By Comnena / 最後の更新 2021年12月20日

PCでWindows 11を実行できますか?

Windows 11は、ほぼ6年ぶりのMicrosoftの新しいオペレーティングシステムです。Windows 10の後継として、ユーザーインターフェイスを最適化するだけでなく、ハイブリッド作業環境をサポートし、ユーザーの生産性を向上させるように設計された多くの新機能も提供します。

このPCではWindows 11を実行できません

アップグレードに関しては、Windows UpdateはWindows 11の更新エンジンを最適化します。累積的な更新プログラムパッケージはWindows 10よりも40%小さくなります。Windows 10ユーザーの場合、Microsoftは無料のアップグレードを提供しています。ただし、すべてのWindows 10 PCがアップグレードの対象となるわけではありません。Windows 11の最小システム要件を満たす必要があります。満たしていない場合、インストール中に「このPCではWindows 11を実行できません」というメッセージが表示される場合があります。

お使いのPCがWindows 11にアップデートできるかどうかを確認するには、公式の「PC正常性チェック」を実行してください。お使いのコンピュータに互換性があるかどうかを事前に通知します。ただし、「このPCではWindows 11を実行できません」というメッセージを受け取った場合、それを修正するにはどうすればよいですか?

PCでWindows 11に対応していない原因

「PC正常性チェック」の完全なメッセージにあるように、コンピューターでWindows 11を実行できないエラーは、最小システム要件を満たしていないことが原因です。次の表を参照してください。

Windows 11の最小システム要件

これらの要件のほとんどはWindows 10とそれほど変わらず、ほとんどのコンピューターがそれらを満たすことができます。アップグレードの問題を本当に難しいものにしているのは、UEFI、セキュアブート、およびTPM2.0の要件です。したがって、この記事では、これらの問題を解決し、PCでWindows11を正常に実行する方法にも焦点を当てます。

Windows 11でセキュアブートを確認します

セキュアブートは、Windows 11のインストール時に必要なセキュリティ機能です。セキュアブートを有効にするには、システムがUEFIをサポートしている必要があります。また、システムがUEFIをサポートしている場合でも、手動でセキュアブートを有効にする必要がある場合があります。

まず、以下の手順でコンピューターでUEFIセキュアブートを確認してください。

ステップ 1. Windows + Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。テキストボックスに「msinfo32」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

msinfo32

ステップ 2. システム情報の画面が表示されます。画像のように、セキュアブートの状態が「有効」であれば、現在UEFIセキュアブートが有効化されている状態となります。

UEFIセキュアブートが有効

UEFIでセキュアブートモードを有効にする方法

UEFI BIOSモードがあり、単にセキュアブートを有効にする必要がある場合は、以下の手順に従ってください。

手順 1. 「スタート」>「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」に移動します。

手順 2. 「PCの起動をカスタマイズする」セクションで「今すぐ再起動」を選択します。

今すぐ再起動

手順 3. 次に、PCはWindows 10回復環境で起動します。「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「UEFIファームウェアの設定」を選択します。

注:レガシーBIOSを使用している場合、このオプションは使用できません。

123

手順 4. UEFI設定で、「Boot」または「Security」タブに移動し、「Secure Boot」を選択して「Enabled」にすることができます。

123

手順 5. F10を押して設定を保存し、終了します。次に、セキュアブートを有効にしてPCをWindowsで再起動する必要があります。

ヒント:BIOSの設定画面はパソコンメーカーや機種によって異なりますが、基本内容や操作方法はほぼ同じです。

レガシーBIOSを使用している場合:MBRをGPTに変換し、BIOSからUEFIに切り替える

UEFIとセキュアブートにはGPTディスクが必要です。したがって、レガシーBIOSを使用している場合は、最初にディスクタイプを確認してください。

手順 1. 検索バーで「ディスクの管理」を検索し、ポップアップウィンドウでシステムディスクを右クリックして、「ボリューム」タブでパーティションスタイルを確認します。

手順 2. MBRディスクの場合は、最初にそれを変換する必要があります。BIOSからUEFIに切り替えるには、MBRからGPTに変換する方法をお読みください。

手順 3. UEFIをサポートするGPTパーティションスタイルを使用しているので、マザーボードにアクセスして、レガシーBIOSをUEFIに変更します。

手順 4. 前述のように、起動時に特定のキー(製造元によって異なります)を押して、「ブート」メニューの「UEFI」オプションを有効にすることができます。

UEFIオプションを有効

Windows 11でTPM 2.0を確認します

Windows 11のアップグレードには、トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)バージョン2.0が必要です。Measured Boot、Windows Hello、WD SystemGuardなどのWindows 11の多くのセキュリティ機能をサポートします。TPMチップなしでWindows 11を実行すると、これらの機能にアクセスできなくなり、リスクが発生する可能性があります。

手順:PCでTPM情報を確認するには、Win + Rを押し、textoxに「tpm.msc」と入力してEnterキーを押します。使用中でバージョンが2.0の場合、問題はありません。

TPM情報を確認

ただし、バージョンが2.0未満の場合、または「互換性のあるTPMが見つかりません。」と表示されている場合は、Windows 11にアップグレードできません。2つの可能性があります。

▶1つは、WindowsがTPMモジュールを検出できないことですが、実際には、CPUにはTPM2.0モジュールが統合されています。デフォルトのBIOS設定でTPM機能が有効になっていないという理由だけで、システムはそれを認識しません。

これは、過去4世代のIntelまたはAMDモデル、つまり、第11世代、第10世代、第9世代、第8世代のCore、またはRaider 5000、4000、3000、および2000シリーズでよく見られます。この場合、(製造元とコンピューターのモデルに応じて)特定のキーを押して起動時にBIOS画面に入り、TPM機能(一般にBIOSではトラストコンピューティングと呼ばれます)を有効にすることができます。

TPMモジュールを検出

▶もう1つの状況は、コンピューターが実際にTPMをサポートしていないことです。つまり、Windows 11のアップグレードの準備ができていません。ただし、TPM2.0なしでWindows 11をインストールする場合は、いくつかのレジストリエントリを使用して回避できます(次の方法を参照)。その前に、この移動の危険性と、Windows 11が将来このアプローチを無効にする可能性を考慮してください。

サポートされていないPCでのセキュアブートとTPMチェックを回避します

Windows 11をインストールするための最小要件に従って、コンピューターはTPMとセキュアブートをサポートする必要があります。UEFI BIOSモードの場合は、2つの要件を簡単に有効にできます。ただし、レガシー BIOSモードの場合、それを行う方法はありません。そのため、Windows PCのレジストリキーの値を変更して、セキュアブートとTPM2.0を回避してWindows 11をクリーンインストールする必要があります。方法は次のとおりです。

手順 1. Win + Rを押して実行インターフェイスを開き、regeditと入力してレジストリを開きます。

regeditと入力

手順 2. 左側のペイン上の目次を展開して次のパスに移動する:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup

目次を展開

手順 3. 「Setup」の上で右クリックし、コンテキストメニューが表示されたら、「新規(N)」→「キー(K)」をクリックします。すると「新しいキー#1」という名前のキーが作成されますので、キーの名前を「LabConfig」に修正します。

新しいキー

手順 4. LabConfigキーの下で、空白スペースを右クリックして2つのDWORD(32ビット)値オプションを作成し、新しいDWORD値を作成します。

DWORD値を作成

手順 5. それぞれBypassTPMCheckとBypassSecureBootCheckという名前を付けます。

BypassTPMCheckとBypassSecureBootCheck

手順 6. 2つのDWORDをダブルクリックし、「値のデータ」フィールドをそれぞれ1に編集します。

値のデータ

終了したら、レジストリエディタウィンドウを閉じて、コンピュータを再起動します。最後に、Windows PCにWindows 11 ISOをインストールして、Windows 11セットアップを実行してみてください。このようにして、TPMとセキュアブートを回避してWindows 11を簡単にクリーンインストールできます。

セキュアブートまたはTPM2.0を回避してWindows 11をコンピューターに復元

上記の方法を試したくない場合は、他の解決策があります。Windows 11が正常にインストールされた別のコンピューターにシステムバックアップを作成し、アップグレードしたいコンピューターに復元できます。このようにして、インストールプロセスをスキップし、「このPCではWindows 11を実行できません」というエラーを解決できます。

このプロセスでは、AOMEI Backupper Professionalを使用する必要があります。これは、Windows 11/10/8.1/8/7/XP/Vistaを含むOSと、ファイルとフォルダー、パーティション、システム、ディスクを含むデータタイプをサポートする、便利で用途の広いバックアップおよび復元ソフトウェアです。

復元に関しては、ユニバーサル復元オプションがあります。これは、異なるハードウェアを備えた別のコンピューターで作成されたシステムイメージを復元するための機能です。

Windows 11のシステムイメージを作成する方法:

手順 1. このソフトウェアをダウンロードして、Windows 11を実行しているコンピューターにインストールします。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
 安全かつ高速

手順 2. ソフトウェアを起動し、「バックアップ」タブに移動して、「システムバックアップ」を選択します。Windowsが実行するために必要なすべてのシステム関連のパーティションが自動選択されます。

システムバックアップ

手順 3. Windows 11システムイメージのターゲットパスを指定します。移行を簡単にするために、リムーバブルデバイスに保存できます。次に、「開始」をクリックします。

開始

ヒント:アップグレードするPCが起動しない場合(または問題が発生することが心配な場合)は、「ツール」タブに移動して、Windows 11コンピューターでブータブルディスクを作成できます。

Windows 11システムをWindows 10コンピューターに復元する方法:

バックアップが完了したら、アップグレードしたいPCにAOMEI Backupperをインストールし、作成したシステムイメージにデバイスを接続できます。

*ヒント:Windows 11にアップグレードする前に、Windows 10をバックアップすることをお勧めします。したがって、操作が失敗した場合や、新しいOSに満足できない場合でも、簡単に以前のバージョンに戻すことができます。

手順 1. ソフトウェアを起動し、「復元」タブに移動し、「イメージファイルを選択」を選択してシステムイメージを見つけます。

イメージファイルを選択

手順 2. 「このシステムイメージを復元」を選択し、「システムを他の場所に復元」にチェックマークを付けます。「次へ」をクリックして続行します。。

バックアップタスクを選択

手順 3. システムイメージを復元するターゲットパスを選択し、「次へ」をクリックして操作の概要を表示します。

ターゲットパスを選択

手順 4. このページで、操作を確認し、「ユニバーサル復元」にチェックマークを付けて、復元後にコンピューターが起動できることを確認します。次に、「開始」をクリックします。

開始

復元後、Windows 11システムイメージは正常に復元されているはずです。PCを再起動して、Windows 11で起動できるかどうかを確認できます。新しいOSのインターフェイスやパフォーマンスが気に入らない場合は、以前に作成したシステムイメージを使用してWindows 11をWindows 10に戻すこともできます。

まとめ

まったく新しい、大きく変更されたOSとして、多くのユーザーはWindows 11に興味があり、それが何であるかを知りたいと思っています。ただし、最小システム要件があるため、多くのユーザーが「このPCではWindows 11を実行できません」というプロンプトを受け取ります。これの最も一般的な理由は、セキュアブートまたはTPM2.0の欠如です。

この記事では、これらの問題を修正または回避してWindows 11を正常にインストールする方法について説明します。AOMEI Backupperを使用して、Windows 11が既にインストールされているPCから他のPCにシステムイメージを復元することができます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。この記事が助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。