Windows 10/8/7でPCをクラウドにバックアップします

クラウドでバックアップする必要性

HDD故障、ウイルス攻撃、システムクラッシュまたは他の問題でデータが損失することは常に発生するのでPCのバックアップはとても重要です。でも多くのユーザーはバックアップを作成しません。1つの原因はバックアップがディスク容量を占めるし、不便であることです。最近の数年間、沢山の無料クラウドサービスは導入されます。PCを1つのクラウドストレージにバックアップできます。例えば、Google DriveへPCをバックアップすることです。普通それはバックグラウンドで動作します。インターネットに接続するかぎり、どこでもバックアップにアクセスできます。

クラウドにバックアップするためのフリーソフト

無料クラウドサービスはPCのバックアップソリューションを提供しませんが、無料バックアップソフトウェアの助けを借りて簡単にバックアップデータをクラウドドライブに保存できます。Windows 10/8/7に向けてデザインされたAOMEI Backupper Standardはいくつかのクリックで自動/スケジュールバックアップを作成できます。それは増分バックアップと差分バックアップをサポートするので、データを最新に保ちながら変更されたデータだけをバックアップして多くのスペースを節約できます。ご存知のように、Google Drive、OneDrive、DropBoxなどの無料クラウドサービスはデスクトップ同期アプリケーションを提供します。それは自動的にローカルフォルダとオンラインストレージ間でファイルを同期します。このフリーソフトを使用してデータをクラウドストレージの同期フォルダにバックアップできます。そしてバックアップもクラウドに同期されます。任意のデバイスでバックアップファイルにアクセスできます。

クラウドにバックアップする方法

クラウドのローカルフォルダを設定した後、次の手順に従ってバックアップをクラウドフォルダに作成できます。

1. AOMEI Backupperをダウンロードし、コンピューターにそれを実行します。

2. ホームページで「バックアップ」タブの「ファイルバックアップ」をクリックします。クラウドドライブに十分な容量があるなら、「システムバックアップ」、「ディスクバックアップ」または「パーティションバックアップ」を選択することもできます。

3. 次のページで「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックしてバックアップしたいデータを選択します。

ファイルを追加

4. 「2」をクリックしてクラウドドライブのフォルダをターゲット場所として設定します。ここではOneDriveローカルフォルダです。

ステップ2

5. このバックアップを繰り返し実行したいなら、「スケジュール」をクリックし、それを設定できます。イメージ圧縮、暗号化、電子メール通知などのより多いオプションを使用したいなら「オプション」をクリックできます。その後、「開始」をクリックします。

Start Backup

イメージファイルが好きではない場合、ファイル同期の機能を使用してイメージなしでファイルをバックアップすることもできます。AOMEI Backupperを使って毎日、毎週、毎月バックアップ、同期を行えます。ネットワーク場所にバックアップしたい場合、システムシャットダウンまたは起動でバックアップをスケジュールしたい場合、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードできます。