By Machi / 最後の更新 2021年10月14日

Windows Bootable Image Creatorとは?

Windows Bootable Image Creator

Windows Bootable Image Creator(WBI Creator)は、正式にはWindows Bootable ISO Creatorと呼ばれ、Windowsのセットアップファイルから起動可能なISOイメージを作成・書き込みすることを目的とした軽量のソフトウェアです。Windows XP、Vista、Windows 7/8/8.1/10(すべてのWindowsエディション、32ビットと64ビットの両方を含む)に対応しています。非常に簡潔で、ディスクイメージを作成するため、いくつかのオプションを提供し、追加ユーティリティはありません。

ISOイメージの概要

ISOイメージ(またはISOファイル、光ディスクイメージ)は、CDやDVDのデータを1つにまとめたファイルです。光ディスクのバックアップや、光ディスクへの書き込みを目的とした大容量のファイルセットを配布する際によく使用われます。

ISOイメージ自体は起動可能です。あらかじめISOイメージ形式でバックアップを取っていれば、パソコンに何らかの災害が起きて起動できなくなったり、起動に問題があったりしても、そのバックアップを使って簡単に機器を復元することができます。

WBI CreatorでWindows ISOを作成する方法

Windowsブータブルイメージクリエーターは、最もよく使われている無料なブータブルISO作成ツールの一つです。その最大の理由は、簡潔な操作です。次に、WBI Creator for Windows 10を使ってWindows 10のISOイメージを作成する方法を例に挙げて、このソフトの使い方を紹介します。

手順 1. まず、Windows 10のセットアップファイルをすべて1つのフォルダに入れます。新しい空のフォルダーに入れることをお勧めします。

windows10セットアップファイル

手順 2. Windowsブータブルイメージクリエーターをダウンロードし、起動します。その後、「Next(次へ)」をクリックします。

手順 3. ブータブルISOイメージを作成するWindowsのバージョンを選択します。

windowsバージョンを選択

手順 4. このタスクに名前をつけます。

タスクの名前を書き込む

手順 5. 次に、Windows 10のセットアップファイルの場所を選択します。あらかじめ作成しておいたフォルダを選択し、「OK」をクリックします。

セットアップファイルの場所を選択

フォルダをブラウズ

手順 6. 出力パスを選択します。ここでは、Windows 10のISOをデスクトップに作成していますが、USBメモリーなど他の場所も選択できます。

出力パスを選択

手順 7. 最後に、すべての設定を確認して「Go」をクリックします。

設定を確認

手順 8. 操作が完了するのを待って、プログラムを閉じます。

以上はWBI Creator for Windows 10を使ってISOイメージを作成するガイドです。同様に、Windows XP/Vista/7/8/8.1用のISOファイルも作成できます。このブータブルISO作成のフリーソフトが使いやすいのですが、いくつかの制限があります。

OSの選択が限られる
セットアップファイルが必要だ
機能が少ない

ブータブルISOを作成する最高のフリーソフト—AOMEI Backupper Standard

Windowsブータブルイメージクリエーターがニーズに合わない場合は、他のブータブルISOの作成するフリーソフトをお勧めします。AOMEI Backupper Standardは、事故の前に自分のコンピュータで、または事故の後に別のコンピュータで起動可能なメディアを作成できます。お使いのWindows 10が黒い画面になり、起動に失敗する場合、Windows 10のスタートアップ問題の迅速な解決策にもなります。このソフトは以下の機能があります:

コンピュータの災害復旧のために、ブータブルUSB/CD/DVD を作成することができます。
システムバックアップ・ディスクバックアップ・パーティション・ボリュームバックアップ、及びファイルバックアップを作成することができます。
異なるスケジュールで複数の自動バックアップタスクを作成・管理することができます。
HDD・SSD・NAS・USBメモリなど、さまざまな場所からデータを復元することができます。
すべてのWindows PCとすべてのNASが利用でき、ブランドの制限はありません。

AOMEI Backupper StandardでブータブルISOイメージを作成する方法は?手順は次の通りです。

ブータブルメディアの作成

コンピュータの起動に問題がある場合、その問題を解決するためには、ブータブルメディアが最適です。まず、健全なコンピュータからブータブルメディアを作成し、それを使ってコンピュータを起動します。ここでは、ブータブルUSBを作成することにします。

✍ 注意:ドライブ上のすべてのデータが消去されます。重要なファイルがある場合は、データの損失を防ぐために、事前にUSBメモリーをバックアップしてください。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 左パネルの「ツール」をクリックし、「ブータブルメディアの作成」を選択します。

ブータブルメディアの作成を選択

手順 3. ポップアップウィンドウで、「Windows PE -Windows PEに基づいてブータブルメディアを作成」オプションを選択し、「次へ」をクリックして続行します。

Windows PEを選択

ヒント:
Windows PEに基づいたブータブルメディアはより柔軟でカスタマイズ可能な(カスタムドライバーの追加)レスキューメディアです。その中でバックアップ・復元・クローンのプロセスが開始できます。
Linuxカーネルに基づいたブータブルメディアは機能的に制限されたレスキューメディアです。復元とクローンの操作にのみ使用できます。

手順 4. ブータブルメディアを作成するためのUSBドライブを選択して、「次へ」をクリックします。作成プロセスの完了を待ちます。

ターゲットデバイスを選択

ブータブルメディアへのシステムバックアップの作成

手順 1. AOMEI Backupperを起動し、「バックアップ」タブの「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップを選択

手順 2. このプログラムは、完全なシステム復元に必要なパーティションを自動的に含みます。バックアップイメージを保存する場所だけ指定するのが十分です。ここでは、以前作成したブータブルUSBを保存先として選択します。

保存先を選択

手順 3. (選択自由)「スケジュール」をクリックすると、バックアップの頻度が設定できます。「USB挿入」を選択したら(Pro/Workstaionにアップグレード後に利用可能)、USBが挿入されたときに自動的にコンピュータをフラッシュドライブにバックアップすることができます。

スケジュールを設定

手順 4. すべての設定を確認し、「開始」をクリックします。

開始する

ヒント:
オプション:現在の操作に対するコメントを書き込んだり、メール通知を設定して、タスクの結果ができたら、すぐにメールを受信することができます。
スキーム:このボタンをクリックすると、バックアップスキームと保持するバックアップ数を設定することができ(Professional エディションで利用可能)、ストレージの容量を節約することもできます。

ブータブルメディアからの復元

作成したブータブルメディアとシステムイメージを使って、Windowsを以前の正常な状態に簡単に復元できます。

手順 1. まず、起動用USBをパソコンに挿入し、パソコンの電源を入れ、システムに必要なキーを押してBIOSを起動します。

手順 2. 次に、起動デバイスの選択画面で「USB Device」を選択して「Enter」キーを押すと、パソコンはブータブルUSBドライブから起動します。

手順 3. USBドライブから起動した後、AOMEI Backupper Standardが自動的に起動し、表示された画面で「復元」→「タスクを選択」/「イメージファイルを選択」を選択し、システムの復元を実行します。

タスク/イメージファイルを選択

まとめ

上記はWindows Bootable Image Creatorとその代替品であるAOMEI Backupperのフルガイドです。両者を比較すると、前者の操作が非常に簡単ですが、機能が少ないです。

AOMEI Backupperはバックアップ、復元、クローン、同期及びその他の強力な機能を統合したツールです。また、多くのデータ保護ツールの欠点を補います。例えば、Acronis True Imageがクローン時にハングアップし、またはOneDriveが「同期が保留中」で止まっているなどの問題です。このツールがあれば、データ保護中で何か問題が出でくるのかなという心配がありません。今すぐ試してみませんか?