By ゆき / Last Updated September 17, 2019

なぜOneDriveへファイルをバックアップしますか

コンピューターからクラウドストレージにファイルをバックアップするのはデータを保護したり、ローカルストレージを節約したりできる最高の方法の一つです。

MicrosoftのOneDriveはそのユーザーのために、5GB(2016年初頭に15GBから5GBに縮小されます)のクラウドストレージを無料で提供します。「Office 365」の購読者であれば、容量無制限のクラウドストレージを使用できます。また、OneDriveはMacとWindows両方でのデスクトップアプリケーションを開発しました。ファイルを以前よりも簡単にオフライン処理できます。

Windows 7でファイルをOneDriveにバックアップするために、OneDriveウェブサイトからデスクトップアプリをダウンロードする必要があります。Windows 8.1とWindows 10でOneDriveは予めインストールされるので、ダウンロードする必要がありません。

OneDriveデスクトップアプリはOneDriveフォルダを作成します。MicrosoftアカウントでOneDriveデスクトップアプリをログインすると、OneDriveクラウドからローカルOneDriveのフォルダにファイルを同期するかどうかは問われています。インターネットや無線LAN(Wi-Fi)が接続できなくても、コンピューターのファイルをこのフォルダにドラッグ&ドロップするか、またはバックアップすることでPC上のファイルをOneDriveへ同期させることもできます。

単一のファイルなら、それをOneDriveフォルダに直接ドラッグ&ドロップすることができますが、大量のファイルを同期たい場合、専門バックアップツールを使用したほうが便利です。

尚、毎日新しいファイルが作成される場合、スケジュールを設定してそれらをOneDriveクラウドに自動バックアップすることができます。さて、Windows 7/8/8.1/10でファイルをどのようにOneDriveへ自動バックアップしますか?

ログイン

OneDriveにPCファイルをバックアップするツール

OneDriveに大量のファイルまたは大容量のファイルをバックアップするために、信頼性が高くて、強力なバックアップソフトウェアが必要です。このバックアップソフトウェアはファイルをOneDriveに自動バックアップできるはずです。無料ならもっと完璧です。

AOMEI Backupper Standardはそういう専門バックアップツールです。無料ですし、Windows 7、Windows 8とWindows 10のような人気があるWindows OSに対応します。それはデフォルトで増分バックアップを実行して、ストレージスペースを節約します。デイリー、ウイークリー、マンスリーモードのバックアップスケジュールを設定できます。ユーザーフレンドリーなインターフェイスを持って、コンピュータの初心者でも、簡単に使用できます。

AOMEI BackupperでOneDriveにファイルをバックアップする方法

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして、起動します。そして、「バックアップ」→「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

ステップ 2. 「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックして、OneDriveにバックアップしたいファイルを追加します。

ファイルを追加

ステップ 3. OneDriveのフォルダをターゲットパスとして選択します。定期的にファイルをバックアップしたいなら、「スケジュール」をクリックして、自動バックアップを設定します。

ターゲットドライブを選択

ステップ 4. 「開始」をクリックします。

開始

ヒント:「オプション」をクリックして、バックアップイメージを暗号化(Professional版にアップグレードする必要がある)したり、圧縮したりすることができます。

暗号化

ご覧のようにAOMEI Backupper Standardを使用して、OneDriveにファイルをバックアップするのはとても簡単でしょう。実は、このソフトウェアの機能はこれだけではありません。そのほか、ファイルをNAS/共有フォルダ/外付けHDDにバックアップできるし、Windows OSは起動できない場合、ブータブルディスクを作成できるし、クローン/復元なども実行できます。