By Akira / 最後の更新 2022年08月11日

自動修復とは?

Windows 8/10では、自動修復と呼ばれる新しい修復ツールが配置されています。OSが起動するときに問題を検出できます。問題が検出されると、自動修復で自動化された診断ベースのトラブルシューティングが開始されます。そして、自動的に操作が開始されます。

問題が深刻で、自動修復が自動的に開始されない場合は、リカバリディスクを作成し、それを使用してコンピュータのトラブルシューティングを行ってみてください。

Windowsの自動修復ループとその原因

何が起こっても、常に原因があります。自動修復に繰り返すコンピュータは例外ではありません。ここにそのタイプと理由がリストされます。

自動修復ループのタイプ:

  • Windowsで「自動修復でPCを修復できませんでした」というエラーメッセージが表示されます。

  • Windowsの自動修復は、「自動修理の準備をします」が表示される黒いスクリーンに立ち止まります。

  • ディスクなしのWindows自動修復ループです。

自動修復準備の原因:

  • 停電、クラッシュ、ラップトップ充電池の不足のため、Windowsは正常にシャットダウンしません。

  • 早期にマルウェア対策ソフトウェアを起動することが許されます。

  • お使いのコンピュータにファイルやドライバが壊れています。

  • ハードドライブが破損しているか、Windowsレジストリまたはレジストリ設定が破損しています。

  • デバイスパーティションまたはosデバイスのパーティションの値が正しくありません。

  • 追加のUSBドライブまたは他のハードドライブに接続しています。

  • Windowsブートマネージャーが最初のブートデバイスとして設定されました。

上記の理由によると、最も簡単な方法はWindowsを正常に起動することです。コンピュータを起動し、F8キーを繰り返し押してWindowsブートマネージャにアクセスし、次にWindowsを正常に起動するを選択します。それでも解決できまい場合は、次の方法を1つずつ試してください。

コマンドプロンプトを利用してWindowsの自動修復ループを修正

以下では、コマンドプロンプトで特定のコマンドを実行する必要があります。コマンドプロンプトを入力するには2つの方法があります。

1. ブートオプションメニューを利用します。コンピュータを何度も再起動して ブートオプションメニューにアクセスし、トラブルシューティング詳細オプションコマンドプロンプトの順に選択すると、コマンドプロンプトウィンドウが開きます。

2. インストールディスクを利用します。WindowsインストールCD/DVDを挿入し、コンピュータの電源を入れ、キーを押してCDまたはDVDから起動するというメッセージが表示されたら、キーを押します。その後、Shift+F10キーを押して、Windowsセットアップ画面でコマンドプロンプトが開きます。

破損したファイルを削除する

1. ログファイルを開き、破損したファイルを見つけます。コマンドプロンプトで次のように入力すると、破損したファイルを見つけることができます。

C:

Cd Windows System32LogFilesSrt

SrtTrail.txt

VMWareファイルを例に取ると、Boot critical file c:windowssystem32driversvsock.sysのようなメッセージが表示されます。 他のメッセージを受け取った場合は、問題のあるファイルの種類を検索して確認する必要があります。

2. 破損したファイルを削除します。次のように入力し、Enterを押します。

cd c:windowssystem32drivers

del vsock.sys

破損したファイルを削除

BCDを再構築してChkdskを実行する

1. BCDを再ビルドし、MBRを修復します。以下のコマンドを入力します。

bootrec.exe/fixmbr

bootrec.exe/fixboot

bootrec.exe/rebuildbcd

BCDを再構築

コツ:
/fixmbrは新しいMBR(マスタブートレコード)をシステムパーティションに書き込みます。
/fixbootは新しいブートセクタをシステムパーティションに書き込みます。
/rebuildbcdはWindowsインストールのすべてのディスクをスキャンし、BCDストアに追加するエントリの選択肢を提供します。

2. Chkdskを実行します。次のコマンドをパーティションドライブ文字で入力します。

chkdsk/r c:

コツ:Chkdskを実行すると、ハードドライブのファイルシステムの破損をチェックし修復できます。

3. コンピュータを再起動し、これが機能するかどうかを確認してください。

RegBackを使用してWindowsレジストリまたはレジストリ設定を復元する

1. システムのドライブを確認します。コマンドプロンプトで直接C:をタイプすることができます。プログラムファイル、プログラムファイル(x86)、ユーザー、Windowsが表示された場合は、システムドライブです。そうでない場合は、次のドライブ文字を入力してください。

2. 次のコマンドを使用してRegBackからWindowsレジストリを復元します。ファイルを上書きするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、次のコマンドを入力してEnterを押します。

copy d:windowssystem32configRegBack* d:windowssystem32config

レジストリを復元

3. コマンドプロンプトを終了します。exitと入力してEnterを押します。

4. コンピュータを再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。

Windows 10の自動修復を修正する他の方法

●ノートパソコンのバッテリーを取り外して元に戻します。

●ラップトップのRAMメモリを削除します。

●ハードドライブの取り外して再接続します。

●追加のUSBドライブまたはハードドライブを取り外します。

●BIOSの起動優先度を確認し、変更してください。Windows起動マネージャが最初の起動デバイスとして設定されます。ブート可能なハードドライブに優先順位を設定する必要があります。

●早期起動アンチマルウェア保護を無効にします。ブートメニューのトラブルシューティング詳細オプションスタートアップの設定を選択し、再起動を選択して、早期起動アンチマルウェア保護を無効にします。最後に、再起動して動作するかどうかを確認します。

●不良ドライバを交換してください。ネットワーキングでセーフモードを有効にしてから、最新のドライバをダウンロードすることができます。 次に、DISM/Online/Cleanup-Image/RestoreHealthコマンドを入力してドライバの状態を復元します。最後に、コンピュータを再起動してドライバをインストールします。

この記事では、dell自動修復ループWindows 10、ASUS自動修復ループWindows 10、HP自動修復ループWindows 10などにも適用されます。

コンピュータを保護する方法

コンピュータが永遠に機能することを誰も保証することはできません。したがって、予防措置を講じる必要があります。バックアップは最良の方法の1つです。特にコンピュータに重大なエラーが発生した場合は、システムまたはファイルを復元できます。

バックアップを作成するには、使いやすいバックアップと復元ソフトウェアが必要です。無料ソフトウェアAOMEI Backupper Standardをお勧めします。 システム、ディスク全体、ファイルをバックアップすることができます。基本的な機能だけでなく、さらに有用な副機能を提供します。標準または高圧縮レベルでバックアップを圧縮できます。 電子メール通知を有効にして、操作が実行されるかどうかを確認できます。完全バックアップだけでなく、増分バックアップを楽しむことができます。また、毎日、毎週、毎月など、特定の日時にバックアップを作成することもできます。

1. 無料のAOMEI Backupper Standardをダウンロードして開きます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

2. バックアップ⇒システムバックアップをクリックします。また、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップを選択してもよいです。

システムバックアップ

3. このウィンドウで、バックアップを保存するパスを選択します。

ターゲットパスを選択

メモ:AOMEI Backupperはデフォルトでシステムパーティションとその他のシステム関連のパーティションを選択します。 したがって、バックアップするパーティションを手動で選択する必要はありません。

4. 必要に応じて設定を行います。

設定

5. 保留中の操作を実行するには、開始をクリックします。

Windowsの自動修復ループは、コンピュータで機能することができないなら、最も不快なものの1つです。この問題を回避するには、上記のソリューションを試してください。

コンピュータを保護するには、1つまたは複数のシステムバックアップを作成することをおすすめします。システムイメージを取っておくと、いつでもシステムイメージのバックアップを復元できます。