By Akira / 最後の更新 2022年04月24日

なぜWindows11にインストールされているプログラムをバックアップする?

windows 11

Windowsを新しくインストールすると、すべてのプログラムとデータが削除され、新しいバージョンのWindowsのみが残ります。以前と同じにするためには、使用するプログラムの再インストールに多くの時間を費やす必要があります。インストールするプログラムが多いほど、時間がかかります。

この状況を回避するには、Windows 11にインストールされているプログラムをバックアップすることをお勧めします。

最善の方法は、インストールされたプログラムが配置されているシステムまたはディスクをバックアップすることです。これには、インストールされているプログラムだけでなく、オペレーティングシステム、ドキュメント、ビデオ、イメージなどすべてのものが含まれます。その後、コンピューターがクラッシュして起動できない場合、すべてを簡単に回復できます。

Windows11でインストールされたプログラムをバックアップする方法

Windows11でインストールされたプログラムを簡単にバックアップするには、組み込みツール「バックアップと復元」とサードパーティツールを使用できます。それらの両方がすべてのシステムパーティションをバックアップすることができます。より高度な機能が必要な場合は、サードパーティツールをお勧めします。

1. バックアップと復元でインストールされたプログラムをバックアップ

バックアップと復元は、Windows 7に含まれている無料のWindowsバックアップユーティリティです。Windows 8/10/11などの新しいバージョンで使用できます。必要に応じて、ファイルのバックアップやシステムのバックアップに使用されます。

さらに、システム修復ディスクを作成することもできます。Windows回復環境でさまざまな回復ツールを使用して、コンピューターの障害を修復またはトラブルシューティングすることができます。

次に、システムの正確なコピーを作成して、インストールされているプログラムをバックアップしましょう。

手順 1. 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「バックアップと復元」をクリックします。

手順 2. 左側のペインで「システムイメージの作成」を選択します。

システムイメージの作成

手順 3. システムイメージを保存する場所を選択し、「次へ」をクリックします。

注:システムを内蔵ディスクまたは外付けHDD、USBドライブ、CD/DVD、ネットワークなどの場所にバックアップできます。外付けHDDを宛先パスとして使用する場合は、最初に接続してください。

保存する場所

手順 4. バックアップ設定を確認し、「バックアップの開始」をクリックします。次に、プロセスが終了するのを待ちます。

バックアップの開始

このように、コンピューターに問題が発生した場合に、バックアップイメージを使用して、以前の状態とOSを簡単に復元できます。

ただし、このWindowsの組み込みツールを使用して、エラーが発生しやすくなります。例えば、「指定されたファイルが見つかりません」、「バックアップ対象のボリュームのシャドウコピーから読み取ろうとしたときに、Windowsのバックアップに失敗しました」、「マウントされたバックアップボリュームにアクセスできません」などのエラーメッセージが表示されます。この場合は、信頼できるサードパーティ製バックアップソフトウェアを使用することをお勧めします。

2. バックアップソフトでインストールされたプログラムをバックアップ

組み込みツールのほかに、信頼できるサードパーティ製バックアップソフトウェアを使用して、PCにインストールされているソフトウェアをバックアップできます。AOMEI Backupper Standardは、それを実現するための優れたオプションです。

システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップを提供し、さまざまな種類のバックアップの作成をサポートします。
バックアップイメージを外付けHDD、USBドライブ、ネットワーク共有など、さまざまな場所に保存できます。
スケジュールされたディリー/ウィークリー/マンスリーバックアップを提供します。
すべてのWindowsPC OS(Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP、32ビットおよび64ビット)と互換性があります。
さらに、コンピューターが起動できない場合に備えて、Windows11の起動可能なUSBまたはCD/DVDを作成することもできます。このメディアを使用すると、いつでもシステムイメージを新しいドライブに復元することができます。

次に、システムバックアップの機能を使用してWindows11にインストールされているソフトウェアのバックアップを作成する方法を学びましょう。ディスク全体をバックアップしたい場合は、ディスクバックアップの機能に切り替えてください。外付けHDDを宛先パスとして使用する場合は、最初にPCに接続してください。

手順 1. 無料のバックアップソフトウェア-AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、コンピューターにインストールします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」タブに移動し、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 3. このプログラムはシステムドライブに関する全てのパーティション(システムで予約済みのパーティションなど)を自動的に選択するので、バックアップ先だけを選択する必要があります。

バックアップ先

手順 4. スケジュールバックアップを作成する必要がある場合、「スケジュール」ボタンをクリックしてバックアップスケジュールを設定できます。後に、「開始」をクリックしてシステムイメージバックアップを始めます。

開始

バックアップの前に、スケジュール、スキーム、およびオプションに関するいくつかの詳細があります:
1. オプションには、バックアップタスクに関するコメント、バックアップファイルの暗号化、分割、圧縮、電子メールまたはSMS通知の有効化、VSSの使用などを行うことができます。しかし、これらの多くの機能は有料なので、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。
2. スケジュールには、デーリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入の5つのモードがあります。最後の二つのモードを利用したい場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。
3. スキーム機能(有料)では、バックアップディスクがいっぱいになるエラーを回避するために、指定したバックアップ数を超えると、古いバックアップイメージが自動的に削除されます。

補足:インストール済みソフトウェアの一覧を書き出す方法

以前に使用したプログラムを明確に知りたい場合は、PCからインストール済みソフトウェアの一覧を書き出して、それらのコピーのリストを保存できます。

1. 管理者としてコマンドを開きます。次に、wmic product get name, versionと入力して、インストールされているすべてのプログラムを表示します。

コマンド

2. wmicと入力して、wmic:root\cliエントリにアクセスします。

3. /output:C:/InstallList.txt product get name, versionコマンドをコピーして貼り付け、インストールされているすべてのプログラムをC:ドライブのInstallListにエクスポートします。

4. C:ドライブに移動し、InstallListという名前のtxtドキュメントがあるかどうかを確認します。

データを失うことなくWindows11を再インストールする方法

現在、Windows11は十分に安定していません。たとえば、コンピューターの動作が遅い場合やハードディスクが損傷している場合は、Windows11を再インストールする必要があります。データを失いたくない場合は、再インストールする前に、Windows11を外付けHDDにバックアップしてください。

Windows11を再インストールするには、インストールディスクが必要です。後に、次の手順に従ってWindows11をクリーンインストールしましょう。

手順 1. AOMEI Backupper Standardによって作成されたシステムイメージと起動可能なメディアを含むディスクを接続します。次に、起動可能なメディアからコンピューターを起動します。

手順 2. AOMEI Backupper Standardのメイン画面が自動的に表示され、「復元」タブで「イメージファイルを選択」をクリックして、システムイメージを見つけます。

イメージファイルを選択

手順 3. 「このシステムイメージを復元」するかまたは「システムイメージからパーティションを復元」するかを選択して「次へ」をクリックします。

システムはデフォルトで元の場所に復元されます。他の場所にシステムを復元したい場合には、「システムを他の場所に復元」にチェックを入れてください。

このシステムイメージを復元

手順 4. オペレーティングシステム(OS)の復元先を指定して「次へ」をクリックします。

復元先

手順 5. 操作概要では、すべての情報を確認し、問題なければ「開始」をクリックしてWindows 11を再インストールします。現在のシステムディスクがSSDの場合は、「SSD 4Kアライメント」にチェックマークを付けて、書き込みと読み取りの速度を上げます。

開始

ヒント:システムイメージがない場合でも、別のWindows11コンピューターでシステムイメージを作成し、システムイメージを現在のコンピューターに復元できます。ドライブの非互換性の問題を解決するには、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードして、「ユニバーサル復元」の機能を利用してください。

結論

Windows11にインストールされているプログラムをバックアップする方法については、組み込みのバックアップと復元またはAOMEI Backupper Standardを使用できます。

他のWindowsバックアップソフトウェアとは異なり、AOMEI Backupper Standardを利用して、インストールされているソフトウェア、オペレーティングシステム、ドキュメント、写真などの他のデータをバックアップすることができます。

さらに、一部のユーザーはWindows 11が正常に実行されない時に再インストールしたいと考えている場合は、上記の解決策を確認してください。