By Akira / 最後の更新 2021年07月15日

Windows 11について

米Microsoftは6月24日、次期OS「Windows 11」に関するオンライン発表会を実施しました。無償アップグレードが提供されて、年内には公開されます。新しいWindows 11は多くのユーザーの注目を集めています。では、Windows 11で発生した大きな変更を見てみましょう。

スタートメニュー:新しいスタートメニューはタスクバーの中央にあります。必要に応じて、それらをすべて左側に戻すことができます。
ファイルエクスプローラー:Windowsエクスプローラー(各種ファイルを探す画面)の右上隅に配置されている画面最大化ボタンには、複数のエクスプローラ画面を分割表示できる機能が追加されています。
ウィジェット:タスクバーアイコンの真ん中にウィジェットがあります。デスクトップウィジェットの代わりに、現時点ではニュースと興味以外の何物も表示していません。

また、Windows 11のその他の新機能については、Microsoft Webをご覧ください。

Windows 11

では、どうすればシステムをWindows 11にアップグレードできますか?

PCにWindows 11を段階的にインストールする方法

次に、Windows 11を最初からインストールする方法、または古いオペレーティングシステムからアップグレードする方法を説明します。

1. ブートからのWindows 11のクリーンインストール

ステップ 1. Windows 11インストールメディアからコンピューターを起動します。または、Windows 11 ISOファイルをダウンロードして、そのファイルから開始することもできます。

ステップ 2. Windowsインストーラウィンドウが表示されたら、言語とその他の設定を選択し、「次へ」をクリックします。次に、「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストール

ステップ 3. Windowsをアクティブ化するように求められます。Windowsを再インストールする場合は、プロダクトキーを入力するか、「プロダクトキーがありません」をクリックしてください。

ステップ 4. インストールするオペレーティングシステムを選択し、「次へ」をクリックします。Windows 11 Home、Pro、Education、Enterpriseなどから選択できます。

オペレーティングシステム

ステップ 5. ライセンス条項に同意し、「次へ」をクリックします。次に、「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」を選択します。

Windowsのみをインストールする

ステップ 6. Windowsをインストールするドライブを選択し、「次へ」をクリックします。インストールプロセスが完了するのを待ちます。

ドライブを選択

ステップ 7. Windows 11のセットアッププロセスに進みます。適切な国、キーボードレイアウト、および個人/仕事での使用を選択してください。次に、アカウントを追加し、プライバシー設定を選択します。数分後、Windows 11の新しいデスクトップが表示されます。

2. Windows 10/8/7からのWindows 11のアップグレード

ステップ 1. MicrosoftのサイトからWindows 11 ISOファイルをダウンロードします。ISOファイルを開き、setup.exeファイルを起動します。

ステップ 2. Windows 11インストールウィザードがロードされるのを待ちます。「Windows 11 セットアップ」ページで、「次へ」をクリックします。

Windows 11 セットアップ

ステップ 3. アップデートをチェックし、PCを自動的にチェックします。PCがWindows 11をインストールするためのシステム要件を満たしている場合は、「該当する通知とライセンス条項」ページが表示されます。「同意する」をクリックして続行します。

ご注意:「このPCはWindows 11を実行できません」というプロンプトが表示された場合は、現在のバージョンのWindowsで利用可能な更新プログラムをインストールし、Windows 11のアップグレードを再試行してください。

ステップ 4. 「インストールする準備ができました」ページで、操作を確認して「次へ」をクリックします。

インストールする準備ができました

ヒント:デフォルトでは、個人のファイルとアプリケーションはインストールプロセス中に保持されます。

ステップ 5. Windows 11のインストールが開始され、PCが数回再起動します。PCの電源を切らないでください。

 Windows 11のインストール

予測できないエラーを防ぐために、OSをバックアップする

システムエラーは時々発生します。使用しているWindowsのバージョンに関係なく、システムイメージのバックアップを作成することをお勧めします。その結果、コンピュータがクラッシュしてもパニックになることはありません。システムイメージからコンピューターをバックアップ時点までの状態に復元することができます。それでは、Windows OSを簡単かつ安全にバックアップするにはどうすればよいですか?最高の無料バックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Standardが役立ちます。

さまざまなニーズを満たすために、4種類のバックアップを提供します。それらは、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、およびファイルバックアップです。
バックアップを最新の状態に保つために、「スケジュール」を利用して、自動的にバックアップできます。
Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPなどのすべてのWindows PCオペレーティングシステムがサポートされています。

今すぐAOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードしてお試しください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

システムイメージのバックアップを作成するには、「バックアップ」>「システムバックアップ」に移動します。ユーザーフレンドリーなインターフェースにより、バックアッププロセスは簡単です。

システムバックアップ

まとめ

これはWindows 11のインストールに関するすべてのものです。Windows 11のクリーンインストールまたはアップグレードを実行するかどうかにかかわらず、このページで詳細な手順を見つけることができます。

さらに重要なことに、重大なシステムエラーから回復できるように、AOMEI Backupper Standardを使用してオペレーティングシステムをバックアップすることをお勧めします。AOMEI Backupper Standardでは、バックアップおよび復元機能に加えて、HDDのデータ転送を実行することもできます。もっと発見するために今それを試してみてください!

そのほかのバージョン | AOMEI Backupper:1台のServer向けのServer版、台数無制限のPC向けのTechnician版、台数無制限のServer向けのTechnician Plus版もあります。Technician(Plus)版を利用して、クライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較