By Akira / 最後の更新 2022年05月19日

実例

このディスクにWindowsをインストールできない問題を修正する方法がありますか?

SSDにWindows11をインストールする時、「このディスクにWindowsをインストールすることができません。選択されたディスクには、MBRパーティションテーブルがあります。EFIシステムでは、GPTディスクのみにWindowsをインストールできます」と表示されました。この問題を解決する簡単な方法はありますか?ありがとうございます。

- 実例

このディスクにWindowsをインストールできない

多くのWindowsユーザーは、Windows 10からWindows 11にアップグレードするときに、上記のエラーに遭遇します。実には、Windows 11ではPCをUEFIモードで起動する必要があります。UEFIモードは、GPTパーティションテーブルのみをサポートします。ディスクにMBRパーティションテーブルがある場合、Windows 11をPCにインストールすることはできません。

MBRとGPTは、2つの異なるパーティションスタイルです。MBRとGPTのどちらを使用できるかは、主にBIOS構成によって異なります。古いPCは通常、BIOSレガシー+MBRブートモードを使用しますが、最近のPCはUEFI+GPTブートモードを使用しています。Windows11をインストールしようとしたが、「このディスクにWindowsをインストールすることができません。選択されたディスクには、MBRパーティションテーブルがあります」という問題が発生します。この問題を解決策するには、ディスクをMBRからGPTに変換する必要があります。

MBRからGPTへの変換前にバックアップを作成する方法

MBRをGPTに変換する時、データが失われる可能性があるため、変換する前にディスクをバックアップしてください。

ここでは、最高の無料バックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用してデータとシステムを保護することを強くお勧めします。このソフトウェアには、バックアップ、復元、クローン作成、同期など、複数の機能が組み込まれています。Windows 11/10/8/7などのすべてのWindows OSをサポートします。

この無料ソフトウェアを使用すると、次のことを実行することができます。

システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップをサポートします。新しいディスクからのシステムの起動に失敗した場合、またはMBRからGPTへの変換中にファイルが失われた場合は、これらのバックアップイメージから復元できます。
ディリー、ウィークリー、またはマンスリーモードで自動バックアップをスケジュールすることができます。AOMEI Backupper Professionalにアップグレードすると、イベントトリガーとUSB挿入を設定することができます。
Seagate Personal Cloud、NAS、ローカルディスク、外付けハードドライブ、USB/DVD/CDなどのストレージへのバックアップを作成することができます。これらのストレージからファイルを復元することもできます。たとえば、Synology NASからファイルを復元することができます。

以下は、AOMEI Backupper Standardを介してディスクのバックアップを作成するグラフィカルチュートリアルです。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」タブで、「ディスクバックアップ」を選択して、OSとすべてのデータを含むディスク全体のバックアップを作成します。

ディスクバックアップ

手順 3. 別のバックアップタスクと区別するために、タスク名を変更することができます。「ディスクを追加」をクリックして、ソースディスクを選択します。

ディスクを追加

手順 4. そして、ディスクイメージファイルを保存する場所(バックアップ先のドライブ)を選択します。ここでは、外付けHDDにバックアップすることをお勧めします。これにより、システム障害が発生した場合、PCにWindows 11をインストールできない場合に失われたファイルを回復することができます。

バックアップ場所

※NOTE:「オプション」をクリックすると、現在のバックアップタスクについて、コメントの追加、システムイメージの暗号化/圧縮/分割、電子メールの通知などを設定できます。「スケジュール」をクリックすると、フル/差分/増分バックアップを定期的に自動バックアップすることができます。しかし、これらの多くの機能は有料なので、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。

手順 5. 「開始」をクリックし、プロセスが完了するまで待ちます。

開始

このディスクにWindowsをインストールできない問題を修正

上で述べたように、MBRとGPTは2つの異なるパーティションスタイルです。Windows 11ではコンピューターをUEFIモードで起動する必要があります。つまり、ディスクはGPTパーティションスタイルでのみ使用できます。そのため、「このディスクにWindowsをインストールすることができません」というエラーが発生した場合は、ディスクをMBRからGPTに変換する必要があります。

方法 1. ディスクの管理を使用してMBRからGPTに変換する

Windowsの組み込み管理ツール「ディスクの管理」を使用して、ディスクをMBRからGPTに変換します。ただし、最初にターゲットディスクを削除する必要があり、そのディスク上のすべてのデータが失われることに注意してください。上記の推奨ソフトウェアを使用して、事前に完全バックアップを作成してください。

手順 1. Windowsを起動し、デスクトップの「PC」を右クリックし、「管理」->「ディスクの管理」を選択します。

手順 2. MBRディスク上のすべてのパーティションまたはボリュームを右クリックして「ボリュームの削除」で1つずつ削除します。

ボリュームの削除

手順 3. ディスク全体が未割り当て領域になったら、MBRディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。すべてが完了すると、元のMBRディスクがGPTディスクに変換され、このディスクにWindows 11をインストールできます。

GPTディスクに変換

方法 2. コマンドプロンプトを使用してMBRからGPTに変換する

「ディスクの管理」に加えて、コマンドプロンプトはMBRをGPTに変換するのにも役立ちます。この方法を使用すると、ディスク上のデータとパーティションが失われます。したがって、すべての重要なファイルを別のHDDにバックアップし、事前に起動可能なデバイスを作成する必要があります。

手順 1. PCの電源を切り、WindowsインストールDVDまたはUSBを挿入します。

手順 2. 以前に作成した起動可能なデバイスからPCを起動します。

手順 3. Windowsのインストール画面で、「Shift+F10」を押してコマンドプロンプトを開始します。

手順 4. 次のコマンドを順番に入力し、各コマンドの後にEnterキーを押して、MBRディスクをGPTに変換します。

diskpart

list disk(PCに接続されているすべてのディスクを一覧表示する)

select disk 0(0はMBRディスクの番号、GPTに変換するディスクを選択する)

clean(ターゲットディスクのすべてのパーティションを削除する)

convert gpt

exit

コマンド

上記のコマンドを入力した後、コマンドプロンプトを閉じて、Windows 11のインストールを実行します。

方法 3. サードパーティソフトを使用してMBRからGPTに変換する

より簡単な方法を見つけたい場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalという強力なディスク&パーティション管理ソフトをお勧めします。これを使うと、ディスクのボリュームをすべて削除する必要がなく、つまりデータを失うことなくデータディスクとシステムディスクをMBRとGPTの間で変換できます。

Proのデモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

❤今すぐ購入するならおまけ付きAOMEI PA Pro版だけでなくWindows Server 2022、2019、2016、2012(R2)向けServer版、台数無制限のコンピュータで使用可能なUnlimited版、またクライアントに有償技術サービスを提供するIT専門家や技術者向けTechnician版もあります。必要に応じて最適なバージョンを選択してください。異なるバージョンの比較

手順 1. AOMEI PA Proをインストールし、起動します。そして、変換したいMBRディスクを右クリックして「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

手順 2. ポップアップウィンドウで、「はい」をクリックして続行します。

確認情報

手順 3. 「適用」をクリックして操作を実行します。すると、ディスクはGPTパーティションスタイルに変更されます。

適用

結論

Windows 11をインストールする時、「このディスクにWindowsをインストールすることができません」という問題が発生する場合は、Windowsの組み込みツールまたはAOMEI Partition Assistant Professionalを使用してMBRディスクをGPTディスクに変換する必要があります。その後、Windows 11をPCに安全にインストールできます。

Windowsの組み込みツールを使用してMBRディスクをGPTディスクに変換する場合は、最高の無料バックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardを利用して、データとシステムを保護します。

また、AOMEI Backupperは他の強力な機能もあります。例えば、このソフトのクローン機能を使用して、Windows11をSSDにインストールできます。ぜひダウンロードしてもっと多くの機能を体験しましょう~