrec.exe」を使用してBCDエラーを修復することができます。詳細は以下の通りです。

手順 1. Windows 10のインストールメディアをパソコンに挿入して、そこからコンピュータを起動します。

手順 2. 回復環境の画面が表示され、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「コマンド プロンプト」の順にクリックします。

コマンドプロンプト

手順 3. 「コマンド プロンプト」で、「bootrec.exe」を入力して、「Enter」キーを押します。

手順 4. Windows 10のパソコンが間違ったドライブから起動する問題を修正するために、次のコマンドを入力して、BCDファイルを再構築します。

bootrec.exe /fixmbr

bootrec.exe /fixboot

bootrec.exe /scanos

bootrec.exe /rebuildbcd

bootrec.exe

方法3. BIOSで起動順位を変更する

HDDをSSDにクローンした後、直接パソコンを起動すると、古いHDDから起動する可能性があります。そのため、クローンした後、BIOSに入り、SSDを最初に起動するドライブとして設定する必要があります。これから、その方法を詳しくご紹介します。

手順 1. パソコンを再起動します。メーカーロゴ/マザーボードロゴ画面が表示されている時、パソコンのメーカーによってF2/F8/Delなど特定のキーを押し続け、BIOSセットアップメニューに入ります。

手順 2. 「Boot」タブに移動して、SSDを最初に起動するドライブとして設定します。

boot

手順 3. 「F10」キーを押して、変更を保存して終了します。その後、コンピュータを再起動して、問題が解決されたかどうかを確認します。

方法4. 他のディスクを取り外す

コンピュータに複数のドライブを接続している場合、システムが正しい起動ドライブを認識できないことがあります。以上の方法で問題を解決できなければ、他のドライブを取り外してから、コンピュータを再起動してみましょう。多くのユーザーは、他のデバイスを取り外した後、パソコンがSSDから起動できるようになったと言っています。

方法5. AOMEI BackupperでHDDをSSDにクローンする(最も簡単)

これまでは、パソコンが間違ったドライブから起動する問題の解決策を4つご紹介しました。しかし、問題の原因を特定できない場合、または問題を修正しているときに、他の問題が発生することを心配する場合は、この方法を使用することができます。それは、無料のディスククローンソフト-AOMEI Backupper Standardを使用して、HDDをSSDにクローンすることです。このソフトでクローンすると、パソコンがクローンしたSSDから正常に起動することを確保できます。プロのクローンソフトとして、AB Stdは次のような利点があります:

起動可能:クローンした後、パソコンがクローンしたSSDから正常に起動することができます。
インテリジェントセクタークローン:デフォルトでは、使用されているセクターのみをターゲットディスクにクローンします。そのため、大容量HDDを小容量SSDにクローンすることもサポートしています。
SSD 4Kアライメント:クローンした後、SSDの読み書きの速度を向上させることができます。
全Windows OS対応:Windows 11/10/8.1/8/7/XP/Vistaなどに対応しています。

クローンを開始する前に、いくつかの準備作業が必要です:

クローン作成中、ターゲットディスクのデータはすべて削除されるので、事前にSSDにある重要なファイルをバックアップしてください。
SSDをパソコンに接続し、検出できることを確認します。
AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールしてください。
無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1.AOMEI Backupper Standardを開いて、「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

注意:AOMEI Backupper StandardはMBRからMBRへのシステムディスクのクローンと、MBRとGPTの間のデータディスクのクローンに対応しています。GPTからGPT、GPTからMBR、MBRからGPTへのシステムディスクのクローンを利用したい方は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。

手順 2. HDDをソースディスクとして選択します。そして、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 3. SSDをターゲットディスクとして選択します。そして、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

手順 4. クローンした後、SSDの性能を向上させるために、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れ、「開始」をクリックします。クローンした後、方法3の手順に従って、BIOSゼットアップで起動順位を変更し、パソコンがクローンしたSSDから起動することができます。

開始

パーティションを編集この機能で、ターゲットディスクのパーティションサイズを自動または手動で変更することができます(AOMEI Backupper Professionalで利用可能)。
セクター単位のクローン:元のディスクを同じサイズまたはより大きいディスクにクローンする場合、このオプションにチェックを入れると、使用されているかどうかにかかわらず、すべてのセクターをターゲットディスクにクローンします。

まとめ

Windows 10のパソコンが間違ったドライブから起動した場合、この記事で紹介した方法を使用して問題を解決することができます。問題の原因がわかっている場合は、対応する解決策を選択することができます。原因が分からない場合や、前の4つの方法で問題を解決している時に他の問題が発生することを心配する場合、プロのクローンフリーソフト-AOMEI Backupper Standardの使用をお勧めします。

AOMEI Backupper Standardを使用し、数回のクリックだけでHDDをSSDにクローンすることができます。クローンした後、パソコンがクローンしたSSDから正常に起動することも確保できます。クローンに加えて、このソフトはバックアップ、復元、同期、ディスク消去など様々な機能もサポートしています。今すぐダウンロードし、体験しましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速