By Akira / 最後の更新 2021年09月26日

Windows 11に問題がありますか?

Microsoftは最近、新しいOS Windows 11をリリースしました。古いバージョンと比べて、新しいシステムは、新しいスタートメニュー、通知センター、システムトレイ、再設計されたタスクバーなどの領域で大幅な更新を行いました。

windows 11

ただし、一部のユーザーは新しいインターフェイスに適応できず、古いインターフェイスが好きです。また、オペレーティングシステムはまだ初期のテスト段階にあるため、バグ、機能の欠落などの問題が発生する可能性があります。では、Windows 11からWindows 10に戻るにはどうすればよいでしょうか?以下を読み続けてください。

Windows 11をWindows 10に戻す効果的な方法

ここでは、Windows 11をWindows 10に戻す2つの効果的なソリューションを提供します。

方法 1. Windows 11の「設定」メニューでWindows 10に戻す

Windows 11をWindows 10にアップグレードしてから10日以内で、Windows 11の「設定」メニューからWindows10に戻ることができます。これは、最も速くて簡単な方法です。以下の手順に従ってください。

手順 1. 「設定」に移動します。

手順 2. 「システム」を選択し、「回復」をクリックします。

回復

手順 3. 「回復」画面で、「回復オプション」下の「復元」をクリックします。

復元

手順 4. 以前のバージョンに戻す理由を選択して、「次へ」をクリックします。

原因

手順 5. 「アップデートをチェックしますか?」と表示されたら、「行わない」をクリックします。

行わない

手順 6. 「知っておくべきこと」とが表示されたら、内容を確認して「次へ」をクリックします。

知っておくべきこと

手順 7. 「ロックアウトされないようにご注意ください」が表示されたら、内容を確認して「次へ」をクリックします。

ロックアウトされないようにご注意ください

手順 8. 「Windows 11をお試しいただきありがとうございます」と表示されたら、「Windows 10に復元する」をクリックします。

windows 10に復元

復元作業が終了し自動で再起動して、Windows 10の起動画面が表示されます。

ヒント:データの損失を防ぐために、AOMEI Backupperを使用してシステムをバックアップすることをお勧めします。

方法 2. AOMEI BackupperでWindows 10に戻す

最初の方法は、Windows 11をインストールしてから10日以内にのみ使用できます。その後、古いシステムファイルは完全に削除され、復元できなくなります。

したがって、Windows 11を数週間使用しているユーザーには、AOMEI Backupper Standardを使用することをお勧めします。これは、Windows 7/8/10/11用の信頼できるサードパーティソフトウェアです。さまざまなユーザーのニーズを満たすために、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップなどのオールインワンバックアップソリューションを提供します。

システムバックアップ:システムファイル、ブートファイル、およびこれらのパーティション上のデータを含むシステムパーティションをバックアップします
ディスクバックアップ:特定のディスク上のシステムパーティション、ブートパーティション、データパーティションを含むすべてのパーティションをバックアップします。
パーティションバックアップ:複数のどのドライブのパーティションもまとめて1つのイメージファイルにバックアップします。

事前にバックアップイメージを作成して、PCがクラッシュしたりファイルが失われたりした場合、このバックアップイメージを使用してシステムとデータを簡単に復元できます。今すぐAOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードしてお試しください!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

パート1:Windows10システムイメージを作成する

手順 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして開きます。「バックアップ」タブで「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

手順 2. 別のタスクから区別できるように「タスク名」を変更することができます。この例では、ドライブCはデフォルトでバックアップ元として選択されます。システムイメージを保存する場所を選択し、「開始」をクリックします。

保存する場所

手順 3. システムバックアップの作成が完了した後、「完了」をクリックしてプログラムを終了します。

完了

注:オペレーティングシステムをWindows 11に更新する前に、すべてのバックアップ手順を実行する必要があります。そうしないと、データの損失やその他の問題に直面します。

パート2:Windows11をWindows10に戻す

手順 1. 左側の「復元」を選択し、「タスクを選択」をクリックします。

タスクを選択

手順 2. Windows 10のシステムイメージを選択して「次へ」をクリックします。

システムイメージ

手順 3. 「このシステムイメージを復元」を選択して「次へ」をクリックします。

このシステムイメージを復元

手順 4. 「操作概要」ページでは、実行される操作をプレビューします。パーティションのサイズを調整したい場合は、下の「パーティションを編集」(AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要がある)をクリックします。またはSSDへ復元する場合、「SSD 4Kアライメント」オプションにチェックを入れます。

操作概要

手順 5. 「開始」をクリックして、プロセスが完了するまで待ちます。それから「完了」をクリックします。

結論

この記事では、Windows11をWindows10に戻す2つの方法を示しました。最初の方法には、10日の非常に厳しい制限時間があります。同時に、予測できないデータ損失が発生した場合は、最初に重要なファイルをバックアップする必要があります。

2番目の方法は、強力なオールインワンバックアップソフトであるため、より推奨されます。また、専門的なバックアップと復元ソフトに加えて、AOMEI Backupperはクローン作成ソフトウェアでもあります。Windows 11のHDDのクローン作成をサポートします。今すぐダウンロードしてお試しください。