By Akira / 最後の更新 2022年03月30日

実例

Windowsを複数のコンピューターに簡単に展開したいです。Windowsのインストール、ドライブ、およびソフトウェアのインストールを毎回実行する必要がないように、イメージを作成してそれぞれで使用するにはどうすればよいでしょうか?ちなみに、当社はWindows 11を使用しています。良い解決策はありますか?

--ユーザーからの質問

Windows 11を複数のPCに展開する原因

Windows 11を複数のコンピューターに展開する理由はさまざまですが、主な原因は2つあります。

  • ビジネスユーザーの場合:企業は、従業員向けに新しいコンピューターをセットアップするか、Windows 11を一括で更新する必要があります。これにより、会社の技術者の時間と労力を大幅に削減します。

  • 個々のユーザーの場合:家族がそれぞれ1台のコンピューターを持っていて、同じ構成で複数のコンピューターを展開する場合、Windows 11でイメージ展開を使用すると、1つずつ再インストールする手間を大幅に減らすことができます。

では、上記のユーザーが言ったように、Windows 11を複数のコンピューターに展開する必要がある場合、会社はどのようなアプローチを取る必要がありますか?次に、2つの便利な方法を紹介します。

メディア作成ツールを使用してWindows 11を複数のPCに展開する

以下の手順に従って、メディア作成ツールを使用して起動可能なメディアを作成し、そこからWindows 11をクリーンインストールできます。

手順 1. Windows 10メディア作成ツールをダウンロードして開きます。「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択します。ページの指示に従って、残りの手順を完了してください。

他のPC用にインストールメディアを作る

手順 2.  Windows 11インストールファイルを含むディスクをコンピューターに接続した後、SSDをインストールします。

手順 3. 起動順序を変更します。コンピューターを起動し、F2またはF12を押してBIOSに入り、起動可能なディスクを最初のオプションとして選択し、最後に「F10」または「Enter」を押して終了し、インストールディスクから再起動します。

手順 4. 言語やその他の設定を選択した後、「今すぐインストール」をクリックします。

手順 5. プロダクトキーを入力するように求められたら、それを入力します。または、Windowsのインストールが完了した後に、それをスキップしてアクティブ化してください。

手順 6. 「カスタム:Windowsのみをインストールする」を選択します。

カスタム

手順 7. SSDでパーティションを選択してWindowsをインストールし、「次へ」をクリックします。プロセスが終了するまで待ち、必要に応じてプリファレンスを設定します。

ドライブの選択

ヒント:SSDにWindows 11がインストールされていない限り、Windowsをアクティブ化するにはプロダクトキーを購入する必要があります。

サードパーティソフトを使用してWindows11を複数のPCに展開する

ネットワークを介してWindows 11を複数のコンピューターに展開するには、サードパーティのソフトウェア--AOMEI Backupper StandardとAOMEI Image Deployをお勧めします。バックアップソフトウェアでサーバーコンピューターのシステムをバックアップしてから、展開ソフトウェアを使用して複数のコンピューターに復元します。

優れたイメージ展開ツール--AOMEI Image Deployは次の利点があります。

  • 使いやすさ:ウィザードを段階的にガイドします。初心者でも、自分で簡単に理解して操作できます。

  • リアルタイム監視:すべてのクライアントコンピューターのIPアドレスとその回復ステータスをリアルタイムで監視でき、すべてのクライアントコンピューターをリモートで管理できます。

  • 異種ハードウェアのサポート:組み込みの「ユニバーサル復元」の機能により、ユーザーはイメージを複数のコンピューターに簡単に展開し、異種ハードウェアで使用できます。

  • 複数のOSのサポート:Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPおよびWindows Server 2003/2008(R2)/2011/2012(R2)/2016/2019をサポートします。

システムイメージを作成する

ネットワークを介してWindows 11を複数のコンピューターに展開するには、最初に、AOMEI Backupper Standardを使用してシステムイメージを作成する必要があります。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」をクリックして、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 3. 逆三角形をクリックして、バックアップ先の場所としてネットワークドライブを選択します。ポップアウトウィンドウで「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックして、必要な情報を入力する必要があります。

ネットワーク共有またはNASを選択

手順 4. 「スケジュール」>「詳細」>「完全バックアップ」を選択し、「はい」をクリックします。

完全バックアップ

手順 5. 最後に「開始」をクリックします。

開始

Windows 11のシステムイメージを複数のPCに展開する

複数のコンピューターにWindows 11をインストールする前に、いくつかの準備を行う必要があります。

▶サーバーPCとすべてのクライアントPCが同じLANの同じネットワークにあることを確認します。
▶イメージの展開用のターゲットディスクのシリアル番号が同じであることを確認してください。
▶すべてのクライアントPCのネットワークアダプターがPXEブート(ネットワークブートとも呼ばれます)をサポートしていることを確認します。
▶サーバーPCでWindows回復環境が終了していることを確認します。未完成の場合、またはシステムがWindows 7の場合は、Windows AIK/ADKをダウンロードしてください。

すべての準備が完了したら、次の手順に従ってWindows11を複数のコンピューターに展開できます。

手順 1. AOMEI Image Deployをダウンロードし、インストールして開きます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「Create bootable WinPE ISO manually(Support adding Custom drivers)」(起動可能なWinPE ISOを手動で作成します「カスタムドライバーの追加をサポート」)にチェックマークを付け、指示に従ってWinPEを作成し、「next」(次へ)をクリックします。

ノート:ドライブを追加する必要がない場合は、最初のオプションを選択するだけです。ネットワーク経由でイメージを展開するには、LANにDHCPサーバーが存在する必要があります。ない場合は、「Enable DHCP」(DHCPを有効にする)にチェックマークを付けてください。

Winpeの作成

手順 3. ソフトウェアによってPE環境が自動的に作成され、「The service has started, waiting for connect...」(サービスが開始され、接続を待機しています)というメッセージが表示されます。クライアントコンピューターを起動し、BIOSで各クライアントコンピューターの起動順序を変更します。それらがネットワークから起動することを確認してください。

起動順序を変更

手順 4. すべての設定が正しい場合、クライアントはAOMEI Image Deployの回復環境で起動し、各コンピューターの起動画面(プログレスバー)は次のように表示されます。

回復環境で起動

手順 5. 完了すると、クライアントコンピューターにローカルIPアドレス、サーバーとなるパソコンのIPアドレス、及び接続状態が表示されます。

接続状態

手順 6. サーバーコンピューターは、すべてのクライアントコンピューターがIP経由で接続されていることを検出し、「I confirm all the client...」(展開する必要のあるすべてのクライアントコンピューターがオンラインであることを確認します)の前にチェックを入れ、「Next」(次へ)をクリックします。

確認

手順 7. 「Brose」(参照)をクリックして、ネットワークまたはNASからバックアップイメージを選択します。

ここでは、次の設定を行います。
All(すべて):すべてのコンピューターを選択して、Windows10イメージを同時に展開します。クライアントコンピューターが多いほど、展開の速度は遅くなります。または、すべてのクライアントコンピューター(IPアドレスでリストされている)の前にチェックボックスをオンにすることもできます。3〜5台のコンピューターの方が優れています。
Destination disk(ターゲットディスク):宛先ディスク番号(おそらくディスク0)を入力して、Windows10バックアップイメージを展開するディスクを指定します。
Deployed computers(展開されたPC):数を入力して、毎回展開されるコンピューターの数を構成します。
Settings(設定):コンピューター名の設定を有効にすることができます。IPを設定してユニバーサル復元を実行する場合は、AOMEI Image Deploy Technicianにアップグレードしてください。

バックアップイメージの選択

手順 8. 「Start Deploy」(開始}をクリックすると、イメージの展開の進行状況が表示されます。展開が完了するのを待つだけです。

進行状況

まとめ

Windows 11を複数のコンピューターに展開する必要がある場合は、メディア作成ツールとAOMEI ImageDeployの両方が役立ちます。必要に応じてお選びいただけます。

しかし、正直なところ、2番目の方法がより簡単です。AOMEI Backupper Standardを使用してシステムをバックアップしてから、AOMEI Image Deployを使用して複数のコンピューターにインストールすると、時間と労力を節約できます。それについてもっと知りたい場合は、ダウンロードして自分で試してみてください!