By Akira / 最後の更新 2022年09月26日

OneDriveとは?

OneDriveは、Microsoftが開発・運営するクラウドストレージサービスです。Windows 11には、標準のファイルホスティングおよび同期サービスとして直接統合されています。OneDriveを使用すると、Windows 11のPCで作成・保存されたファイルやフォルダーをクラウドに同期することができます。

ノートパソコン、携帯電話、タブレットなどの他の端末に、同じMicrosoftアカウントでOneDriveにサインインすれば、OneDriveにあるファイルが自動的にそれらの端末に同期され、同期されたファイルはオフラインでも利用可能です。また、OneDrive上の任意のファイルを他の人と共有することができます。非常に便利です。

OneDriveを使用するには、Microsoftアカウントが必要です。Microsoft 365を購入した方は、1TBのOneDriveストレージを楽しめます。高いと思っていて購入したくない方は、5GBの容量を持つ無料のOneDriveアカウントを取得することもできます。

onedrive

ローカルフォルダをOneDriveに同期する理由

一般的に、ローカルフォルダをOneDriveに同期する理由は次のとおりです:

1. Office Onlineへ無料でアクセスできます。

2. どこからでもファイルにアクセスできます。

3. さまざまなデバイスを簡単に切り替えることができます。

4. ファイルとフォルダのバックアップコピーを保管できます。

5. いつでも自由にファイルを共有できます。

OneDriveでファイルとフォルダを同期する方法

Windows 11/10/8.1では、OneDriveは既にインストールされています。Windows 8/7の場合は、OneDriveをダウンロードしてインストールする必要があります。「設定」をクリックすると、すべてのファイルとフォルダを同期するか、選択したフォルダのみを同期するかを選択できます。以下は、Windows 10のOneDriveとローカルフォルダを同期するための詳細な手順です。

ステップ 1. 右下にあるタスクバーのOneDriveアイコンを見つけて右クリックして、「設定」をクリックします。

設定

ステップ 2. Microsoft OneDriveアカウントがログインしたので、「フォルダーの選択」をクリックしてください。

フォルダーを選択

ステップ 3. OneDriveのすべてのファイルとフォルダを同期します。

ローカルフォルダをOneDriveに同期

OneDriveの同期中の問題

ローカルフォルダをOneDriveに追加すると、OneDrive.comまたはPCでファイルにアクセスできます。操作は複雑ではありません。ただし、次の状況では不便な場合があります。

1. OneDriveに同期したいローカルファイル/フォルダが異なるパスにある場合、それらのファイル/フォルダをOneDriveローカルフォルダに移動するには、コピー&ペーストを繰り返しなければなりません。非常に面倒で時間がかかります。

2. 同期保留中などの問題でファイルが同期されないことがあります。

3. 不要なファイルを自動的に同期し続けることがあります。ネットワークとコンピュータの速度を低下させます。

4. 同期されたファイル/フォルダはローカルフォルダでオフライン利用不可であることがあります。

PCフォルダをOneDriveに同期するより簡単な方法

フォルダを別の場所からOneDriveに同期し、元の場所で編集した後、変更をクラウドに同期する簡単な方法はありますか?最高の無料ファイル同期ソフトウェア-AOMEI Backupper Standardをお勧めします。

同期機能を使用すると、PCからUSBドライブ、SDカード、NASデバイス、クラウドドライブなどにファイルを同期できます。
「スケジュール」の機能を使用して自動同期を実行できます。スケジュールモードには、ディリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー(有料)、およびUSB挿入(有料)の5つがあります。
Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPなどのすべてのWindows PCオペレーティングシステムがサポートされています。

以下のAOMEI Backupper Standardを介してローカルフォルダをOneDriveに自動的に同期する方法を見てみましょう。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして開きます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. 「同期」をクリックして、「ベーシック同期」を選択します。

ベーシック同期

AOMEI Backupper Professionalにアップグレードすると、他の3つのより強力な同期モードが利用可能です:
ミラー同期:OneDriveフォルダは常にローカルフォルダと同じファイルを保持します。
リアルタイム同期:ローカルフォルダが変更されると、すぐにOneDriveに同期されます。
双方向同期:一方でファイルを変更すると、もう一方のフォルダで同期を取ります。

ステップ 3. 他のタスクと区別するために、タスク名を変えます。「フォルダを追加」をクリックして、同期したいフォルダを追加します。

すべてのフォルダをOneDriveに同期

ステップ 4. OneDriveを宛先パスとして選択します。

開始

ステップ 5. 下部にある「スケジュール」をクリックして、同期モードを設定します。デイリー、ウイークリー、マイスリー、イベントトリガー、USB挿入の5つのモードがあります。1つを選択し、「はい」をクリックします。(イベントトリガーとUSB挿入を利用したい場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。)

スケジュール

ヒット:「オプション」をクリックすると、固有のコメントを作成して電子メール通知を設定できます。削除操作をソースディレクトリからターゲットディレクトリへ同期するか、同期中にターゲットディレクトリのファイルの整合性を確認するかも選択可能です。

同期オプション

ステップ 6. 上記のすべての手順が完了したら、「開始」をクリックします。

補足:また、AOMEI BackupperはクラウドストレージAOMEI Cloudを提供しています。バックアップをより便利に管理したい方には、「クラウドバックアップ」でローカルフォルダをAOMEI Cloudにバックアップするのをお勧めします。こうすれば、インタネットがあれば、どこでもそれらのバックアップを復元できます。AOMEI Cloud(1TB)は、15日間無料試用可能で、ぜひ使ってみてください。

クラウドバックアップ

まとめ

これで、Windows 11/10/8/7でローカルフォルダをOneDriveに同期する方法がわかりました。AOMEI Backupper Standardを使用すると、タスクを簡単に完了することができます。1つの同期タスクでさまざまなフォルダをOneDriveに同期でき、元の場所でファイルを編集した後、変更をクラウドに同期できます。

さらに、AOMEI Backupper StandardでWindowsシステム、重要なデータ、必要なアプリをバックアップ、復元、クローンすることもできます。データを安全に保つために、システム、ディスク、パーティション、ファイルおよびフォルダのイメージバックアップを作成することをお勧めします。

Windows Serverユーザーの場合は、Server版を利用してください。