By Akira / 最後の更新 2021年12月20日

Windows11へのアップグレード前Windows10をバックアップする原因

Windows 11は2021年10月5日に利用可能になります。この日に、すべての適格なWindows 10のPCをWindows 11にアップグレードできます。しかし、Windows 11にアップグレードする前に、Windows10をバックアップする必要があることに注意してください。

windows11

新しいWindows 11 OSについて、不明なエラー、互換性の問題、および未完成の機能が発生する可能性があります。たとえば、PCにWindows 11をインストールする場合は、「このディスクにwindowsをインストールすることはできません」というエラーメッセージが表示されます。どうすればよいでしょうか?

アップグレード後に問題がある場合、またはWindows 11の機能が気に入らない場合は、Windows 10をバックアップすることがこれらの問題を簡単に解決するのに役立ちます。システムバックアップイメージから前の状態に復元することができます。
さて、Windows 11にアップグレードする前Windows 10をバックアップする方法はなんですか?4つの解決策を以下に提供します。

Windows11へのアップグレード前システムをバックアップする方法

次に、Windows 10をバックアップするための4つの方法を紹介します。

方法 1. ファイル履歴でWindows 10をバックアップ

システムをアップグレードした後のデータの損失を防ぐために、Windows 11にアップグレードする前にWindows 10のファイルをバックアップすることをお勧めします。ファイル履歴でWindows 10のファイルをバックアップする手順は以下のどおりです。

手順 1. 外付けHDDをPCに接続し、それを検出できるかどうかを確認します。

手順 2. スタートメニューから設定を開きます。次に「更新とセキュリティ」->「バックアップ」を選択します。

手順 3. バックアップウィンドウで、「ドライブの追加」ボタンをクリックして、外付けHDDを選択します。

ドライブの追加

手順 4. 次に、「ファイルを自動的にバックアップする」をオンにします。「その他のオプション」をクリックして、バックアップを実行する時間(頻度)、保管する期間、バックアップに追加したいフォルダ、バックアップから除外したいフォルダを設定できます。

保存する場所

手順 5. その後、「今すぐバックアップ」をクリックして、ファイルのバックアップを開始します。

開始

方法 2. バックアップと復元でシステムをバックアップ

バックアップと復元を使用してシステムイメージのバックアップを作成する手順は次のとおりです。

手順 1. 「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「バックアップと復元(Windows 7)」に移動します。

バックアップと復元

手順 2. 「バックアップと復元(Windows 7)」が表示されます。「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成

手順 3. 「ハードディスク上」をクリックして、バックアップイメージを保存するディスクを選択して、「次へ」をクリックします。

次へ

手順 4. 「バックアップの設定を確認します」と表示されるので、問題なければ「バックアップの開始」をクリックします。

バックアップの開始

方法 3. AOMEI Backupperでシステムをバックアップ

MicrosoftがWindowsユーザー向けに提供している上記の2つの組み込みバックアップツールから、どちらにもいくつかの欠点があることがわかります。ファイル履歴で、デスクトップ、ドキュメント、音楽、写真などのファイルを外付けHDDまたはネットワーク共有にバックアップできますが、ファイルを内部ドライブにバックアップできません。また、Windows組み込みツールでは、ファイルまたはシステムをクラウドドライブにバックアップできません。

この時、サードパーティソフトウェアを勧めます。AOMEI Backupper Standardは、最高の無料のWindows10バックアップソフトウェアです。

以下の利点があります:
SDカード、USBドライブ、外付けHDD、CD/DVD、ローカルディスクなどのディスクイメージを作成できます。
一定の間隔(ディリー/ウィークリー/マンスリー)でシステムをバックアップし、スケジュールされたバックアップを実行することができます。完全バックアップと増分バックアップも利用可能です。差分バックアップを利用したい場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。
ブータブルメディアの作成をサポートします。PCが正常に起動しない場合は、事前に作成したブータブルメディアを使用してPCを起動できます。
Windows XP、Vista、7、8、8.1、10、11でバックアップ、復元、同期、クローン、およびその他の機能を提供します。

次に、AOMEI Backupper Standardを使用してWindows11にアップグレードする前にハードドライブをバックアップする方法を説明します。

手順 1. この無料ソフトウェアをダウンロードし、インストールし、起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」をクリックしてから「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

手順 3. 別のバックアップタスクと区別するために、タスク名を変更することができます。「ディスクを追加」をクリックします。ポップアップウィンドウで、Windows 10のOS、インストールされているプログラム、個人データなどを含むディスクをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

手順 4. そして、ディスクイメージファイルを保存する場所を選択します。

保存する場所

ノート:✎...
>>「オプション」をクリックして、コメントを書き込んだり、圧縮レベルを設定したり、電子メール通知を有効にしたりします。
>>「スケジュール」をクリックして、バックアップを毎日/毎週/毎月実行します。
>>バックアップファイルをより適切に管理するために、Professional版にアップグレードして、古いバックアップイメージを自動的に削除してストレージスペースを解放するのに役立つ「スキーム」オプションを提供します。

手順 5. すべての設定を確認したら、「開始」をクリックします。

開始

方法 4. パーティションマネージャーでシステムをバックアップ

最後に、AOMEI Partition Assistant Professionalを紹介します。これは、Windows11/10/8/7をサポートする強力なバックアップソフトウェアです。このソフトを利用して、データを失うことなく、あるハードディスクを別のハードディスクにコピーできます。また、コピーされたすべてのデータは、新しいドライブで正常に実行できます。

次に、AOMEI Partition Assistantを使用してWindows11にアップグレードする前にハードドライブをバックアップする方法を説明します。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、起動します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

手順 2. 左側の「全てのツール」をクリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 3. ポップアップウィンドウでAOMEI PAは「セクタ単位のクローン」と「ディスクの高速クローン」2つのディスククローン方法を提供しています。ここでは、方法1を選択して「次へ」をクリックします。

クローンする方法

ディスクの高速クローン:ソースディスク上の使用済み領域をクローンします。大容量のソースディスクを小容量のターゲットディスクにクローンする場合、ターゲットディスクの空き容量はソースディスクの使用済み容量より大きいか等しい必要があります。
セクター単位のクローン:すべてのセクタをターゲットディスクにクローンします。ターゲットディスクの容量は、ソースディスクの容量以上にする必要がありますが、時間がかかります。ご希望のように選択してよろしいと思います。

手順 4. 次の画面でクローン先のディスク(ここでは、ディスク2)を選択して「次へ」をクリックします。

クローン先のディスク

手順 5. ターゲットディスクを選択画面で、ターゲット場所をクリックして選びます。ターゲットディスクがSSDの場合は、下の「SSDの性能を最適化」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

※注:ターゲットディスクを選択する場合、次の警告が表示されるかもしれません。データ損失を予防するために、その上の大切なデータを予めバックアップすることをお勧めします(安全のためにもう一度オススメ)。もしデータが必要な場合は、未割り当て領域をクローン先として選択してください。

注

手順 6. その後、ターゲットディスク上のパーティションを調整するオプションがあります。三つのオプションがあって、状況によって選んでください。

パーディションを調整

※補足:ここでは、3つのオプションがありますけど、ターゲットディスクがより小容量の場合、「コピー先に合わせる」を選択しかできません。

手順 7. メインインターフェイスに戻り、操作を実行するには「適用」>「続行」をクリックます。

適用

結論

Windows 11にアップグレードする前に、Windows 10をバックアップすることが重要です。Windows組み込みツールは、システムまたはファイルのバックアップに役立ちますが、ファイルまたはシステムをクラウドドライブにバックアップできないなどの問題があります。

サードパーティソフトウェアAOMEI BackupperとAOMEI Partition Assistantは、これらの問題を回避するのに役立つバックアップソフトウェアです。また、PCを保護するための他の強力な機能も提供します。 たとえば、AOMEI Backupperを利用して、Windows 11をSSDにインストールすることができます。AOMEI Partition Assistantを利用して、SSDからSSDへクローンを作成することができます。今すぐ試してみませんか?