By Akira / 最後の更新 2022年03月30日

Windows 11がインストールできない原因

Windows 11をインストールすると、多くのユーザーが「このPCではWindows 11を実行できません」という問題に直面します。この問題が発生した理由は、コンピューターがWindows11をインストールするためのシステム要件を満たしていないためです。

Windows 11のシステム要件は次のとおりです:

プロセッサ:1GHz以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサまたはSystem on a Chip(SoC)
RAM:4GB
ストレージ:64 GB以上の記憶装置
システムファームウェア:UEFI、セキュアブート対応
TPM:トラステッドプラットフォームモジュール(TPM2.0)
グラフィックスカード:DirectX 12以上(WDDM 2.0ドライバー)と互換性のある
ディスプレイ:9インチ以上のHD解像度(720p)
インターネット接続とMicrosoftアカウント:Windows 11 Homeに必要なMicrosoftアカウントとインターネット接続

このPCではWindows 11を実行できません

上記の要件が満たされている場合でも、インストールが失敗した場合、主な理由は、BIOS設定で「TPM2.0」と「セキュアブート」を有効にできなかったことです。以下では、「TPM2.0」と「セキュアブート」を有効にし、またはWindowsのレジストリを変更してWindows 11をインストールする方法を紹介します。

Windows 11がインストールできないに対する解決策

方法 1. TPM2.0を有効にする

TPMはコンピューターのチップで、システムにハードウェアの安全関連機能を提供できます。CPUとBIOS/UEFIファームウェアのサポートが必要です。Windows 11のインストールに使用されるCPUは、Microsoftが提供するIntel CPUおよびAMD CPUのサポート範囲に準拠している必要があります。

まずは、システムにTPMチップが搭載されているかどうか、およびTPMが有効になっているかどうかは、次の方法で確認できます。

ステップ 1. Win+Rを入力し、「tpm.msc」と入力して、「OK」をクリックします。

TPM

ステップ 2. ローカルコンピューターのTPM管理ウィンドウが開きます。状態が「TPMは使用する準備ができています。」の場合は、TPMが有効になっていることを意味します。右下隅にあるTPM製造元情報については、TPMのバージョンを確認できます。

TPMは使用する準備ができています

ステップ 3. TPMの互換性が無効になっている場合は、(コンピューターは「互換性のあるTPMが見つかりません」というプロンプトを表示します)BIOSで開く必要があります。

互換性のあるTPMが見つかりません

では、BIOS設定でTPM2.0を有効にする方法はなんですか?

ステップ 1. 「電源」>「再起動」の順に選択して、PCを再起動します。PCが再起動したら、「オプションの選択」画面で、「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

ステップ 2. 「詳細オプション」を選択します。

https://www.ubackup.com/screenshot/jp/others/windows-installation-has-failed/advanced-options.png

ステップ 3. 「UEFIファームウェア設定」を選択してBIOS設定を実行します。

UEFIファームウェア設定

ステップ 4. コンピューターのマザーボードが異なるため、BIOS設定の名前が異なります。図の手順に従って、TPMをオンにします。

TPM オン

方法 2. ブータブルメディアを作成する

上記の方法のいずれも解決できない、またはコンピューターを復元するための早期復元ポイントとバックアップイメージがない場合は、AOMEI Backupper Professionalがお手伝いします。

Win 10システムを搭載した正常のコンピューターでAOMEI Backupper Professionalを使用してブータブルディスクを作成し、システムイメージを作成し、最後にブータブルディスクを使用してWin PEシステムに入り、Windowsを復元することができます。

ここでは、AOMEI Backupper Professionalの無料体験版をダウンロードしてください。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalを起動して、「ツール」をクリックして、「ブータブルメディアの作成」を選択します。次に、プロンプトに従って、ブータブルUSB/CD/DVDを作成します。

ブータブルメディアの作成

ステップ 2. システムイメージファイルを作成するには、左側の「バックアップ」をクリックし、次に「システムバックアップ」をクリックして、最後に宛先を選択する必要があります。

システムバックアップ

ステップ 3. 作成したブータブルディスクを使用して、Win PEで起動できないコンピューターを起動し、システムイメージを含むデバイスをこのコンピューターに接続します。AOMEI Backupper Professionalを開き、「復元」をクリックして、「イメージファイルを選択」をクリックします。

イメージファイルを選択

ステップ 4. イメージファイルを見つけて、「開く」をクリックします。

イメージファイル

ステップ 5. 「このシステムイメージを復元」を選択して、「別の場所に復元する」にチェックをつけます。「次へ」をクリックします。

このシステムイメージを復元

ステップ 6. 復元先を指定して「次へ」をクリックします。

復元先

ステップ 7. 別のコンピューターで復元する場合は、左下隅にある「ユニバーサル復元」オプションをチェックします。(復元されたハードディスクがSSDの場合は、「SSD 4Kアライメント」をチェックして、読み取り/書き込みの速度と寿命を改善してください。)「開始」をクリックします。

ユニバーサル復元

まとめ

上記は、Windows 11がインストールできない問題の解決策です。この問題は発生する場合は、TPM2.0を有効にしてください。

また、Windows 11のインストールが失敗し、システムが使用できなくなった場合、AOMEI Backupper Professionalを使用してオペレーティングシステムを復元できます。さらに、問題(ハードディスクの損傷など)が発生した後に重要なファイルが失われるのを防ぐために、システムの定期的なバックアップを実行することをお勧めします。AOMEI Backupper Professionalは、Windowsシステムのクローン作成、システムの移行、ハードディスクのコピーなど、その他の問題も解決できます。今すぐダウンロードしてお試しください!