By Machi / 最後の更新 2021年11月12日

ユーザー事例

「最近、Windows 11の動作が遅くなり、時々、勝手にロック状態になりました。パソコンのパフォーマンスが低下し、ロックしたときにはPCを強制終了しなければならなく、再度電源を入れると起動が20~30分かかってしまいます。

アプリやデータを失うことなく、Windows 11を再インストールしたいと思っています(再設定が必要だと知っています)。どうすればいいでしょうか?お教え願います!」

Windows11

Windows 11に深刻な問題が発生し、OSを再インストールしたい場合、プログラムやデータの損失に悩むでしょうか?心配しないでください。この記事では、プログラムやデータを保持してWindows 11をリフレッシュする3つの方法をご紹介します。詳細については、以下を読み進めてください。

Windows 11をリフレッシュする原因

Windows 10以降、「PCをリフレッシュする」機能は「個人用ファイルを保持する」オプションとして「このPCを初期状態に戻す/このPCをリセット」に統合され、Windows 11でも継続されています。Windows 11のリフレッシュを使用して、Windows 11を再インストールした後、個人用ファイルや設定を保持できますが、ほとんどのアプリは削除されます。では、どのような場合にWindows 11をリフレッシュする必要があるのでしょうか?一般的な原因は以下のものです:

コンピュータに加えた変更を復元したい。
破損したシステムファイルに起因する問題を修正したい。
PCの動作が遅くなったり、頻繁にハングアップしたりすることを解決したい。

アプリを失うことなくWindows 11をリフレッシュする方法

これからは、アプリやデータを失うことなくWindows 11をリフレッシュする3つの方法を紹介します。必要に応じて選択してください。

方法 1. 修復インストールでWindows 11をリフレッシュする

お使いのWindows 11が起動可能で、インストールされたすべてのアプリが正常である場合は、修復インストールによってWindows 11をリフレッシュすることができます。修復インストールは、Windows 11で「Setup.exe」を実行することで行うことができます。詳細は以下の通りです:

手順 1. マイクロソフトの公式サイトから「Windowsメディア作成ツール」をダウンロードし、それを使ってインストール用のISOファイルを作成します。

今すぐダウンロードをクリック

手順 2. 作成したISOファイルを右クリックして「マウント」をクリックし、ルートディレクトリに移動します。

マウントをクリック

手順 3. ルートディレクトリで、「Setup.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。

「Setup.exe」をダブルクリック

手順 4. 「Windows 11セットアップ」ウィンドウが表示されると、「次へ」をクリックします。そして、「準備ができるまで少しお待ちください」に進み、準備の完了を待ちます。

windows 11セットアップ

手順 5. 準備が完了して、「適用される通知とライセンス条項」が表示されます。読んだ後、「同意する」をクリックします。

「同意する」をクリック

手順 6. ポップアップウィンドウが表示されるので、「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」を選択し、「次へ」をクリックします。

個人用ファイルとアプリを引き継ぐを選択

手順 7. 下のウィンドウで選択された内容を確認したら、「インストール」をクリックして、Windows 11を再インストールします。引き継ぐデータを変更したい場合は、「引き継ぐものを変更」をクリックします。

インストールをクリック

プログラムやデータを保持したまま、リフレッシュするために、PCが数回再起動されます。こんなリセットは、通常のリセットよりも時間がかかります。

方法 2. 「このPCをリセット」でWindows 11をリフレッシュする

1番目の方法に加えて、「このPCをリセット/このPCを初期状態に戻す」を使って、ファイルを保持してWindows 11をリフレッシュすることができます。以下の手順に従ってください:

システムが正常に起動できる場合は、「設定」でPCをリセットすることができます。「Win」キー +「I」キーを押して「設定」を開き、「システム」→「回復」→「このPCをリセット」の順にクリックします。

このPCをリセットをクリック

システムが起動できない場合は、回復ドライブを作成し、そこから起動します。その後、言語やキーボードなどを設定して、「次へ」→「コンピュータを修復する」→「詳細オプション」→「トラブルシューティング」→「このPCを初期状態に戻す」の順にクリックします。

このPCを初期状態に戻すをクリック

手順 1. すると、表示されるウィンドウで、「個人用ファイルを保持する」を選択します。

個人用ファイルを保持を選択

注意:
データを保持してWindows 11をリフレッシュしたい場合は、最初のオプションを選択してください。
クリーンインストールしたい場合は、2番目のオプションを選択してください。

手順 2. 次に、ニーズに合わせてWindows 11を再インストールする方法を選択してください。

再インストールする方法を選択

注意:
「クラウドからダウンロード」では、マイクロソフトのサーバーからWindows 11のシステムファイルをダウンロードするため、4GB以上のデータが使用されます。
「ローカル再インストール」では、ローカルストレージにすでに存在するファイルを使用して、Windows 11を再インストールします。

手順 3. 新しいウィンドウに、現在の設定が表示されます。設定を変更したい場合は「設定の変更」をクリックします。問題がなければ、「次へ」をクリックして続行します。

「次へ」をクリック

手順 4. 「リセット」をクリックすると、リフレッシュが始まります。このプロセスには数分かかります。

リセットをクリック

方法 3. 以前のOSに復元することでWindows 11をリフレッシュする

以上の2つの方法を使いたがらないなら、「Window.old」フォルダから手動でファイルやアプリを取り出すことができます。この方法は非常に簡単で、OSをインストールし、フォルダをブラウズして、必要なファイルをデスクトップなど好きな場所にコピーすればよいです。具体的な手順は以下の通りです:

手順 1. USBまたはDVDをパソコンに接続し、そこから起動します。

手順 2. 言語やキーボードなどを設定して、「次へ」をクリックします。

次へをクリック

手順 3. 「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストールをクリック

手順 4. 「Windowsのインストール場所を選んでください」画面で、Cドライブを選択して、「次へ」をクリックします(フォーマットを避ける)。

手順 5. 画面の指示に従ってインストールを完成し、デスクトップに入ると、「WIN」キー +「E」キーを押して「エクスプローラー」を開きます。

手順 6. 「PC」に移動し、「ローカルディスク(C:)」をダブルクリックして、Cドライブのルートディレクトリに「Windows.old」フォルダがあります。このフォルダには、以前インストール時のすべてのファイルを保持しています。また、「Windows.old」フォルダを使って以前のOSに復元することで、アプリを保持したままにWindows 11をリフレッシュすることができます。

windows.old

Windows 11でアプリやデータを失わないための最善の方法

アプリやデータを失うことなくWindows 11をリフレッシュする必要がある場合は、上記の方法のいずれかを選択しても対応できます。しかし、アプリやデータの損失を防ぐための最良の方法は、Windows 11を定期的にバックアップすることです。

Windows 11システムは何か問題が発生した場合、このシステムのバックアップを使って簡単に復元することができます。システムには重要なデータがたくさんあるので、安心安全なバックアップソフトウェアを選択しなければなりません。数あるソフトの中でも、AOMEI Backupper Standardというフリーソフトを強くお勧めします。プロのバックアップツールとして、このソフトは以下のメリットがあります:

システム、ファイル、パーティション、ディスクをバックアップすることができます。
毎日、毎週、毎月などの頻度で自動バックアップを設定することができます。
増分バックアップを設定して、1回のフルバックアップした後、これから数回のバックアップは変更されるデータのみをバックアップします。ターゲットディスクの容量を節約することができます。
バックアップモード(使用しているセクターのみをバックアップ/完全なバックアップを作成)、圧縮レベル(高レベル/普通/なし)、バックアップサービス(Microsoft VSSバックアップサービス/AOMEIバックアップサービス)を設定することができます。
USB、HDD、SSD、NASなどの複数のバックアップ先にバックアップすることができます。
また、Windows 11/10/8.1/7/Vista/XPなど様々なOSに対応しています。

では、以下の手順に従ってWindows 11をバックアップしましょう。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして開きます。そして、「バックアップ」→「システムバックアップ」をクリックします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

システムバックアップをクリック

手順 2. システムが含まれているパーティションは既に選択されます。バックアップ先だけを選択すればよいです。

バックアップ先を選択

手順 3. 問題がなければ、「開始」をクリックすると、Windows 11がバックアップされます。

開始をクリック

注意:
オプション:コメントを書いたり、バックアップの圧縮レベルを選択したり、メール通知を設定したりすることができます。
スケジュール:この機能では、毎日/毎週/毎月/イベントトリガー/USB挿入の頻度で自動バックアップを設定することができます(イベントトリガーとUSB挿入はAOMEI Backupper Professionalで利用可能)。
スキーム:古いバックアップの自動削除を設定することができます。ディスク容量を節約することができます(AOMEI Backupper Professionalで利用可能)。

まとめ

アプリやデータを失うことなくWindows 11をリフレッシュする必要がある場合、ニーズに合わせて「修復インストール」、「このPCをリセット/このPCを初期状態に戻す」、「以前のOSに復元する」のいずれかの方法を選択すればよいです。アプリやデータの損失を効果的に防ぐためには、システムを定期的にバックアップすることをお勧めします。

AOMEI Backupper Standardという無料のプロのバックアップソフトが役立ちます。これを使って自動バックアップを実行することができますし、バックアップを保護するための機能もたくさんあります。システムは何か問題が発生した場合に、システムバックアップで復元して、以前の状態に戻すことができます。

台数無制限のPCをデータ損失から守りたい場合に、AOMEI Backupper Technicianはよい選択です。データセキュリティに悩まれている方は、ぜひダウンロードして使ってみてください。