By Akira / 最後の更新 2022年03月30日

QNAPのNASとGoogle Driveを同期する利点

QNAP NASは、ネットワーク接続ストレージとして、個人、商用、およびビジネスのさまざまなデータを保存するのに適した場所です。データを保存し、同時にローカルディスクのスペースを節約します。同様に、Googleドライブもクラウドストレージとして、同じ方法でデータを保存します。QNAPのNASとGoogle Driveクラウドを同期すれば、以下のようないくつかの利点が得られます。

保存されたデータに特別な保護を追加します。もちろん、QNAPを外付けHDDにバックアップすることでも同じ目標が達成されます。
両方のスペースを節約できます。QNAPの節約モードを設定して、NASとGoogle Driveのスペースを節約することができます。
HDDの交換またはアカウントの移行のプロセスで、QNAPのNASとGoogle Driveクラウドのバックアップを実行することができます。

Cloud Drive SyncでQNAPのNASとGoogle Driveを同期する

Cloud Drive Syncは、ユーザーがQNAPのNASとGoogle Drive、OneDrive、Dropboxなどのクラウドストレージの間で同期タスクを簡単に作成できる便利なアプリケーションです。Cloud Drive Syncを使用してこれらのストレージ間でファイルを同期する手順は非常に簡単です。

ステップ 1. Cloud Drive Syncをインストールします。このツールをQTS App Centerからダウンロードしてインストールします。「開く」ボタンをクリックして開きます。

Cloud Drive Sync

ステップ 2. クラウドアカウントを作成します。「クラウドアカウント管理」をクリックし、「アカウントの作成」をクリックして新しいアカウントを作成します。これは、「ジョブステータス」でも実行できます。「アカウントの作成」のページで、「クラウドストレージ」オプションでGoogleドライブを選択します。次に、Googleドライブのユーザー名とパスワードを入力します。そして、「OK」をクリックして終了します。

ステップ 3. 同期ジョブを作成します。「同期ジョブ管理」をクリックし、「ジョブの作成」をクリックします。「新しい同期ジョブ」のページで、「ローカル バス」、「接続名」、「リモート バス」を順番に指定します。このステップでは、スケジュール設定を使用できます。次に、確認に進み「完了」をクリックします。

同期ジョブ管理

QNAPとGoogleドライブの同期が機能しない

ほとんどの場合、Cloud Drive Syncはスムーズに実行され、安心してファイル同期タスクを完了することができます。それにもかかわらず、一部のユーザーはこのアプリケーションを利用できず、アプリケーションが動作しません。さらに悪いことに、クラウドドライブへのアクセスが拒否されます。以下は、QTSユーザーによる引用です。

Googleドライブのアカウントを作成して認証しようとすると、「アカウントの認証に失敗しました」というエラーが表示されます。

QNAPのNASとGoogle Driveクラウドの同期タスクを作成できない場合、おそらく使用しているQTSがCloud Drive Syncプログラムをサポートしていない可能性があります。また、アプリケーションの構成が正しくないと、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。

このような状況では、他の同期ツールに助けを求めることはより良い選択です。AOMEI Backupper Standardには、QNAPとGoogleドライブの同期をサポートします。また、Dropbox、OneDrive、Amazon Driveなどのクラウドに対しても同様です。QNAPからQNAPへのバックアップタスクも作成できます。ファイル同期は、ディリー、ウィークリー、またはマンスリーモードで実行できます。Windows 11/10/8/8.1/7/XPおよびVistaがサポートされています。

QNAPのNASとGoogle Driveを同期するソフトウェア

ステップ 1. Windows OSベースのコンピューターでAOMEI Backupper Standardをインストールして起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 2. 「同期」の「ベーシック同期」をクリックします。

ベーシック同期

ステップ 3. 「フォルダーを追加」の「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックします。「共有またはNASデバイスの追加」を選択してから、表示名、Share/NASのパスなどの必要な情報を入力します。

共有またはNASデバイスの追加

Share/NASのパス

ステップ 4. 2番目の列の最後にある逆三角形をクリックし、「クラウドドライブを選択」を選択します。

クラウドドライブを選択

ステップ 5. Google Driveを選択して「OK」をクリックします。リストにGoogle Driveが見つからない場合は、手動でGoogle Driveのデスクトップフォルダーに移動します。「開始」をクリックして同期を実行します。

そのほか:
その後、Google Driveデスクトップフォルダーのローカルファイルをクラウドに同期する必要があります。
「オプション」をクリックして「同期オプション」画面に移動します。現在の同期タスクのために高度な設定をカスタマイズできます。例えば、「設定」タブでコメントを入力したり、メール通知を有効にしたりすることができます。
「スケジュール」をクリックして、ディリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー/USB挿入を設定することができます。(イベントトリガーとUSB挿入を設定したい場合は、AOMEI Backupper Professionalアップグレードしてください。

まとめ

QNAPとGoogleドライブの同期を実行するには、複数の方法があります。実際、AOMEI BackupperはQNAPバックアップソフトウェアでもあり、NASのあらゆる種類のバックアップを提供します。NASからクラウドへのバックアップに加えて、このソフトウェアを使用してファイルをOneDriveデスクトップフォルダーにバックアップすることもできます。